BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【ネットで見極め】スペインの留学都市を決める時の着眼点

まだ一度も渡西経験がない人は、どの街が自分に合いそうなのか見当がつかないだろう。私も行ったことがない国の語学学校を調べる時、毎度苦労する。ネットで画像を見たとしても、果たして便利なのか、語学学校の数は多いのかなどは分からない。そこで今日は、インターネットで留学都市を決めるにあたって大事な「着眼点」「街の雰囲気を見る方法」について。

f:id:kaedetaniyoshi:20190914224750j:plain

【大事な3項目】
① 最寄り空港
空港から市内までの所要時間と交通手段は必ずチェックしておくべき!大都市なら安心だが、あまり留学生がいないところへ行くとなればバスが1時間に1,2本だったり、日本から最寄り空港までの旅費が高くついてしまったり、飛行機の本数も限られたりする。

② 語学学校の数
語学学校があまりない小さな街を選ぶのも良い。しかし、そうなると値段や授業内容の比較が出来ないというデメリットがある。せっかくの留学なので、1週間あたりの授業時間、クラスの平均人数、ネイティブの先生の数、生徒の国籍割合、午後のアクティビティや小旅行の有無などを数校で比べて選びたいもの。

③ 言語以外に出来ること
多くの人が通う一般的なスペイン語の授業は午前中のみ。午後の時間をどう過ごすかも、留学の充実度を左右するカギとなる。海が好きならビーチがある街へ。バスク語に興味があるならバスク地方。フラメンコも学びたいならアンダルシア地方。建築に興味があるならバルセロナ。というように自分が好きなことを詰め込める土地選びをしよう。好きなサッカーチームのホームや、見たい世界遺産、好きなスペイン料理から選ぶのも良い。

 

【大都市と中都市】
グーグルマップを開いてスペインの地図を出した時、太い字なのは大都市。あまり地図を拡大しなくても出る細い字は中都市。

f:id:kaedetaniyoshi:20190914235825j:plain

【語学学校の数の見方】
またしてもグーグルマップが大活躍。

f:id:kaedetaniyoshi:20190915000216j:plain

【有名な大学から見る】
大学ランキングの上位に入っている大学がある街=学生の数が多い+レベルの高い教育が受けれる街

【街の雰囲気を見る方法】
① インスタグラム
ハッシュタグを上手く利用して、インスタ映えした写真より、旅行者や留学生が撮影している日常的な写真を見よう。アルファベットより日本語でその街の名前を入れた方が良いかも。

f:id:kaedetaniyoshi:20190914231109j:plain

② Youtube
雑誌・写真・ブログを参考に留学都市や旅行先を考えるというのが主流だが、YouTubeもおすすめ。静止画よりも動画の方がリアルな雰囲気を見ることが出来る。街の音や色、人の多さ、現地の人の話し方から空模様まで。

バルセロナ

マドリッド

バレンシア

ビルバオ

セビージャ

マラガ

グラナダ

ムルシア

サンティアゴ・デ・コンポステーラ

ジローナ

サラマンカ

パルマ・デ・マジョルカ

サンセバスティアン

ここに挙げたのはほんの一部。スペインにはまだまだ魅力的な街がある。

 

【おまけ: 中心の探し方】
バルセロナの中心はカタルーニャ広場。ビルバオはモジュア広場で、マドリッドはプエルタデルソル…と言うように街の中心がわかれば、土地勘がなくともそのエリアの物価がある程度想像できるし、語学学校や家を探す上でかなり役立つ。

中心部の特徴は、

① カテドラル (大聖堂) がある
② 有名なブランド店が立ち並ぶ大通りがある
③ その街の代名詞とも言える〇〇広場がある
④ メトロや電車の大きな駅がある
⑤ 空港と市内を繋ぐシャトルバスの終点

おすすめ記事: