BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【イタリアの大学とスペインの大学の学費・システム比較】EUの国立大学

今、所属してる2つの大学の比較というか違い。どちらも国立の大学でスペインは、バルセロナ大学 (Universitat de Barcelona) で イタリアは、カラブリア大学 (Università della Calabria)。EUの大学間では「エラスムス」と呼ばれる交換留学制度がすごく有名でそれを利用する人が多いけど私の場合は両方の大学の学位習得のノーマルコースに籍を置いてる。

f:id:kaedetaniyoshi:20180324204533j:plain

バルセロナ大学はスペインでも1位、2位に入るしヨーロッパでも上位に入るレベルが高い大学。だから入学試験からして難易度が高い。しかもこの大学でスペイン人と肩を並べて勉強するとなれば「カタルーニャ語」の壁にぶつかる。単位を取るのが難しい。一応4年で卒業だけどなかなか4年で卒業する人はいない。学部によって違いがあると思うけど哲学部は本当に難しい。周りは5,6年生が多かった。テストは全て筆記というのがイタリアの大学と大きく異なる。あと授業に参加してもしなくても出欠確認はない。学費は年間で22万円くらいでそれにプラス教材費や授業で使う本をたくさん買った。上の写真で私が持ってるのは カルペタ といってバルセロナ大学に限らずどこの大学生も持ってる本や書類を挟むもの。これを持ってたら現地の学生感が出るし、便利だから愛用してた。毎年このデザインは変わってFBのページで何種類かの選ばれたデザインの中から投票が行われる。何気にこれはいつも楽しみ。

f:id:kaedetaniyoshi:20180324210401p:plainバルセロナの大学と言えばUBとUABで、UBはバルセロナ大学の略でUABはバルセロナ自治大学のこと。UABは日本語や日本文化を学ぶコースがあるからいくつかの日本の大学とも提携を組んでる。だから日本人も交換留学生としているらしい。UBの哲学部の2015-2019年生はスペイン人ばっかりでアジア人も私だけ。だからカタルーニャ語が喋れなくても自分がみんなに追いつくしかないから最初は特に努力が必要。

f:id:kaedetaniyoshi:20180324205417j:plain

学生は朝から晩まで図書館で勉強するのが当たり前で「学ぶ意欲がある人だけ大学で専門科目を極める」っていう雰囲気がスペインの国立大学。バルセロナ大学がカラブリア大学より進んでたな〜と思うのは全科目の先生がパワーポイントや授業の内容を生徒専用ページに載せてくれてた点。その他、ビザ申請で授業証書が欲しい時や単位の確認(進級や卒業までにあと何単位が必要か)、レポート提出など全てオンラインで出来てインターネットの使い方が上手だった。Espors UB というスポーツ施設が最高だった。とてもいい環境でテニスを授業の前後にできたのもUBの好きな点。多くの学生がサッカー、陸上競技、テニス、ジム、体操、水泳、重量挙げなど様々な分野で文武両道な生活を送っている。ちなみに、バルセロナの町中にキャンパスは散らばってて中心地にあるのは文献学部や数学部や哲学、歴史、考古学部など。大学の図書館も町中にあって、その多くが土日も祝日も朝から晩まで空いてて便利。

f:id:kaedetaniyoshi:20180324205544j:plain

続いて、南イタリアの国立大学 カラブリア大学について。ここの大学はバルセロナ大学よりもインターナショナルな雰囲気。イタリアという国事情なんだけどバルセロナと比べて「移民」が多いなという印象も受ける。南イタリアはよく経済がね〜とか治安がね〜と言われてるけど、治安ははっきり言ってめちゃくちゃ良い。経済はよくわからないけどカラブリア大学の施設はUBより劣る。トイレとか図書館の開館時間とか教室の質とか。イタリアの大学では筆記より口頭試験が多い。カラブリア大学の言語学部はオール口頭試験。学費は年度始めに1年分払うスタイルじゃなくて2分割。なんと学費はスペインの国立大学よりさらに安かった。授業登録料16.50ユーロ + 前期分380ユーロ + 後期分346ユーロ=年間たった742ユーロ。10万円弱!やっす!って思うけど私はこれ1番払ってる方。イタリアの大学は両親の仕事の収入によって払う学費も食費も違う。

f:id:kaedetaniyoshi:20180324210645j:plain

カラブリア大学のいいところは、教授方が全員親切で親身になって教えてくれるし相談にものってくれるところ、自然がいっぱいの中で勉強に集中できるところ、大きな学生食堂が3つあって美味しいご飯が安価で食べれるところ。あと友達がたくさんできるところ。住んでみるとスペインとイタリアの国民性の違いを感じることが多い。バルセロナ大学はテストに合格できなかったら、「はい、来年も履修してリベンジしましょう」だったけどここは先生が「合格できるまでとことん付き合うよ」っていう感じでいい。ここの大学試験は口頭試験だった。入学してから筆記の試験がある。3科目あったっけな。一般常識や歴史や美術のテストで難しかった。このテストでいい点が取れなかった場合はあとからその科目の授業を受けないといけないみたい。この大学の特徴はキャンパスが全部一箇所にあること。大学の中を1本の長ーーーい橋が通っててその左右にキャンパスが6,7階建てでバーーーってある。1年次の段階から他の学部の授業を取ることも可能なのはそれぞれが自分の興味がある別の分野の勉強も出来て素敵だと思う。

f:id:kaedetaniyoshi:20180324211720j:plain

カラブリア大学は敷地内に郵便局、銀行、バル、喫茶店、学生食堂、ピザ屋、水屋さん、たくさんのベンチ、小さな携帯ショップ、何十もの学生寮がある。多くの学生は大学の中に住んでる。でも1人暮らし用の部屋がなくて2人以上とシェアしないといけないから私は大学近くの家を探した。ここは常に小鳥が鳴いてる声が聞こえるほど周りは緑ばっかりで空気は綺麗だし落ち着いてるから勉強するにも住むにも向いてる。バルセロナ大学は『THE 都会』で本屋やスーパーがいくつも周りにあったけど、一歩大学の外へ出れば人が何百人も歩いててたまに疲れることもあった。まあその活気が楽しいんだけどね。本当に対照的な2つの大学。

f:id:kaedetaniyoshi:20180324214106j:plain

どちらの大学にも違った良さがあってどちらがいいか選べないけどこの2つの大学の学生になれて、楽しく毎日勉強に励めていることは本当に良かった。

 

関連記事: