BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活7年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【強烈な日差しで火傷】南イタリアの海で学んだ正しい日焼け法

カラブリアの海の太陽を甘く見ていた3年前の夏、私は火傷状態になった。日本やバルセロナとは比べ物にならないほど、日差しが強かった…。

そして、2020年。

ここで過ごす3回目の夏がやってきた。昨日は丸1日ビーチで過ごしたのだが、完璧とも言える対策をしていたから前のようにはならなかった。

f:id:kaedetaniyoshi:20200723010744j:plain

今日のテーマは、カラブリアの海。

・3年前のひどい火傷の話
・正しい日焼け法
・イタリア人は1日何をして過ごすのか

f:id:kaedetaniyoshi:20200722215847j:plain

【3年前のひどい火傷の話】
私は長年、真夏も太陽の下、外でスポーツに打ち込んでいたタイプだったため「日焼け」には慣れているつもりだった。

冬になれば自然と戻る。

日焼け止めを塗ることなく、夏は小麦色の肌を楽しんでいた。(紫外線というワードを意識したことがなく、日焼け止め=焼けないようにする薬だと思っていた。)

2017年までは…。

f:id:kaedetaniyoshi:20200723014941j:plain

「カラブリアのバケーションは、朝から晩まで海で過ごすんだよ!別荘へ行こう!」と言われ、海で長時間を過ごしたことがなかった私は『浜辺で毎日何時間も何を?』と思ったが、郷に入れば郷に従え。ここにはここの夏の楽しみ方があるんだ、と思い、トロペア付近のビーチに連れて行ってもらった。

楽しかった。

海が好きになった。

ハワイやグアムとは違う自然。無人島ゲーム感覚。泳いで、岩の上からダイブして、砂浜で太陽を浴びながら本を読んで、暑くなったらまた水に入って、浅瀬を散歩して、お腹が空いたら食事を楽しむ…を数日繰り返した。

周りを見渡せばみんなかっこよく焼けていた。太陽はこれまでに感じたことがないほどジリジリ熱かったが「あんな感じに焼けるかな〜」と少しウキウキしながら初めて過ごすカラブリアの夏を堪能した。しかし、3日目から太ももに違和感を感じ始めた…。タオルで直射日光が当たらないようにした。その翌日、4日目に日焼け止めと日焼け後のクリームを購入。

f:id:kaedetaniyoshi:20200723022811j:plain

バカンスを終え、イタリアの大学入試を受け、日本へ帰国する日が来た。その辺りから皮がむげ始めた。…が、いつものことだから気にしていなかった。

すると徐々に異変が…。

① いくら水を浴びても何日も熱が取れない。

② 肩、太もも、背中、胸元、お腹、つま先…もう、全身脱皮。

③ 一気にあちこち水ぶくれ…。

最もひどかったのは太ももと肩。下の写真はまだブログに載せられる、脱皮初期のもの。これ以降は…。

f:id:kaedetaniyoshi:20200723022802j:plain

服が着れなくなった。
➡︎ ジーパンもシャツも靴下も痛い

湯船につかれなくなった。
➡︎ 水シャワー生活

しばらくは海から遠のいた。

 

【正しい日焼け法】
なぜイタリア人は、直射日光を何時間も浴び続けているのに火傷状態にならないのか。何が違うのか。3つのポイントを見つけた。

f:id:kaedetaniyoshi:20200723030204j:plain

《① 入念に日焼け止めクリームを塗る》
顔には『50+』のクリームを、体には『30』のクリームをたっぷりと塗り込む。朝から晩までビーチにいる日は、2回ほど塗り直す。特に肩周りと首はしっかりめに。

《② 海の中で冷やしながら焼く》
南イタリアは「泳ぐ」より「焼く」がメインで、水中よりも砂浜に人が多い。じっくり30分太陽を浴びたあとは、海に向かって歩き、頭まで浸かり、またタオルがある場所に戻ってくる。サウナと水風呂を往復しているかのごとく。…あのクールダウンが良いのかな。

《③ うつ伏せと仰向けを繰り返す》
両面、満遍なく綺麗に。スペインのビーチのように「トップレス」を見たことはないが、みんな綺麗に型がついていない状態でこんがり。上を向いて30分、下を向いて30分、また上を向いて…。と、慣れた様子でクルッとひっくり返る。

 

【1日中浜辺で何をする?】
読書をしている人が多い。みんな本が好き。私も昨日は久々にパソコンから離れ、トータル6時間本を読んでいた。

波の音を聞いたり、テストの情報交換をしたり、音楽を聞いたり、ピクニックを楽しんだり、SNSを見たり、バルでシャーベットを食べたり、うとうとしてみたり。

「海に行くこと」は、夏の日常の一部だからカラブリア民は、大勢の友達とビーチに行ってもそれぞれが好きなことをして過ごしている印象。とは言え、度々みんなで笑いながらおしゃべりを楽しむ。お昼は近くのスーパーで買ってきたパンに、生ハムとチーズを挟んでシンプルなサンドを数個作る。お菓子と飲み物を入れても、お値段は2人で13ユーロ (約1500円) ほど。

f:id:kaedetaniyoshi:20200723041201j:plain

日が落ちるまでパラソルの下で過ごしていたのに、それでも焼けるほど強い紫外線。

f:id:kaedetaniyoshi:20200723043154j:plain

食後に気づいたら1時間ほど寝てしまっていて…。その間に太陽が少しずつ動き…。起きた時には、つま先が日向に出ていた…。正確にはその部分が熱くて痛くて目が覚めた。

案の定、今日すごく痛い。

日焼け止めを塗っててこれだから…。

f:id:kaedetaniyoshi:20200723040444j:plain

ちなみに砂浜は、絶対に裸足じゃ歩けないほど超高温。2秒も立っていられない。びっくりする温度。

【ファレルナのビーチ】
車で連れて行ってもらったのは、カタンザーロ県の、Campora San Giovanni (カンポーラ・サン・ジョヴァンニ) のあたりにあるビーチ。トロペアとコゼンツァの間くらいに位置する。カラブリア大学からだと、パオラよりは少し遠い。でも水はより透き通っていて綺麗な穴場。人も少なく、ゆっくりとした時間を過ごせる。

f:id:kaedetaniyoshi:20200723044440j:plain

【北と南の違い】
南イタリア人がいない友達グループ (SENZA IL SUD) で行く海と、南イタリア人がいるグループ (CON IL SUD) で行く海の比較ビデオ ⬇︎ 動画の入りは、行くのに何時間もかかるエリアの人たちの会話 vs 家を出ると目の前に海が広がる南の優越感…(笑) そして、持ち物の量も明らかに違う。南はこの通り、キャンプ並み。

【おまけ】
カラブリアのビーチでビキニ以外を身につけている時のアウェイ感…。日本の温泉に水着で行くくらい。もしくはずっとタオルを体に巻きつけているくらい浮いている。

全員、女性はビキニで、男性は海パン。泳がない (水に入らない) としても『水着』が暗黙のルール。…だけど今回は、海セット一式をバルセロナに置いてきてしまっていた+新しいのを買うまででもなかったから、タンクトップで行ってきた。

f:id:kaedetaniyoshi:20200723053909j:plain

炭酸コーヒー、ブラジレーニャを今更ながら初めて飲んだ。

f:id:kaedetaniyoshi:20200723050003j:plain

くれぐれも南イタリアの紫外線にはお気をつけて。

イタリアの大学生活 記事一覧

つぶやき 記事一覧

イタリア生活 記事一覧

おすすめ記事: