BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【5分でわかるスペイン語の文章の作り方】効率よく学ぶスペイン語 ②

前回の続きで、スペイン語に関する記事。今回は『スペイン語の文章の作り方』を超わかりやすく説明。主に日本語と全然違う語順について。

まず、スペイン語では動詞が文の頭にくる。
「私はバルセロナに行きたい」という文はスペイン語で、

Quiero ir a Barcelona. 

※ Quiero は動詞 Querer を活用したもの (前回少し触れたようにスペイン語は主語を言わない代わりに動詞が人称によって変化する)
Yo                  quiero
Tú               quieres
Él, Ella, Usted           quiere
Nosotros           queremos
Vosotros         queréis
Ellos, Ellas, Ustedes   quieren

ここまでは理解したものとして話を進める。

Quiero ir a Barcelona という短い文章をどうやって長くするか。答えは、このあとに接続詞や前置詞や時間を表す単語を持って来る。

<接続詞>
porque: なぜなら

<前置詞>
con: 誰々と一緒に
desde: 〜から (月日)

<時間を表す>
mañana: 明日
este verano: この夏
este año: 今年
este mes: 今月
este fin de semana: 今週末
la próxima semana: 来週

繋げると…

Quiero ir a Barcelona con Pedro este fin de semana porque él también quiere ver la Sagrada Familia. (ペドロと今週末バルセロナに行きたい、だって彼もサグラダファミリアを見てみたいんだよ。)

と、あっと言う間に長い文章になった。

もう一言つけたすと…

Quiero ir a Barcelona con Pedro este fin de semana porque él también quiere ver la Sagrada Familia desde hace mucho tiempo. (ペドロと今週末バルセロナに行きたい、だって彼も結構前からサグラダファミリアを見てみたいんだよ。)

こんな感じで、スペイン語は後ろにどんどん長くなる。日本語は反対に動詞の前が長くなる。完全に逆。だから慣れるまでは脳をしっかり使わなければならない。普段のスペイン人との会話では私も ↑ くらいの文をたった一息で言い切る。改めてスペイン語は一文につめこむ情報量がすごいと思う。意識せずに繋げて繋げて話せるようになったら、慣れてきた証拠だろう。

語順は、

① 動詞
② 前置詞
③ 接続詞
④ 別の動詞を持ってきて
最後に、
⑤ 時間

この順番で言えるようにクセをつけるのが大切。

例文を2つを考えてみよう。

(1) 語学学校で友達が『放課後どこかのバルへ行こう』と誘ってきた。でもあなたは授業の内容がよくわからなかったから、先生と話がしたい。そこでそれを友達に伝えるには?

まずは文のベースとなる1番大事な部分を意識しよう。上の文では、「先生と話がしたい」という動詞がメインだからそれを文頭にもってこよう。その後ろに誰と話したいのかを言おう。

Quiero hablar con mi profesor.
(先生と話がしたい。)

これが文章の核となる。次は porque (なぜなら) という接続詞を使って、話がしたい理由を説明しよう。

Quiero hablar con mi profesor porque no acabo de entender la clase

- acabo de entender: 理解し終える
- la clase: 授業

先生と話がしたいんだ、授業を理解しきってなくて

porque のあともまず最初は動詞をもってくる。porque のあとを訳す時は1番最後から。porque no acabo de (3) entender (2) la clase (1). のように。これはもう脳が慣れるまでひたすら繰り返すしかない。同じ文でもいいから語順を意識しながら音読するのが大事。

続いての例文は、

(2) 今夜、食事会がある。友達のフアンが自分たちの家に到着する前に料理の準備を始めないといけない。もう1人のルームメイトにあなたはこう言う「フアンが20時に来るから夕食の準備をしようよ!」

…この文で1番大事な動詞は準備をする (preparar) という単語。

Vamos a preparar la cena.
(夕食の準備をしよう。)

その後ろに、なぜ準備をしようと思うかをつけたそう。

Vamos a preparar la cena porque Juan viene a las 20h.
(夕食の準備をしよう、フアンが20時に来るから。)

最初の例文と同様に、まず動詞をもってくる。その理由はporqueのあとに。

f:id:kaedetaniyoshi:20180914202911j:plain

今見てきた2つの例文はどちらもporqueを使うタイプだったけど、他にもバリエーションは豊富。ただこの順番を覚えておけばあとは単語を置き換えるだけだから簡単。

<便利な接続詞>
por lo tanto (だから) = por eso (だから)
entonces (そして、だから、それでは、その時)
para (〜のために)

最後に1つ練習問題。
「明日とても大事な試験があるから、今日の午後はしっかり勉強しなくちゃだめなんだ。」をスペイン語で言うと?

 

Mañana tengo un examen muy importante.
(明日とても大事な試験がある。)

 

 

ヒント:
・今日の午後= esta tarde
・しっかり勉強する=estudiar mucho
・〜しなければならない= tengo que...

 

答えは…

Mañana tengo un examen muy importante por lo tanto tengo que estudiar mucho esta tarde.

 

まずは一言。それが言えるようになったら接続詞を使ってもう一言。と、ちょっとずつ増やしていけばすぐに自分のものになる。だから不安になる前に数をこなすこと

効率よく学ぶスペイン語①〜⑩

全シリーズ見たい人は上のリンクから!