BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【N26の口座開設】ビデオチャットをスペイン語で乗り越えたい人へ

今、大注目の N26 というベルリン発のオンラインバンク (モバイルバンキング) 口座を開設してみた。

・10分で開設可能=とても手軽
・口座開設費も維持費も完全無料
・無料でデビットカード (MasterCard) が届く
・収入がない学生でもクレジットが持てる
・Apple Pay対応
・IBANコード取得可能
・ヨーロッパ内の振込は無料
・現金の引き出しが可能 (通貨がユーロの国では不自由しない) 

ちょっと変わっているのは、ビデオチャットによる本人認証。今日は、英語ではなくスペイン語で挑んだ場合に聞かれる質問や注意事項をシェアする。

f:id:kaedetaniyoshi:20191116024608j:plain

【サイトはこちら】
携帯から下のリンクをクリックし、

N26 El Banco Móvil — N26 España

「Abrir mi cuenta (口座を開設する)」➡︎「居住地 (後日カードが届く)」を選択する。

f:id:kaedetaniyoshi:20191116003108j:plain

【口座開設の条件】
・18歳以上
・パスポート保持者
・スマホユーザー
・N26のアプリに対応している機種
・EU在住 (ビザは必須でない)

* パスポートのみで開設可能だから「3ヶ月だけ旅行でスペインに来ている!」という人でも、NIEの番号 (スペイン) や GNIB CARD (アイルランド) をまだ申請出来てない人でも、ビザのチェックなしで作れて安心!オンラインバンクではなく、街の銀行のオフィスで口座を作ろうとすると、必ずビザの提示 (もしくは、居住を証明する外国人番号) を求められる。

【利用できる国】
以下の国に、郵便を受け取れる住所を持っている必要がある。日本の住所はダメ。

ドイツ、オーストリア、アイルランド、フランス、スペイン、イタリア、オランダ、ベルギー、ポルトガル、フィンランド、ルクセンブルグ、スロベニア、エストニア、ギリシア、スロバキア、イギリス、ポーランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、アイスランド、スイス、リヒテンシュタイン

【言語】
言語設定は次の5ヶ国語 (ドイツ語、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語) から選ぶ形になる。その言語でビデオチャットをしなければならない。 

 

【スペイン語で挑む人へ】
この銀行を開設したことのある日本人の多くは、英語を選択しているようで、スペイン語のビデオチャットに関する情報は全くヒットしなかった。

やはり内容が『銀行』『契約』『お金』なので、…審査が厳しい。「スペイン語のレベルはそんなに高くないけど…でも英語よりは話せる…。」という人は、めげずに数度トライするくらいの心持ちでいけば大丈夫。

ビデオチャットの注意点
① 1人で電話をかけること
➡︎ 部屋に第三者 (通訳を含む) がいる状況だと「電話は続けられません」と、拒否されてしまう。本当に英語もスペイン語も出来ない人にとってはかなり厳しい。(どうにもこうにも言語がダメなら、最悪、パソコンと携帯を2台上手く使うしかない。携帯でN26の会社の人とビデオチャットを、PCでFacebookを開いて通訳してもらえる友達なり家族なりと電話を繋いで、会話を聞いてもらいつつ、返答に困ったらチャットでヘルプを。この時、絶対にPCは消音にしておくこと。バレないように。)

② パスポートを手元に
➡︎ ビデオチャット内で、パスポートを使う場面が数度ある。表紙と顔写真のページの写真を撮られたり、生年月日、パスポート番号を聞かれたり、偽造防止のホログラムを確認されたり。

電話の前にやるべきこと
① 自分のメアドをスペイン語で、口頭で、正しく言えるように準備しておくこと。アルファベットはもちろん、数字、アンダーバー、アットマークも。

(例1) kaede_01@gmail.com
カーアーエーデーエー、ギオンバッホ、アローバ、ヘーメイルプントコム

(例2) taniyoshi-k@gmail.com
テーアーエネイーイグリエガオーエセアチェイー、ギオンコムン、カー、アローバ、ヘーメイルプントコム

ka-e: barra または guión (común)
ka_e: barra baja (スペイン)、guión bajo (南米)
kae@: arroba
kae.de: punto

ハイフンやアンダーバーは、ギオンの方が言いやすいし通じやすい。

② パスポート番号と生年月日も。
fecha de nacimiento (フェチャデナシミエント: 生年月日) を聞かれたら、日本と逆の順で答える。日、月、年。

(例) 1995年4月26日生まれ
veintiseis de abril de mil novecientos noventa y cinco
ベインティセイス・デ・アブリール・デ・ミルノベシエントス・ノベンターイーシンコ

(例) MY1392519
エメ、イグリエガ、ウノ、トレス、ヌエベ、ドス、シンコ、ウノ、ヌエベ

* 数字はゆっくり1つずつ言ってOK!

③ 必須ボキャブラリーを抑える。
・pasaporte: パスポート
・número: 番号
・fecha de nacimiento: 生年月日
・derecha: 右
・izquierda: 左
・correo eléctronico: メール
・página: ページ
・línea: 線
・arriba: 上
・bajo: 下
・otra vez: もう一度
・acércate: 近づいて
・más: もっと
・para: ストップ
・luz: 光
・cuenta: 口座
・móvil: 携帯
・grabar: 撮影、録音
・tomo una foto: 写真を撮る
・alguien: 他人、誰か
・habitación: 部屋
・flores: 花
・gris: グレー、ねずみ色
・dedos: 指
・dos dedos: 二本指
・cubrir: 隠す、覆う
・cubre: 隠して
・código: コード
・contraseña: パスワード
・usuario: ユーザー
・cierra: 閉じて
・abre: 開けて
・no toques: 触らないで
・no abras: 開けないで
・coge tu móvil: 携帯を持ち上げて
・pon tu móvil: 携帯を置いて 

 

ビデオチャットの流れ
言われた&聞かれた質問を一通り挙げる:

・私は担当させていただく〇〇と申します。N26の口座をお考えいただき誠にありがとうございます。これからビデオチャットを始めさせてもらいます。
・スペイン語で大丈夫ですか?
・この会話は全て録音させてもらっていますが、ご了承いただけますか?
・N26で銀行口座を開設するということでよろしいですか?
・本人確認の書類はパスポートでよろしいですか?
・あなたが開く予定の口座は、個人的なものですか?他人の利用や、事業としての利用はございませんか?
・あなたのお写真を撮らせていただきます。よろしいですか?では、カメラを見てください。
・携帯を持ち上げて見てください。(二重画面でないかの確認)
・今、部屋には他に誰もいませんか?もし、第三者がいる場合は退室を願います。通訳が必要である場合 (誰かの助けがないと言語が理解出来ない場合) は、開設をお断りいたしております。
・閉じた状態のパスポートをカメラに向けてください。
・顔写真のページ全体をカメラに。
・顔写真の部分を近づけてください。
・パスポートを閉じた状態で生年月日を。
・パスポートを開いて、パスポートナンバーを教えてください。
・顔写真のページにある花のマークのあたりをカメラに近づけて、やや傾けてください。ゆっくり斜めに。ストップ。(右とか左とかスピードは全て細かく指示してもらえる)
・上のグレーの花を二本指で少し覆ってください。
・最後に、登録したメアドを教えてください。
・そのメアドにこれからメールをお送りいたします。記載されてあるリンクから認証番号 (パスワード) の設定が行えますので、このビデオチャットのあとすぐに登録をお願いいたします。確認が出来次第、カードをご住所の方へ送付させていただきます。

誰もが苦戦する最も難しい箇所は、パスポートのホログラムの確認。
担当者や言語によって内容は若干異なるようなので、参考程度に。

担当者の親切度合い
1人目は、めちゃくちゃ冷たいおじさんで「あなたが開く予定の口座は、個人的なものですか?他人の利用や、事業としての利用はございませんか?」という質問を上手く理解出来ず、間違えて No と言ってしまった弟に対して『は?』みたいな態度を取った。その後、アットマークをスペイン語で何と言えばいいのか分からず、2,3秒口ごもってしまい『言語に不安があるようじゃ作れませんよ、また出直してください』と切られた。連続で電話をかけたら同じ相手かもしれないと思ったので、その夜は何もせず、翌朝の再チャレンジに備えた。2人目は、優しいお兄さんで、パスポートのホログラムの確認方法に困っていたら画面越しに「こうだよ、そうそう、分かる?ここをこう。」と、やってみてくれた。そしてビデオチャットを開始して約10分後、…無事に全てのチェックが終わった。電話を切ることなく、辛抱強く付き合ってくれる人もいるということが分かった。

2人目の声を私はこっそりと聞いていた。彼の話すスペイン語は、訛りがなく、非常に聞きやすかった。完全にスペインのスペイン語だった。

【追記: 2019年11月18日】
ビデオチャットから3日後の今日、カードがもう届いた!

バルセロナ生活 記事一覧

海外生活 記事一覧

おすすめ記事: