BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・EU旅行・文化の違い・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報&穴場・歴史など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 インスタもラインもIDは kaeminkk です!

【実際のところカタルーニャ語は必須?】バルセロナ生活

「なんでそんなにスペイン語話せるの?」と聞かれたら決まって『日本の高校卒業してすぐバルセロナで勉強を始めたからね』と答える。

f:id:kaedetaniyoshi:20180809225809j:plain

バルセロナ以外の場所で、そう返すと色んな国の人からこう言われる。

「カタルーニャって独立心すごいよね」
「カタルーニャ語って実際話されてるの?」
「バルセロナはカタルーニャ問題大変だよね」

バルセロナで暮らす中でカタルーニャ語は必須なのか、どんな場面で使われているのか、今回はそんな現状について綴ってみる。

f:id:kaedetaniyoshi:20180809225838j:plain

初めて私がカタルーニャ語に触れたのは2012年、高校2年の夏休みに短期語学留学へ行った時。ホームステイ先は1人暮らしのカタルーニャ人のおばあちゃん。もちろん英語は全く話せず、スペイン語はあまり話さない人。最初はスペイン語とカタルーニャ語の音がはっきりと区別できずに、おばあちゃんがカタルーニャ語を話していると思ってなかった。というかスーパーに行けばレジのところに caixa (カイシャ) と書いてあるから「スペイン語でレジはカイシャか」と理解してた。スーパーはスペイン語で supermercado (スーペルメルカード)、でもバルセロナでは supermercat (スーペルメルカット) と表記されているのを目にする方が多い。

f:id:kaedetaniyoshi:20180809225926j:plain

昼食と夕食で帰宅すればラジオかテレビがいつもかかってた、どちらからもカタルーニャ語が聞こえる。メトロに乗れば、カタルーニャ語で放送が聞こえる。それくらいバルセロナでの生活の中にカタルーニャ語は公用語として染み込んでる。

バルセロナの空港のインフォメーションボードも1番上はカタルーニャ語、次に英語、最後にスペイン語となってる。空港から市内間を走るバスも、メトロも市バスもまずはカタルーニャ語の放送から始まる。

f:id:kaedetaniyoshi:20180809225932j:plain

高校卒業して2014年の3月にバルセロナに移住。語学学校→アカデミア→大学というように徐々に現地の友達が増えるように。大学に入るともう現地の子しかいない環境だった。バルセロナ大学がここまでカタルーニャ色が濃いとは思ってなかった。アウトマトリクラ (授業登録) は下の写真のようなページで、1つの教科に対して教授は4名。ほとんどの科目は先生が使う idioma (言語) が スペイン語じゃなくてカタルーニャ語。あえて言語を表記してるところに最初は驚いた。この教科はカタルーニャ語しか選択肢がないけど、実際スペイン語も話すだろな、と思ってた。現実は、教室に入って来た教授の『おはようございます』の一言目からカタルーニャ語。周りの友達は誰もスペイン語を話してなかった。

f:id:kaedetaniyoshi:20180809230023j:plain

最初の1年はカタルーニャ語がめちゃくちゃ嫌いで毛嫌いしてた。でも自然と愛着がわいてだんだん好きになった。そんな今、バルセロナで生活、勉強する上でカタルーニャ語が必須か?と聞かれると『理解できることは大事、でも話す言語は自由』と答える。バルセロナに限らず海外に住んでる理由は人それぞれで、語学留学・交換留学・スポーツ留学・国際結婚・両親のどちらかが外国籍・仕事・夫の仕事で家族移住など。それぞれに必要な言語がある。

現地の高校や大学に直接入学するなら、語学・交換留学と比べてカタルーニャ語必要になってくる場面がきっとある。「理解」と「話す」は全く別物で、理解さえできたら大丈夫。返事はスペイン語でしても許される。大学に入りたての時、教授がカタルーニャ語で質問をしてきて、私は理解できたけどまだ上手に話せなかったからスペイン語で返した。すると、その私の返事に対して教授はまたカタルーニャ語で言ってきた。その繰り返しなんてことも多々あった。スペイン語で返すと、スペイン語に切り替えて話してくれる教授ももちろんいるが。大事なのは、この街に2言語が共存しているというか溶け込んでるのと同じように自分も現地に馴染むこと。

 

【カタルーニャ語が出来た方がいい】
・バルセロナ大学に正規入学する人
・子供が現地の学校に通う人
(子供の宿題はカタルーニャ語なことが多い)
・交際または結婚相手がカタルーニャ出身な人
・バルセロナで何かを深く学びたい人
(建築全般・カタルーニャ料理・サッカーなど)

【カタルーニャ語が出来なくて問題なし】
・日本の大学から交換留学でくる人
・マスターに通う人
・旅行でくる人
・短期サッカー留学
・BCNに海外赴任で来ている人
・駐在員の奥さん
・スペイン語UPのための語学留学
・どうにもこうにもカタルーニャ語の響きを好きになれない人

f:id:kaedetaniyoshi:20180809230042j:plain

バルセロナには政府が提供してる無料のカタルーニャ語コースがある。オンラインのコースもある。1番有名なサイトは Parla.cat で、多くの人が利用してる。もちろん無料。私はmeetupとかintercambioで言語を学ぶのがいいと思わないタイプで、その方法で言語を習得するのはおすすめしない。同じ無料なら、語学学校に通う方がいい!って人は、barcelona cursos de catalán gratis って検索してみたり Generalitat de Catalunya (カタルーニャ自治政府) が提供してるコースを受講してみるのもいいかも。

Cursos de catalán. Generalitat de Cataluña

バルセロナ関連記事: