BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活7年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【スペイン留学中】モチベーションが下がったら?

スペイン留学が飽きたら?日本に帰国したいと思ったら?モチベーションが下がったら?

f:id:kaedetaniyoshi:20200105222200j:plain

【スペイン留学が飽きたら?】
どんどん旅行をして、自分に合う場所を見つければ良いと思う。これには時間とお金をかけるべき。もっと好きになる別の言語、お国柄、風土、街並みに出会うか、もしくは、色々見た末「やっぱりスペイン!」となるはず。留学はゴールではなく、通過点。だから今後、大いに進路変更可能。でも、その前に一度、初心に帰ろう。日本を出る日に思い描いてた「未来」と「今」は何が違うのか、目標は達成出来たか、を振り返ろう。

【辛くて日本に帰りたいと感じたら?】
「そう思うなら帰れば良い。むしろ帰るべきだ。」と思う性格の私が、この相談に対して出来るアドバイスは限られている。言語も習慣も異なる地で、生活・勉強・仕事をして行くのに「苦労」は付き物だと知っているから尚更。…乗り越えるしかない。これから更に辛いこと、逃げたいことは出てくると思う。その免疫をつけるために、未来の自分のために今、立ち向かってみよう。でも結局は、全て捉え方次第。どんな経験も、プラスだと思えばプラスになる。

 

弱音を吐いたり、不満を漏らす人は、国と環境に関係なく、いつも何かに満足出来ていない気がする。だから日本に帰ったら帰ったで「スペインの方が良かった」と言うんじゃないかな、と。私なら前向きに、ひたむきに取り組んでみて、それでもまだ辛いなら潔く帰国する。そして、またスペインが良いと思えた日に戻ってくる。思い切りと行動が大事。様々な境遇や、辛さのレベルがあるのだろうけど、まずは自分を大切に。

【モチベーションが下がったら?】
スペインに渡って来た当初、ちょっとやる気がなくなった時に考えていたことが2つある。

① 自分が選んだ道だということ

② 何かを「ギセイ」にしていること

自分が選んだ道なのだから、責任を持って、あの日の気持ちを貫いて行かないと。誰のせいにすることもなく、前に前に進まないと。未来の自分が「この選択」と「この人生」を誇れるように。

この道を選んだことで、日本にいる家族と過ごす時間が確実に削られている。それをギセイにしてでも、達成したい目標、見つけたい何かががあるわけで。だらだらとやる気も意味のない時間を過ごすのは、本当に勿体無い。お金はどうにでもなるけど、時間は戻ってこないから、無駄がないように。

これらを常に脳裏に置いているからか、最後にモチベーションが落ちた時期がいつなのか思い出せない。

【気分転換をしよう】
オンとオフの切り替え、一人の時間、そして息抜きが必要。バルセロナ (カタルーニャ州) には、気分転換に最適な場所がたくさんある。

f:id:kaedetaniyoshi:20200105223451j:plain

海が好きな人
・バルセロネータ
・シッチェス
・フィゲラス
・カダケス
・カステルデフェルス
・トッサデマル (電車+バス)

 

綺麗なビーチ多め。

f:id:kaedetaniyoshi:20200105224031j:plain

緑が好きな人
オルタ公園
・モンジュイックの丘
グエル公園
・シウダデラ公園
モンセラット
ヌリア渓谷
・国立自然公園

眺めが良い場所が好きな人
ブンケルス展望台
ティビダボ遊園地

スポーツ観戦が好きな人
ATPバルセロナオープン
コパデルレイ
・バルサの試合

芸術鑑賞や博物館が好きな人
美術館や博物館
チョコレート博物館
テアトロ鑑賞
ジャズの生演奏

日帰り小旅行 (近隣: 電車)
ジローナ
タラゴナ
サラゴサ

日帰り国内旅行 (飛行機)
・マドリッド
・バレンシア
ビルバオ

f:id:kaedetaniyoshi:20200106021525j:plain

次の楽しみを目指して。やれるとこまでやってみよう。

海外生活 記事一覧

バルセロナ生活 記事一覧

おすすめ記事: