BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【もう見学は不要】新しいピソの探し方 (SPOTAHOME)

バルセロナ・マドリッド・バレンシア・ベルリン・ブリュッセル・ダブリン・リスボン・ミラン・ローマでアパート探しをする際に、おすすめなページは SPOTAHOME (スポットアホーム)!このサイトは今までになかったある新しいシステムを採用しているため、とても簡単に物件を 探す→決定 することができる!実際に今日、利用してみてすごく使いやすかった。もう従来の「物件探し → 見学予約 → 見学 → 契約」というプロセスは変わろうとしているのかもしれない…。今日は SPOTAHOME の使い方を説明をしながら、他のサイトには無い「新しい契約の仕方」について書いていく。

f:id:kaedetaniyoshi:20181112024800j:plain

SPOTAHOME とは2014年にマドリッドで誕生した新しい物件探しの企業で、このサイトに記載されてあるアパートメントは全部スタッフが実際に訪問してくれている。そしてたくさんの写真、家中の動画を撮影して、動画内で説明してくれているし、家のルール、契約関係の情報も事細かく各ページに記載してある。だから安心。現地の言語に自身がない人は英語でやりとりが出来るという点も魅力的。

このサイトのいいところは、
① 実際にスタッフが全物件に行っている
② どの物件も写真がたくさん載っている
③ ビデオがあるから見学に行かなくてもいい
→ 入り口、シャワー、トイレ、ドア、部屋と部屋の間隔、バルコニーの様子など家全体がよく見れる
④ 契約までの時間が短い (急いで引っ越し先を探してる人にとっては相当ありがたい)
→ スペイン人と個人的にやりとりすると、なかなか返事がこない。不動産会社であっても2,3日かかることも。その点、このサイトは予約すると24時間以内に必ずオーナーからの承諾か否か連絡が入るようになっている。
⑤ ホテルの予約みたいに「いつからいつまで住める家」とサーチをかけれる
⑥ 間取り図が載っている
→ これ、何気に助かる
⑦ 書かれてある料金に何が含まれているか明記されている (例: この月€500にはガス、水道、Wi-Fiは込み、電気代は含まれていない。)

 

ココをクリックすると下のページ (SPOTAHOMEのメインページ) に飛ぶ。言語はスペイン語・ドイツ語・英語・フランス語・イタリア語・ポーランド語・中国語・トルコ語から選ぶ。それから都市名と入居・退居希望日を入力して緑のボタンを押す。

f:id:kaedetaniyoshi:20181112004048j:plain
ページが切り替わったら、マルを移動させて理想の家賃を設定しよう。€0〜€600にすると、€600以下の物件がたくさんヒットする。右の地図上にある緑のマークは全部ピソ。このサイトでは1人暮らしはなくて、どれもシェア物件。地図から選んでもいいし、左に写真がたくさん出るから気になる写真をクリックしてもok。地図上のマークをクリックすると自動的に左にその家の写真が出るようになってて見やすい。

f:id:kaedetaniyoshi:20181112025015j:plain

気になる物件があればクリックするし、家の間取り図、何枚もの写真、ビデオを見てみよう。そこには、この家を訪れてくれたスタッフの顔写真と名前も載ってる。

f:id:kaedetaniyoshi:20181112005406j:plain

トータル何人とシェアするのかチャット聞いてみたらすぐ返事がもらえた!日曜日の夕方5時半に質問したのに1分も経たない間にスタッフと連絡がとれてびっくり。質問がある人はこのサポートページから!

f:id:kaedetaniyoshi:20181112025034j:plain

予約と支払いのシステムを下の物件を例に説明すると…

① が1ヶ月あたりの家賃
② が予約手数料 (サイトに払う手数料も込み)
③ 予約時に払うトータルのお金
(最初に払うお金は1ヶ月目の家賃と手数料) 

f:id:kaedetaniyoshi:20181112025148j:plain

24時間以内にピソのオーナーから予約承諾の連絡がSPOTAHOMEにあり次第、口座情報の入力してくださいと連絡がきて、手数料€121が引き落とされる。予約した時点でその物件はブロックされ、キープ状態になる。(他の人が予約できないように。) ①のお金は入居してから48時間以内にオーナーに支払われる。なぜこのサイトに手数料を払うかと言うと、実際に訪問してビデオ・写真を撮ってページを作ってくれたお礼+お客様サポートがしっかりついてるかららしい。idealista のシェア物件は、個人のやりとりだから手数料が発生するケースは少ない。でも、賃貸物件を探すと不動産屋とのやりとりになって、ほとんど全部、紹介手数料 (基本的に1ヶ月分の家賃分) を払わないといけなくなる。これを踏まえると、今回 SPOTAHOMEに払う金額は妥当 (決して高いわけではない)。 

 

このように、SPOTAHOMEでは見学・オーナーに質問する手間が省け、スムーズにピソを決定できる。だから毎日どんどん登録物件数、利用者数が増えている。バルセロナで賃貸物件を探す時には、これまでに紹介したことがあるサイト3つを併用しよう!SPOTAHOMEは、オンラインサービスを売りにしてるから直接訪問することは出来ない。その点では時間はかかれど idealista が良かったりもする...

① idealista (イデアリスタ)
→ 見学可能、シェアの物件の9.5割が手数料なし。
② uniplaces (ユニプレイセズ)
→ 見学不可、全物件サイトの仲介手数料がいる。
③ SPOTAHOME (スポットアホーム) 
→ 見学不可、全物件サイトの仲介手数料がいる。