BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【大多数が知らないルール】スペイン語のスペルミスを減らしたい人へ

スペイン語の単語を書く時にCとSのスペルミスをする人必見!(特に南米のスペイン語を話す人!)

パシエンシアってどう書くっけ?
→ ¿pasiencia? ¿paciensia? ¿paciencia?

アカリシアール?初めて聞いた…
→ acarisiar かな? acariciar かな?

デスパシートは…確か…
→ despasito...あれ?despacito...だっけ?

と最初のうちは混乱しがち。なぜならこのルールに触れる先生は少ない。だから今日は知ってる限りのことをまとめてみる。

f:id:kaedetaniyoshi:20181222085435j:plain

【前書き】
スペインスペイン語には za (サ)・ci (シ)・zu (ス)・ce (セ)・zo (ソ) を英語の th のように舌を噛んで発音するという特徴がある。だから"estación (エスタシオン: 駅)"と聞いた時、スペルが -sión ではなく -ción とわかる。しかし、南米スペイン語では C と S と Z、どれも舌を噛まずに綺麗なサシスセソの発音をする。その3つの音には全く区別がない。私はバルセロナでスペイン語を学び始めたが、基盤が出来始める A2-B1 レベルの時にメキシコ人の先生だったから、その影響で意識せずに話すと C・S・Z →[s]になる。今はもう知らない単語を見かけることがなくなったから問題ないものの、A2 (初級) の時はよくCとSのスペルに混乱していた。→ acción (アクシオン: 行動) って単語を知った時「ああ!〜シオンの時は -ción って書けばいいんだ!」と思った直後、visión (ビシオン: 見通し) という単語に出会い...ゴッチャゴチャ。

早速、ルールを見ていこう。

【スペイン語でSを使って書くのは…】
① -esto, -esta, -ista で終わる単語
→ pesimista, femenista, tiesto, pianista
② pre.imperfecto de sub. (接続法過去) の動詞全て
→ cumpliese, dijese, comiese, hicieseis
③ -erso, -ersa, -erseで 終わる単語
→ atraverse, adversa, converso, introverso, universo
④ infinitivo に S,C,Z が含まれない単語
→ haber = has, ver = ves, hablar = hablas
 (含まれてるとCに → decir = dices)
⑤ -ulsión, -ísimo, -sivo で終わる単語 (lascivoとnocivoを除く)
→ ilusión, buenísimo, pasivo, revulsivo

 

【スペイン語でCを使って書くのは…】
① -cir か -ducir で終わる動詞
→ conducir (コンドゥシール: 運転する), traducir (トラドゥシール: 翻訳する)
② -ancio, -ancia, -encía で終わる名詞
→ excelencia, extravagancia, constancia
③ 元の単語がSで終わらない los desminutivos (縮小辞) = -cito, -ecito, -ecillo
→ pez (ペス: 魚) = pececito
  dulce (ドゥルセ: 甘い) = dulcecito
④ -cido, -cida, -cidio で終わる単語
→ parricida, amanecido, suicidio, homicida
⑤ -cimiento で終わる単語
→ crecimiento, aparecimiento, agradecimiento, padecimiento
⑥ -cer で終わる単語
→ nacer, hacer, amanecer, yacer, agradecer
⑦ -encia, -ancia で終わる単語 (ansiaを除く)
→ conciencia, coincidencia, infancia, tendencia

 

おまけ【スペイン語でZを使って書くのは…
① -anzo, -anza, -azgo で終わる単語
→ mudanza, justiciazgo, adivinanza, serenazgo
② -ez, -eza, -az, -oz で終わる単語 (=全て抽象的)
→ belleza (美), pereza (だるさ), voraz (貪欲), voz (声), paz (平和), pobreza (貧困), pasión (情熱), certeza (確実性), 
③ -iz, -az, -ez, -oz のつく人名・苗字
→ Sanchéz, Gonzáles, Rodríguez, Ruíz
④ 減少・軽蔑を表す -zuelo, -zuela で終わる単語
→ mujerzuela, ladronzuelo, portezuela
⑤ -zar で終わる動詞で直前に母音があるもの
→ analizar = analizo, gozar = gozo
⑥ -izo, -iza で終わる単語
→ cobrizo, hizo, academizo, olvidadizo

【-siónと-ciónって…】
実は、-ción を使って書く単語は -ar か -ir で終わる動詞から派生したもの。

→ acentuar = acentuación,
  conversar = conversación
  prohibir = prohibición

⚠️ 気づいた人がいるかもしれないが終わりの「r」を取ればいいだけ!

一方で、-sión は少し複雑。
-primir (imprimir→impresión),
-cluir (concluir→conclusión, reprimir→represión, excluir→exclusión)
-der (extender→extensión)
-dir (invadir→invasión)
-ter (verter→versión)
-tir (admitir→admisión) …かと思いきや、repetir→repetición があるからこれは言い切れない。

【実は英語繋がりもある】
英語の -tion で終わる単語はスペイン語で -ción。
英語の -sion で終わる単語はスペイン語でも -sión。

…という感じで「共通」のイメージが頭にあれば言語習得の助けになる。これはスペイン語言語学と外国語教授法から思いついたネタ。抽象的概念を表す単語が全て-ez, -eza, -az, -oz で終わるのは、いつか言語学×哲学の話をする時に掘り下げるかも。

おすすめ記事: