BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペイン大学共通入試・スペインとイタリアの大学生活・EU旅行・文化の違い・言語学・哲学・5ヶ国語・バルセロナの歴史・おすすめレストラン・穴場など日々幅広いジャンルの記事を執筆中。

【ヨーロッパ・国際便】他人の航空券は代理予約可能?問題点は?

今日のテーマは意外と気になる「自分以外の人の航空券 (国際便) を購入するのは可能か」。

f:id:kaedetaniyoshi:20190315172840j:plain

【他人の航空券は代理予約出来る?】
結論から言うと、全く問題なく出来る。旅行会社を通すより、自分で航空会社のHPから予約する方がすんなりと行くのでおすすめ。ステップとしては、

・往復の日時・便を選択する
・予約前の必要事項を入れる
・支払い

予約と支払いの際に求められる個人情報 (必要事項) は、

性別、名前、生年月日のみ

あれ?パスポートの番号とは有効期限は?と思う方も多いだろうが、パスポート系の情報を求められるのはオンラインチェックインの日。

カードで支払いをするページで『この旅行者とカードの名義は同一人物ですか?』という質問をされる。

ここで正直に「いいえ」と答えると、エラーになるのかな…と思いきや…普通に買える。

私は2年前に自分のクレジットを作るまでいつも祖父のカードから支払いさせてもらっていたが、2014年から今までに問題があったことはない。

【問題点は?】
旅行会社によっては、チェックインカウンターで荷物を預ける際にチケットを購入したカードの提示を求められるらしい。かれこれ10回以上「ヨーロッパ⇄大阪」便を利用してるが一度もカウンターでカードのことを言われたことがない。周りでそんなことを聞いたこともない。ちなみに私がいつも使う航空会社はエールフランスKLM

f:id:kaedetaniyoshi:20190315181943j:plain

【航空券を贈ることは出来る?】
「友人・彼氏彼女・家族の誕生日が近いから内緒で航空券をプレゼントしたい!」と思ったら…

 

旅行会社で他人のチケットを買うと、予約→発券の段階で「パスポート情報」を絶対に聞かれる。家族のパスポートなら家のどこかにあるから探して写メって持っていけば、手続きが全て進められるものの、友人や彼氏彼女となると少し難しい。『パスポート番号と有効期限教えて』と言うと一発で気づかれてしまうから完全にサプライズで「はい!」って渡すのは無理。

でも、

航空会社から直接買えばそんなサプライズも大いに可能。大手の会社なら日本語のページがあるから、簡単に誰でも買える。コンサートや映画のチケットを予約するのと何ら変わりない。

① 相手の確実な休みを調べる
② 飛行機の日付と便を選択する
③ 搭乗者データには相手の名前と性別と生年月日を間違えないように気をつけて打ち込む (⚠️ 予約完了後に変更できない)
④ 支払いを済ませる

すると…

予約が完了した画面には…

相手の名前が載った控えのEチケットが!

…これをプレゼントすれば完璧。

あとは出発の48時間前くらいから出来るオンラインチェックインをする時に相手のパスポート情報を聞けばいいだけ。

【注意点は?】
・チケットが日付変更が可能なものか見ておくといい。
・相手がパスポートを持っているのか確認すべき!もし持ってないなら、旅行予定日から逆算して、いつこれを渡して、パスポート申請に行ってもらうか考えておく。パスポートの受け取りが間に合わなかったら困るから。
・メアドは全て自分のを入れること!じゃないと、相手のアドレスに予約完了後すぐメールとEチケットが届いてしまう!

【実際に出来たことある?】
アリタリアフィンエアースイスエアーKLMエールフランスで他人の航空券の予約・代理支払い (旅行者と異なる名義での支払い)、そしてオンラインチェックインをしたことがある。日本人の家族や友達以外にも、イタリア人のチケットを予約・本人と異なる名義で支払いしたことも何度かあるが、いずれも問題なく出来た。昨日もした。そもそも問題があるはずがない。(クレジットの名義系を除いて)

「代理」と、自分で思ってるだけで、航空会社は本人が予約しているのか誰がしてるのか分からない状態だから。。。そこは心配しなくて大丈夫。なんなら旅行会社がいつもしてるのは「代理予約」だし。

おすすめの二社の公式HPはコチラ;

エールフランス航空 - 航空券予約・空席照会・運賃案内

KLMオランダ航空 - お得な航空券をオンラインで!

この二社が良い理由;
・安い
・飛行機の座席が広い
・機内食が美味しい
・サービスの質が高い
・乗り換え時間が2時間以下
= 無駄な待ち時間がない!
・日本に朝8時前後に到着する便がある

おすすめ記事: