BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【月の欠け方が世界各地で異なる不思議】皆既月食イタリア2018

2018年7月27日、皆既月食があった。真っ赤な満月を好条件の中観測することができた。それから何気なくインスタで世界中の人が載せてる皆既月食2018の写真を見ていてふと謎に思ったことがあった。下の写真を見て何か引っかかる点はないだろうか?右2枚はイタリアで撮影した写真。右上は私が庭から撮った写真たち。左上は日本 (長崎) で、左下はブラジル。

f:id:kaedetaniyoshi:20180809204830j:plain

今まで着目したことがなかったけど、月の欠け方がすごく違う!日本は左上から欠けててイタリアは左下から欠けててブラジルは上から!見る場所が違うんだから見え方も違うっていうのはわかってた。でも、なぜここまでも、欠け方が異なるのか。イタリアで、皆既月食が観測されたのは夜の21時〜1時まで。日本は明け方だった。日本とイタリアの今の時差は7時間。だからイタリアの22時は日本の朝5時。だから同時に見たということになる。ならばその他の場所も同時に見たということだろうか?インドでも影は観測されたのだろうか?

f:id:kaedetaniyoshi:20180809204834j:plain

今はこうやって世界中で撮影された写真が場所も明確に載ってる状態で見れてすごいなーと。数学、天体現象、何についても詳しいおじいちゃんにチャットしてこれを伝えたら色々と教えてくれて、それを簡単にまとめると以下の通り。

- 皆既月食は月さえ見れれば地球上どこでも観測できる
- 黄道 (地球の影) と白道 (月の通り道) は5度の差がある
- 影は左下から右上に3時間かけて移動した
- 黄道と白道の交差付近で皆既月食が発生した
- 地球上で見る人は真上を中心に見て写真を撮る
- 南半球と北半球、早朝と夕方と真夜中で写真は変わる
- その場合必ず上=北とは言えない

 という見解に。なるほどと思ってスッキリしたから1つ記事にまとめてみた。天体ってやっぱり面白いなあ。もし言語の道に進んでなかったら、もし数学がめちゃくちゃ得意だったら、間違いなく理系に進んで天文学を深めてたなあ (笑)

 

その他のつぶやき: