BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペイン大学共通入試・スペインとイタリアの大学生活・EU旅行・文化の違い・言語学・哲学・5ヶ国語・バルセロナの歴史・おすすめレストラン・穴場など日々幅広いジャンルの記事を執筆中。

【スペインのバレンタイン】贈るべきじゃないNGプレゼント10選

日本では「バレンタイン=女性から男性へチョコレート」が定番だが、スペインではどちらかと言うと、物や花をお互い贈る習慣がある。そこで今日、紹介するのは「愛の日」に贈らない方が良いとされるプレゼント10選

f:id:kaedetaniyoshi:20190214210031j:plain

① 香水
日本で香水を誰かにあげたら「相手が臭い」みたいで失礼…って聞いたことがあるけど、スペインではそういう理由からではなく「もらった相手が気にいる香りなのかわからないから、絶対これを使ってる!っていう香水がわからない時以外、贈らない方がいい」かららしい。スペイン人が (特に女性が) もらいたくないプレゼントランキングでよく1位なのをよく見かける。

② 家電や電気製品
「値段が高いから相手が困る」「これは大事な人じゃなくてその人の家に贈るプレゼント=失礼」

③ キッチン用品
「ハート柄であろうが、可愛くラッピングしてあろうが、ナイフ・フライパン・まな板・ザルなどを贈るのはロマンチックではない」

④ ファストフード店で夕食をプレゼント
「どんなにロマンチックなムードを作ってもファストフード店では…誘わない方がマシ」

⑤ 服系
「愛や友情を祝う日に、ストッキング、ネクタイ、ワイシャツなど仕事で使う服をプレゼントするのはタブー」「カジュアルな服でも趣味やサイズが違うと着れないから困る」「靴下をもらったらクリスマスに贈り忘れたやつか、値下げしてたやつかなって思う」

 

⑥ 映画のチケット
「週末にいつでも行ける」「バレンタインらしさゼロ」

⑦ スポーツ用品やダイエットの本
「バレンタインの日にわざわざスポーツ・フィットネス・ダイエット・レシピの雑誌は贈るべきじゃない」

⑧ ペット (動物)
「昔は子犬や小さな動物をペットとして恋人に贈るのが良いとされていたけど、今ではロマンチック性に欠けてる」「もらった相手が困る」「責任感がなさすぎる」

⑨ ギフト券や音楽のカード
「すぐに買えるものだし、何円分って直に見えてロマンチック度は最低ラインに近い」

⑩ でっかいクマのぬいぐるみ
(女性の意見)「可愛いけど家に置くスペースがなくて困る」「出先でもらっても…」「持って帰りにくいし恥ずかしい」

f:id:kaedetaniyoshi:20190214205038j:plain

 

【チョコレートは良いプレゼント?】
スペインでバレンタインにチョコを贈ると相手は「物足りなさ」を感じる。オリジナル度も無ければ、サプライズ感も、ロマンチック度も無いという厳しい意見。「ハートの可愛いラッピングがされていても大して嬉しいプレゼントじゃない」「正直他に良いプレゼントあったでしょって思う」と男女共に口を揃える。

【じゃあ何を贈ったらいいの】
・テアトロのチケット
・小旅行
・花束全般
・真っ赤なバラ
・時計
・小物
・ロマンチックなストーリーの本
・お揃いの何か (マグカップ・Tシャツなど)
・キャンドル
・小さいクマのぬいぐるみ
・赤い小物 (財布や定期入れなど)
・一緒に撮った写真現像してアルバムに
・ちょっとしたサプライズ (部屋を風船でいっぱいにして真ん中にプレゼントを置いて置くとか、どちらかの部屋の壁に印刷した写真をハート型になるように貼るとか)
・ハートの可愛い柄のクッション
・おしゃれなワイン
・アクセサリー
・おしゃれなディナー

と、一言でもいいので手書きのメモ。

【赤色以外のバラはやめとこう…】
真っ赤なバラを贈るのは誠実で、愛を感じるが、青や紫のバラは相手を非常に不快にするらしい。「真実の愛」を全く感じないと。

f:id:kaedetaniyoshi:20190214211042j:plain

【おまけ】
バルセロナ (カタルーニャ州) にとってのバレンタインは4月23日サンジョルディの日だから、2月14日はそんなに盛り上がりを見せないのが正直なところ。サンジョルディの雰囲気本当に大好き。ちなみにバルセロナで1番おすすめの花屋さんはココ!

おすすめ記事: