BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活7年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【スペインの住所の書き方】順序は?どれが郵便番号?

日本からスペインの口座へお金を送る時、住所へ書類を送る時、絵葉書やポストカードを送る時、はたまたビザの申請書。

なにかと書く場面が多い「スペインの住所」。どういう順序が正しいのか、どれが郵便番号なのか。 

f:id:kaedetaniyoshi:20200304043457j:plain

【スペインの住所の順序】
一つ目の例は、アカデミアの住所。

Carrer d'Aragó, 223, 08007,
Barcelona, Spain

➡︎ アラゴ通り、223番地、郵便番号、都市名、国名

つまり、

① 通りの名前
② 番地
③ 郵便番号 (5桁の数字)
④ 都市名
⑤ 国名

実はこれ、カタルーニャ語の住所。

Calle: スペイン語「〜通り」
Carrer: カタルーニャ語「〜通り」

------------------------------------
二つ目の例は、バルセロナ大学。

Gran Via de les Corts Catalanes, 585,
08007, Barcelona, Spain 

➡︎ グランビア・デ・レスコルツ、585番地、郵便番号、都市名 (バルセロナ)、国名 (スペイン)

通りの名前が長いので、先ほどより多く見えるが内容は同じ。

------------------------------------
三つ目は、家の住所。(前の住所を少し変えているのでご心配なく。)

Carrer de Petrixol 4, 2º, 3ª,
08002, Barcelona, Spain

➡︎ ペトリチョル通り、4番地、2階、3つ目の扉、郵便番号、都市名 (バルセロナ)、国名 (スペイン)

住宅になると、細かい数字が増える。番地の後に、階数。そして、多くの場合、その後に扉の番号が続く。2の上にあるのは、小さな丸。3の上にあるのは、小文字の "a"。スペイン語で「扉」を意味する略語だと思っておけば大丈夫。

2º: segundo piso
3ª: tercera puerta

スペインの建物の階数の数え方は ⬇︎

【ビザの申請書】
申請書の23番には「スペインでの滞在先の住所 (学生寮やホームステイなど)」、28番には「通う学校の住所 (本部ではなく通う校舎の住所)」を。後者は、入学許可書を見ながら間違えないように書こう。

【注意点】
日本の自分の住所は、番地を最初に書いてOK。

(例) 岡山県岡山市北区朝日11の8

11-8, Asahi, Kita-ku, Okayama-shi, Okayama-ken, JAPAN

スペインへ出すのであれば、都道府県名のあとの国名は、JAPAN (英語) でも JAPÓN (スペイン語) でも良い。

【おまけ】
バルセロナでは見たことがない住所がマドリッドにあった。

C.E. Luis Vives
C/Arenal 18,1º izqda.
28013 Madrid

「左って何?」と思い、行ってみた。すると、下のインターホンが複雑過ぎた。

4階 外側右
4階 内側右
5階 外側左
5階 内側右

f:id:kaedetaniyoshi:20200304042033j:plain

結局これは、階段を上がって左手のドアか、踊り場の向こうにある右手のドアなのか、ということだった。

海外生活 記事一覧

スペイン語 記事一覧

おすすめ記事: