BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活7年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【年々ひどくなる不当な関税】日本からスペインへEMS

スペイン在住者なら一度は経験したことがあるであろう日本からスペインへの国際郵便 (EMS)。スムーズに着いたことある?というくらい毎回、なんらかのトラブルが発生する。荷物が税関で止められ、ダンボールや小包の中の品物に関税をかけられる。(スペインの郵便事情が最悪なことは割と有名。)

クリスマスシーズンは、中身がプレゼントでなくてもプレゼントと思われて高い関税を取られる。2014年に冬服を送ってもらった時は、受け取り時に60ユーロほど払わされた。2015年、帰国時に入れ忘れた日用品を後日送ってもらった時も、日本食やお菓子を送ってもらった時も、大学で必要な本を送ってもらった時も…。

EMSの伝票にきちんと中身の詳細を書いているのにも関わらず毎回のように税関で止められて高い関税をかけかれた。それだけでなく、郵便の追跡が途中で途切れたり、1ヶ月どこにあったかわからない状態で届いたりもするため、送った側も送ってもらった側も荷物が着くまではストレスの日々…。だからもう日本から何も送ってもらわないことにしていた。

しかし2018年の夏、久々にEMSを利用しなければならなくなり…また面倒な事態に。

f:id:kaedetaniyoshi:20180913221611j:plain

ワーホリでバルセロナに来ている弟が日本食料理店で使う前掛けエプロンを1枚、日本に忘れてきてしまった。だから母がすぐに、2018年8月18日の夕方にEMSでスペインへ送った。翌日19日の早朝に日本の国際交換局から発送され、21日の夕方にマドリッドの国際交換局に到着。しかしその直後に税関へ渡り…。それ以降、下の状態が更新されることはなかった。

f:id:kaedetaniyoshi:20180913221712j:plain
8月30日にスペインの家に郵便局から通知が届く。URGENTE (緊急) と書かれた封筒を開封してみると中の紙には、

「あなたの小包を輸入するにはこの通知を受け取って3日以内に www.adtpostales.com のサイトから必要書類を提出してください。期限を過ぎると送信元へ返送されます。2018年8月28日」

…明日まで?!急いで書かれてあったURLヘアクセスして荷物の番号と個人情報を入力。すると個人ページへ行き、郵便物に関するデータを入力するよう求められた。荷物の発送元は、EU県外だから「Resto países NO UE」を選択し、郵便物の種類は私物だから1の「Persona física / particular」を。それから受け取り人のデータを入力。珍しく、2つ目の苗字 (segundo apellido) が必須項目になっているから「NO TENGO」と書いた。

f:id:kaedetaniyoshi:20180913221732j:plain

バルセロナの場合、Localidad は、BARCELONA。郵送物が、下のどれに当てはまるかを選ぶ。

・COMPRA (自分で使う物か商業で使う物か)
→インターネットで買い物をした
・EFECTOS PERSONALES, MUDANZAS
→ 個人的なやりとり、引っ越し
・REGALOS ENTRE PARTICULARES
→ 第三者に金銭的に得ることのない個人間の贈り物

f:id:kaedetaniyoshi:20180913221739j:plain
それから品物の種類、ブランド、個数、何円相当かを記入すると自動的に DATOS PARA LA TRAMITACIÓN DE IMPORTACIÓN CON CORREOS という書類が作成される。これを印刷し、署名し、DNIもしくはNIEの番号を書いて、スキャンするように指示がある。そんなことしてる時間はないため、macbookを上手く使い、直接紙に署名をしたかのようにな電子サインを書いて送ってみた。

f:id:kaedetaniyoshi:20180913201756j:plain

これで問題なく通った ⬇︎

f:id:kaedetaniyoshi:20180913221811j:plain

上の書類と、DNIかNIEの写メと、Justificante efectos personales (個人で使うものだという証明書類) をサイトから送れば完了。この Justificante efectos personales を無論、過去に書いたことはない。決まった書き方があるのかも知らなかった。ネットで調べると、同じようなシチュエーションで質問をしてるスペイン人がいたからそれを参考に作ってみた。

f:id:kaedetaniyoshi:20180913201913j:plain

書き出しは、Declaración: Justificante efectos personales とし、自分の名前、未成年でないこと、NIEの番号、住所を最初にもってくる。それから自分は私物をこれから輸入するという一言。(母がエプロンと一緒に小さなせんべいも送ってくれていたようでそれも記入してみた) 第三〜第四段落は私が主張したかった内容で「先日17日に日本からスペインへワーホリで引っ越してきた時に、仕事場で使うエプロンを忘れてしまったからそれを母が送ってくれたもので、中身はプレゼントでもなければ新品の高価なものでもありません。」と書いた。最後に決まった書き方があるって載ってたからそれを参考に、Y para que así conste a los efectos oportunos, firmo la presente declaración en ___自分の市の名前___, a día ___日付___, de __月__, 2018. と書いて下にサインをして終わり。この文書はエクセルやワードやなにで作っても良い。とりあえずPDFの形式で保存できていればOK。

f:id:kaedetaniyoshi:20180913221901j:plain

これを添付し終わると、全ての必要書類が揃ったようで、緑のチェックマークがついた。やれやれと思っていると翌日、予想外の関税額が書かれた請求書が送られてきた…。

f:id:kaedetaniyoshi:20180913221830j:plain長くなりすぎたからこの続きは次の記事で…⬇︎

バルセロナ生活 記事一覧

つぶやき 記事一覧

おすすめ記事: