BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【いくつわかる?若者言葉と口語表現】スペインのスペイン語

 

どの言語にも若者言葉・スラングは存在する。その中には使わない方がいい、下品な表現や注意が必要な単語もたくさんある。でも今回はそうじゃなくてスペイン独特な単語や若者がよく使うスペイン語の表現をいくつか紹介!

f:id:kaedetaniyoshi:20180809193850j:plain

GUAY! (グアイ): ¡Qué guay!
=「最高!」「すご!」「かっけー」

GENIAL! (ヘニアル): ¡Es genial!
=「いいじゃん!」「ナイス!」

MOLA (モラ): ¡(Me) mola!
=「好き!」
→ これは me gusta と同等の表現。人に対しても物に対しても使える。

CHUL@ (チュロ / チュラ): ¡Qué chulo este bolso!
=「可愛い!」
→ 写真や服や車、物が可愛いとき。

VALE (バレ): Vale!
=「おっけー!」「わかった!」
→ これはめちゃくちゃ聞く単語。注意は1回だけ言うこと!2回、Vale vale. って言ったらネガティブな意味になる。「はいはい、わかったわかった」みたいな。

COTILLA (コティージャ): Ser un cotilla.
= 誰かについての噂が大好きな、おしゃべりな人、口が軽い人。
cotillear っていう動詞から派生してる形容詞。

ES COÑA  (エス コーニャ): ¿Estás de coña?
= 冗談をいう。ウソを言う。es broma と同じ意味。
→ これは知り合いや友達、家族の間では使っていいけど場合によっては品がないと思われる口語表現で少し注意。hacer la coña は bromear ってこと。ni de coña! はバカげてる、ありえない、バカみたいというニュアンス。

MON@ (モノ / モナ): ¡Qué mono!
=「可愛い」「愛おしい」
→ 赤ちゃんや小さい子を見た時に使ったり、動物を見て「かわいい〜〜」って言う時。物に対しても使える。友達に eres muy mona! って言うのもアリ!

CURRAR (クラール): Voy al curro.
= 仕事をする。
→ trabajar の意味。

QUÉ FUERTE! (ケ フエルテ)
=「ありえない!」「うそ!」「まぢ?」
→ びっくりした時。

QUÉ PASADA! (ケ パサーダ)
=「すげー」「うわ、すごっ」
→ qué maravilla! みたいな感じで、すごい画期的な新商品を見た時や、すごくいい話を聞いた時に言う。

ES LA OSTIA (エス ラ オスティア)
=「最高じゃん」
→ Es marrabilloso o estupendo と似た表現。これも知り合いや親しい間柄でのみ使うべき表現。

BIRRA (ビーラ): Una birra por favor.
= ビール = Cerveza = Caña

FLIPAR (フリパール): Me flipo un montón!
=「テンションあがる」「好きになる」「嬉しすぎる」「びっくりする」
→ 新しい場所に行ってそこがすごい気に入った時や、ゲームが思いの外楽しくてテンション上がってるとか、何か素敵な物に巡り合った時などに使う表現。Estoy flipando en este nuevo bar! とか。

MONTÓN (モントン) / MOGOLLÓN (モゴジョン)
=「いっぱい」「めっちゃ」「とても」
→ Me gusta un montón! や Tengo que hacer un montón de cosas. すごい好き!とか、しないとしけないことがめっちゃある!という時に。

CHORRADA (チョラーダ): Este problema es una chorrada.
=「ばかげてる」「あほらしい」
→ tontería と同じ意味。物や出来事に対して使う分には問題ないけど、人に対して使うと、品がないように聞こえたり、相手に失礼になる場合があるから注意。友達の間でジョークっぽく使うことはある。例えば No haces más que decir chorradas! のように。これを口癖のように使う哲学の教授いた (笑)

⑰ PIJA (ピハ): Ser pija.
=いいかっこしいの人。お金持ちぶる人。

ROLLO (ロージョ): ¡Qué rollo!
=「面倒くさい」「だるい」「つまらない」
Ser un rollo ser un coñazo と同じで、つまらないという意味になる。例えば「昨日の数学のクラスつまらなかった」っていうのは "La clase de matemáticas que tuve ayer fue un rollo."。でも Tener buen / mal rollo というと「いい感じ (嫌な感じ) の雰囲気」ってことになる。人に対して使うことが多いかな。誰かとの関係がいい感じ〜とかあの先生なんか嫌な印象だな〜とか。"Tengo un buen rollo con mi profe de filosofía!" (哲学の先生ってなんかいい感じ!) とか "Ayer tuve mal rollo con Pefro por culpa de un malentendido..." (昨日勘違いからペドロとちょっと気まずくなっちゃったんだよね…) みたいに使う。

思いつくだけ書いてたら18にもなって全然ピックアップ感ない (笑) ここに書いてある表現がサラっと使えるようになったり、友達が会話で使ってくれたら現地に馴染んでる証拠物かも!スペインのスペイン語とは言え、やっぱり地域によって様々。私が上に書いた18の表現はバルセロナに住んでてめちゃくちゃよく聞く / 使うものたち。

 

関連記事: