BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【避けたいタブー】日本にあってスペインにはない暗黙のルール

日本とスペインの暗黙のルールの違い、そしてこの国でしない方が良いことについて。

f:id:kaedetaniyoshi:20191024152458j:plain

【スペインの暗黙のルール】 
① レディーファースト
男性は女性にサッと席を譲ったり、ドアを開けてあげたり、椅子を引いてあげたりする。レストランで注文も先に聞いてあげる。

② 困ってる人にはすぐ手を差し伸べる
飛行機や電車で、誰かが上手く荷物を積み込めてなかったら、迷うことなく手を差し伸べる。「助けようか、いやお節介になるかな」なんて考えず、すぐ行動。

③ 会計を頼む時のジェスチャー
ウェイターの人と目を合わせて、空気に文字を書くようなジェスチャーをする。

f:id:kaedetaniyoshi:20191024153552j:plain

④ マニュアル<コミュニケーション
レジをしながら隣の従業員さんと会話を楽しむお店の人。停留所で知り合いに会い、話に花が咲き、なかなか発進しないバスの運転手さん。スペインはお客さんを満足させる「マニュアル」よりも、コミュニケーションを大切にしている。

⑤ 家族優先
学校でも仕事でも、日本よりも「家族優先」が許される国。日曜日とクリスマスは、家族で集まってゆっくり食事を楽しむ習慣がある。

 

【スペインにはない暗黙のルール】 
① 歩く時は右か左側
歩く時、片方による / 一列になるというルールは存在しない。一応、駅のエスカレーターは、どちらかに寄るけれど。

② 青信号を待つ
歩行者にとって信号は実質存在しない。車が来ていなかったら、赤信号でも渡ってOK。私はバルセロナに住み始めて、道路を渡る時、信号より先に左右を見るようになった。

③ 吸殻はゴミ箱へ
吸殻を道路に捨てても悪い目で見られない。ポイ捨てをする人は「ゴミ箱に入れちゃったら掃除の人の仕事が無くなっちゃうじゃん」くらいの考え。

④ 面接マナー
スーツの色、待機時間の過ごし方、ドアのノックの仕方、カバンを置く位置、座り方などに指定やルールはない。そのままの自分をアピールする。(*フォーマルな言葉遣いはする。)

⑤ 学校や仕事での規則
髪の毛を染めても良い、ピアスやアクセサリーをつけても良い、靴の色は何色でも良い、頭髪の長さは自由など、スペインの学校には基本的に校則がない。授業中、教室を出て電話をしても、トイレに行っても良い。飲み物は、飲みたい時に。仕事場では、日本のような名刺交換のルール、お辞儀、社交辞令はない。

⑥ 公共の場では静かに
日本には『公共の場=みんなが過ごしやすい場にしよう』という暗黙のルールがある。だから出来るだけ静寂を保つ。それが周りの人に対する尊重。しかし、スペインは『公共の場=みんなが好きに過ごして良い』。大きな声で電話をしても、大音量で動画を見ても、読書をしても良い。

⑦ 商品が落ちてても拾わない
スペインのアパレルショップやデパートで、落ちている服を見て驚いたことがあるだろう。あれは「なんで?」でしかない。なぜ、誰も拾わないのだろう。お店の人はもちろん、お客さんも。落ちている服の数は1着や2着ではない。

 

【スペインのタブー】
比較的、タブーが少ない国ではある。 

① 食後すぐに席を離れる
食後はゆっくりおしゃべりを楽しむ。食べ終わってすぐ「じゃあ帰るわ」は感じが悪い。

② 良いレストランでチップを置かない
会計が20ユーロ以下のレストランではチップを置かなくても良いが、50ユーロ前後のところは必ず置く。もし置かなかったらお店側は、何かサービスに不満があったのか、料理が気に入ってもらえなかったのかと思う。満足した時は「気持ち」として50セント〜2ユーロ残す。飲食した机上でお会計の時、たまに、チップと思われておつりが返ってこないこともある。先週、2人でレストランへ行き、会計が28.20ユーロで、30ユーロを出したら、1.80ユーロが返ってこなかった。(もし、返って来たとしてもサービスと料理に満足していれば、そのまま残して帰る。) レストランに限らず、カフェテリアでもあり得る。朝ごはんを食べた時、スペイン人の友人は、5.20ユーロに対して6ユーロ払った。0.80ユーロを待っていたが、おつりを持ってくる気配はゼロで。その子は「来ないね、まあいいや、行こう」と席を立った。

③ お金・政治系の話
これは日本と似ている。親しい間柄ではない相手に給料や政治の支持する政党の話をしないこと。

④ ピンチョスを串で取る
ピンチョスのレストランで、ついつい串を持ちたくなるが、スペインではパンの部分を直接触って自分のお皿に置くのが暗黙のルール。

f:id:kaedetaniyoshi:20191024164910j:plain

⑤ 待ち合わせ時間より早く行く
公園やカフェテリアで待ち合わせなら、何分早く到着しようが構わない。しかし、相手の家でパーティーがある時には10分でも早く行くと失礼。22時集合なら、22時15分に行くくらいがスペインでは良いとされる。

⑥「おごり」を拒否する
「おごるよ!」と言われたら一度は拒否しても良い。それでも「おごる!」と相手が言う場合は『ありがとう!じゃあ次は、私が (僕が) 出すからね!』と言おう。

おすすめ記事: