BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活11年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。

【鍵屋さん】バルセロナで合鍵を作るのにかかる費用と時間は?

家のスペアキーを作りに、カタルーニャ広場横のデパート (El Corte Inglés) の地下にある鍵屋さん (MISTER MINIT) へ行った。スペイン語で「合鍵」は、"Copia de llaves" あるいは、"Duplicado de llaves" と言う。

コルテイングレス (デパート) 地下1階、スーパーの入口の左側にある。すぐ近くにはお花屋さん、時計屋さん、クリーニング屋さん。

【住所】
El Corte Inglés (Plaza de Catalunya 14, 08002)

【かかる費用と時間】
事前予約や電話はなしで、いきなり行ってOK。「この鍵のコピーが作りたいです」と言いながら鍵を渡すと、すぐ作業に取り掛かってくれる。

待つことわずか5分。

2本の合鍵を作ってもらった。

支払った料金は、17.25ユーロ (約2700円)。

より防犯性の高い、ディンプルキーであればもう少し時間もお金もかかる。私は今回、(下の写真) 右側のタイプの鍵だった。

【合鍵を作製に許可はいる?】
合鍵を作る際、ピソのオーナーの許可を得なければならないのか?無許可で作った場合は罰せられてしまうのか?

実はスペインの法律は「合鍵」について特に何も定めていない。現時点では許可も禁止もしていない、いわばグレーゾーン。一般的に、ピソの賃貸契約書にも鍵の複製について書かれていることはない、と言われている。それゆえ、たまに合鍵をめぐるトラブルが発生することもあるのだが…。

「わざわざ言わなくても良い」かもしれないが、オーナーと良い関係性を築けている場合は、事前に一言伝えておく方が良いだろう。

バルセロナ生活 記事一覧

効率よく学ぶスペイン語 記事一覧

バルセロナでピソ探し 記事一覧

おすすめ記事: