BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【海外でトラブル!諦めてたけどまさかの返金】PayPal 返金 2018

PayPal (ペイパル) はクレジットカード決済を簡単且つ安全に出来るサービスで、よくオンラインで買い物をした際に支払い方法の1つとして見かける。実際に利用したことは過去に2回しかなくて、どちらもイタリアで空港から家までのバスを予約する時だった。1回目は順調に取引が完了したが、問題発生は2回目!もう返ってこないと思ってたお金がまさかの返ってきた話。 

f:id:kaedetaniyoshi:20180929191535j:plain

深夜0時に小さな空港に着くからプライベートバスを家まで予約してたのに支払いも完了してたのにエラーが起きたのか、バスが来なかった!だからすぐに電話したけど繋がらず。料金はカードから引き落とされていたのに…。と思いつつタクシーで100ユーロもかけて帰宅。すぐに状況説明 + 返金願いを書いたメールをそのバス会社に送ったけど返事こず。5,6日に1回送ったけど1回も返事こず。損した気分だったけど15ユーロだったからいいか…。と思っていた時、PayPal の個人ページ開けてみたら問題解決センターという項目があった!
 

どんな感じでトラブルが発生したかと、先方にメールを数度してるのに全く返事がないということを書いて、メールを書いたのはイタリア語だったけどそのスクショを添付して PayPal に送ってみた。そしたらクレームという感じで送ったことになった。それから2日後、「異議はエスカレーションされました。」というメールが届く。よくわからない専門用語で、調べたら、正当にトラブルと認められて1つ上のランクにあがった?みたいで、ちゃんと調べてくれるようになったということだった。

f:id:kaedetaniyoshi:20180809204626j:plain

そしたらマイページから「ケースの概要」→「クレームの詳細」からステータスが見れるようになって、『おおー!』と思ったのは、こう書いてあったこと "PayPalは問題解決に必要な追加情報の提供を売り手にお願いします。売り手から10 日以内に返答が得られない場合は、ケースを終了し、資金を正当な所有者に返金いたします。" = PayPal が何か返事をするようにバス会社に連絡してくれたのに、10日後以内にまだ相手がなにも言わないならその金額を PayPal 自身が私に返金してくれるということ!で、10日経って…

f:id:kaedetaniyoshi:20180809204637j:plain

案の定、相手からの連絡は何もなく、もう最終段階の「PayPal が確認中」というところに黄色っぽい印がついた。そしてステータスのところには… "このクレームについては、お客さまに有利な決定が下され、売り手が返金を実行しました。(次の手順) アカウントに払戻しが記載されるまで、最長7日かかります。払戻しが完了すると、このケースは終了します。" と書いてある!払い戻しされるんだ〜〜と嬉しくなった日。それから数日後…

f:id:kaedetaniyoshi:20180929192105j:plain

返金完了!やっぱダメもとで言ってみるもんだなー。だからもし似たような状況で損した気分になってしまってる人は問題解決センターに書いてみる価値あり!