BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【ざっくりと超簡単に】スペイン語とイタリア語の違い

スペイン語イタリア語の…

【似ているところ】
・80%の単語は似ている
・文法
・発音がほぼローマ字読み

【違うところ】
・動詞と前置詞のペア
・助動詞と自動詞
・アポストロフィーをつかう
・イタリア語には ü を使う単語がない
・所有格
・似てる動詞ほど実は意味が全く異なる
・haber と tener の使い方
・接続法の使い方は全く違う
・スペイン語にはイタリア語の ci と ne がない
・間接目的語

【最後に】
・同時学習について

f:id:kaedetaniyoshi:20181129012250j:plain

【前置詞の違い】
スペイン語       イタリア語
Voy a Japón.    →    Vado in Giappone.
Estoy en biblioteca. →    Sono in biblioteca.
Estoy en casa.    →       Sono a casa.
※ sono は スペイン語で soy

【単語はどう似てる?】
スペイン語      イタリア語
igual (イグアル)    uguale (ウグアーレ)
mejor (メホール)     migliore (ミジョーレ)
vecino (ベシーノ)    vicino (ヴィチーノ)
ocupado (オクパード)  occupato (オックパート)

【イタリア語の ci と ne 】
Non ne voglio sapere.
= No quiero saper de eso. (o de él)
= それ (彼) について知りたくない。

Ne sono uscito.
= Salí de allí.
= そこから出る。

Me ne vado.
= Me voy (de aquí).
=(ここから) 行く。

Ci vado.
= Voy (hacia) allá.
= そこに行く。

Ci perleró.
= Hablaré con él, ella, ellos.
= 彼 (彼女・彼ら) と話すつもり。

Ci sono.
Aquí estoy.
= ここにいるよ。

Ci metti tanto.
Te demoras mucho.
= 時間かかりすぎ。

【似てるけど意味が異なる言葉】
スペイン語      イタリア語
salir (サリール: 出る)    salire (サリーレ: 登る)
aceite (アセイテ: 油)    aceto (アチェート: 酢)
vinagre (ビナーグレ: 酢)  -
caldo (カルド: 出汁)     caldo (カルド: 暑い)
cara (カラ: 顔)      cara (カラ: 愛しの)
subir (スビール: 登る)   subire (スビーレ: 苦しむ)

【直説法と接続法の使い方の違い】
スペイン語では肯定文で que 以下は直説法
Creo que es una buena idea.
否定形では接続法に変わる
No creo que sea una buena idea.
でも!
イタリア語では肯定でも否定でも接続法
Penso che sia una buona idea.
Non penso che sia una buona idea.

【間接目的語】
マリアにプレゼントをあげる。」
スペイン語では、
Le doy un regalo a María.
イタリア語では、
Do un regalo a Maria.

スペイン語の le は間接目的格人称代名詞で意味は「彼に」「彼女に」「あなたに」と、相手によって変わる。なので、le や les が指す対象をきちんと明確にするために、前置詞 a + (代) 名詞 を用いる。= 間接目的語の重複表現

【所有格】
「私の家」「君の本」
スペイン語では
mi casa と tu libro
イタリア語では
la mia casa と il tuo libro
→ 所有格の前に冠詞がつく。 

 

【アポストロフィー】
スペイン語ではアポストロフィーを使わないが、イタリア語では、母音が続く時にアポストロフィーを使って…
× Vado alla università.
○ Vado all'università.

【üを含む単語】
この ü を書く場面ではちょっとテンションが上がる (笑) スペイン語で「あいまい」を表す単語は アンビグエダッ で、スペルが ambigüedad!ペンギンは、ピングイーノ だから pingüino!この他にもまだまだある。もし、この文字が無かったら、gue は「ゲ」gui は「ギ」と発音される。

【助動詞と自動詞】
実はこれがこの2つの言語を両方学ぶ上で1番難しい違い。
He venido a la fiesta.
(私は祭りにきた。)
→ この He の原形は haber (イタリア語: avere)。
スペイン語では話者が女性でも男性でも過去分詞は venido のまま変わらない。
一方、イタリア語では…
男性の場合: Sono venuto alla festa.
女性の場合: Sono venuta alla festa.
過去分詞が話者の性別によって変化する他、メインの動詞はESSERE (スペイン語のSER) を使う。イタリア語のフレーズをスペイン語に直訳すると、Soy venido a la fiesta. となる。だからイタリア人がスペイン語を話すとよくこうやって言い間違えている。

 

【スペイン語とイタリア語の同時学習】
同時学習をするより、まずはスペイン語習得を目指した方がいい。B2かC1になってからイタリア語を始めるとすごく楽だし、頭の中でごっちゃにならない。文法 (特に時制) が難しいのは断然スペイン語。