BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・EU旅行・文化の違い・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報&穴場・歴史など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 インスタもラインもIDは kaeminkk です!

【なぜアメリカをEE.UU.と略す?】日常でよく使うスペイン語の略語×10

スペイン語でアメリカ合衆国は Estados Unidos (エスタードスウニードス) と言うが、…見ての通り長い。だから英語で U.S.A. (United States of America) や US と略すように、スペイン語でも新聞や文書では EE.UU. もしくは EUA (Estados Unidos de América) と短く書かれる。

Estados Unidos なら略すとEUじゃないの?…EUだったらヨーロッパ連合とかぶるからEE.UU.なの?と思った人も多いだろう。

実は、イーユー (ヨーロッパ連合) と被るからそう表記するわけではない。なぜならスペイン語でヨーロッパ連合は UE (Unión Europea)。f:id:kaedetaniyoshi:20190207033024j:plain【EUじゃなくてEE.UU.と書く理由】
このEとUのダブりには「複数形」の意味が含まれている。よって、Estados Unidos EU と書くと Estado Unido になる。ちなみにスペイン語で略語は la abreviación (abreviatura)

【スペイン語でアメリカの正しい略は?】
大文字のEを2つ、プント、半角スペース、大文字のUを2つ、プント、半角スペース
 EE. UU. もしくは EUA が正しい。

【冠詞はいるのか】
答えはどちらでも良い。
○ Estados Unidos
○ los Estados Unidos

【似た例】
・Fuerzas Armadas (軍、武装勢力) → FF. AA.
・Fuegos Olímpicos (オリンピック) → FF. OO.
・Relaciones Públicas (行政関係) → RR. PP. 

 

【日常でよく使うスペイン語の略語】
・C/ = calle (カタルーニャ語はcarrer) = 道
・Av. = avenida = 大通り
・nº = número = 番号
・Srª = señora = 女性に〜さん
・Sr. = señor = 男性に〜さん
・pág = página = ページ
・a.C. = 紀元前
・Ud. = usted = あなた
  (Uds. は複数形の Ustedes ってこと)
・ej. = ejemplo = 例
・aprox. = aproximadamente = 約

【個人的に好き&多用する略語】
絶対使うのが数字系 → 1º とか 2ª とか。授業中、ノート取る時にも大活躍。

(例) la 1ª vez fue XXX.
      la 3ª persona sing..
      el 4º cap. del libro...

スペインの住所は略語のオンパレードで楽しい。
(例) c/xxxx 15, 3º-1ª, barcelona, 08002
3º は3階を、1ª はいくつ目のドアかを表す。日本のマンションで例えると、3階の301号に住んでますって感じ。

おすすめ記事: