BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【スペインの大学正規入学】よくある質問に答えるQ&Aコーナー

スペインの大学へ正規入学したい人たちからよくもらう質問をシェア。

f:id:kaedetaniyoshi:20190330221324j:plain

【入学審査について】
Q. 高校の成績があまり良くないのですが、スペインの大学に入れますか?
A.「あまり良くない」基準が人それぞれですが、5段階評価で平均が3以上あれば問題ないかと思います。もし行きたい学部の合格点が高い、且つ、内申平均が3以下なら、昨年度から実施されている新しいシステム (UNEDasiss) の試験 (PCE) で高得点を得る必要があります。これは従来のスペイン人と同じ試験ではなく、外国人用のものです。

Q. 入学試験のやり方を教えてください。
A. 受験対策コースを持つアカデミア (専門学校) に入り、特別な勉強をし、必須科目と選択科目を受験する形になります。近年、新しいシステムが登場し、出願がオンラインで出来るようになりました。

【語力について】
Q. スペイン語が必要レベルに達していないと入学はまず無理ですか?
A. 定員割れしている学部、私立大学ならスペイン語がB2レベルなくても入れる可能性が高いですが「入学手続き」や「入学後の授業」で困ると思います…。それに加え、大学のテストは選択問題でなく筆記なので、語学学校から始めることをお勧めします。

Q. どれくらいの語力があれば入学試験を突破できますか?  
A. スペイン語力はB1.3〜B2レベルあればPCEを突破可能。(PAUやEBAUはB2以上必要。) 語力に加えて試験対策 (教科) は必須です。大学よっては授業内で教授が話す言語がスペイン語ではなく州の公用語 (例: カタルーニャ語) ということも。

Q. スペイン語力が足りない場合、スペイン語コースはどれくらいの期間必要でしょうか?
A. スペイン語がゼロの状態で日本を出るなら7〜8ヶ月は必要だと思います。日本語から完全に離れてスペイン語のみで生活・勉強していればそれくらいで、B2レベルまで十分いけます。しかし個人差はもちろんあるので、1年以上かかる人もいます。自分のペースで!

【受験資格について】
Q. 日本の大学を目指していて今、浪人中ですが、スペインの大学を考え始めました。浪人していたことが審査に響いてきますか?
A. 日本と違って、スペインでは一切響かないと思います。お金が足りないので高校を卒業後、バイトをして貯めて、受験する子もいます。高校を出て1,2年仕事をしていたけどやっぱり大学へ行こうと進路を変える人も多いです。

Q. KAEDEさんは日本の高校を卒業しましたか?帰国子女だったとか…?
A. 岡山の普通の高校を卒業しました。帰国子女歴はゼロでした。

Q. スペイン語検定やDELEやTOEICをもっていたら入りやすかったりしますか?
A. 出願の紙には検定を書く欄がなかったです。面接もないので、資格をアピールすることは難しいように思えます。スペイン語が出来て当たり前で、それを使って試験になります。入学後、学部によってはTOEICを持っていれば単位がもらえます。(文系だけでなく理系でも)

【オープンスクールについて】
Q. スペインの大学にも見学とかオープンスクール的なものはありますか? 
A. 大学だけでなく、専門学校にもオープンスクールの日はあります。カタルーニャ語で Jordades de Portes Obertes、スペイン語で Jornadas de puertas abiertas と言います。私が行ったことがある観光学・ホテル業の専門学校は事前予約が必要でした。国公立大学は予約が要らないところがほとんどです。

【UNEDとアカデミアついて】
Q. UNEDって何ですか? 
A. ウネッドは大学入学関連の手続きを取り持っている組織です。日本のセンター試験を取り持っている機関のイメージでOKです。

Q. KAEDEさんが通われたアカデミアって専門学校のような感じですか?
A. 専門学校というか、予備校というか、大学受験対策に特化した学校です。

 

【お金系の質問】
Q. 留学費用はだいたいいくらかかりますか?
A. 語学学校だけなら半年で学費が約50万円、1年なら約90万〜100万円。それに生活費 (家賃は月にシェアで6万〜7万) と食費などをいれて考えて見てください。

Q. 奨学金はありますか?
A.  大学にはありますが、外国人も使えるのか不明です。

Q. アルバイトはできますか?
A. 雇用先が面倒な手続きをきちんと行ってくれれば、学生でもアルバイトは可能です。ただ、日本の大学と違ってアルバイトをする余裕がないです。

Q. 学費はいくらですか?
A. 国公立大学の文系の学部で年間25万〜30万です。

Q. トータルでかかる学費はいくらですか?
A. 語学学校8ヶ月 (約67万) +アカデミア8ヶ月 (約55万)+国公立大学文系5年 (約150万)と過程すると、約272万円くらいになるかと…。これに加えて登録料・受験料・教材費・手数料などもいります。スペインの大学は一応4年ですが、みんながみんな日本の大学みたいにきっちり4年で終わりません。外国人なら5年かかって普通、4年だとすごい!です。ちなみに前年度で単位を落とした教科は次の年度で値段が上がります。

【大学に関すること】
Q. 大学選びのポイントは?
A. 家からの距離と自分の学びたい学部があるかどうかが大事です。やはり大きい有名な大学を選ぶ方が教授の数も質もいいです。もし、入学後にEUの別の大学へ交換留学がしたい人はエラスムスの協定がしっかりある大学かどうかも視野にいれて考えるといいですよ。

Q. 学部選びに困っています。KAEDEさんは最初から行きたい学部がはっきり1つに決まっていましたか?
A. 最後の最後まで (願書を出す瞬間まで) 哲学部、心理学部、人類学部、言語学部の4つで迷っていました。

Q. スペインのどこかの大学に入ったあと、スペイン国内の大学に編入はできるものですか?
A. 可能ですが、友達 (ラテンアメリカ人) は手続きが面倒だったと言っていました。

Q. スペインの大学に入ったあと、学部の変更はできますか?
A. 同じ大学内+入学時の合格点が現在の学部より低い学部なら割と簡単にできるようです。しかし、単位の移行は難しい場合が多いです。

Q. 日本の外大とスペインの大学、大きな違いはどこだと思いますか?どちらにするか迷っています。
A.「スペイン語を学ぶ」か「スペイン語で何かを学ぶ」という根本の違いはもちろん、周りの学生の勉学に対する姿勢、スペインにいられる長さ、生きた言語を日々学べる点、必要な努力の度合い、視野の広がり方、自立心の高まり具合なんかも全然違います。下の記事も参考に!

【入学後について】
Q. スペインの大学は入学してからの勉強が大変ですか?ついていけるでしょうか?
A. 授業はもちろん、テストが大変です。私たち日本人は選択問題で慣れているので、理解したことを白紙に何十行も書いて展開していける力を養う必要があります。クラスは毎日必ず復習を日本語とスペイン語ですればついていけます。プレゼンやレポート提出も1年に数度あります。

Q. この秋から交換留学でスペインの〇〇大学へ行くのですが、どのように勉強するのが良いでしょうか?事前にしておくといいことはありますか?
A. 自分の行く学部がわかっているのであればYouTubeで講義を実際に聞いてみるのが1番いいと思います。スペイン語の授業を聞きながら、ノートをスラスラとり、専門用語や説明のスペルが正しく書けるようになっていれば入ってから楽です。

Q. 日本の大学から編入できますか?
A. スペイン国外から編入してきたクラスメイトがいなかったのでわかりません。。。

Q. 外国人扱いはあるか?
A. バルセロナ大学の哲学部は外国人がいなかったこともあり、特別扱いがゼロで、スペイン人と全く同じ採点基準でした。入学して最初のテストでカタルーニャ語のスペルがところどころ違って大問1つ丸ごと0点ということもありました。でもバルセロナ市内にある他の国公立大学に正規入学した中国人・ネパール人・カザフスタン人の友達によると、英語でテストが受けれたり (もし教授が英語に秀でていれば)、外国人だからこれだけできれば十分!と単位をくれる教授もいるそうです。

【アドバイス】
日本の高校を卒業してその年にスペインの大学へ入学しようと考えている人たちが多いようですが、正直、焦る必要は全くないです。途中で辞める、休学する、学部を変更、仕事も始めて両立する生徒が多く、日本のようにクラスメイトは自分と同い年か1歳差なんてことがありません。入学して最初に出来た友達と同じ日に卒業できる可能性も低いです。そんな環境の中で勉強をしていると本当に1人1人が自分のしたいことを学んでいるんだな、大学は学歴じゃなくて勉強したい人が行く場所なんだなと実感します。入ったは良いけど授業に全くついていけず困る…とならないためにも、確実に力をつけてから! 

 

周りはみんなスペイン人で、途中で休学したり、受ける科目を減らして仕事を始めたり、単位を落としてもどうってことなかったり…割と自由に大学生活を送っていますが、私たちにはビザの問題があります。「彼ら以上にきっちり単位をとって授業について行かなければならない」と学生のステータスを維持するためのプレッシャーもどこかで感じつつ、日々の努力はみんなの数倍必要です。

バルセロナ・スペインの大学情報 記事一覧

おすすめ記事: