BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【生徒だから分かる魅力】スペインの名門バルセロナ大学特集

f:id:kaedetaniyoshi:20190518000653j:plain

バルセロナ大学はカタルーニャ州を、スペインを代表する国立大学です。非常に活発な大学として知られる本校は、生徒数はもちろん、提供している学位・博士コースの数も多く、研究機関としての重要度もヨーロッパで上位に位置します。研究プログラムも豊富で、全生徒の可能性を最大限に引き出せる最高の環境となっています。高い教養だけでなく、最新のテクノロジーを駆使し、世界の文化・情報を共有する現代的な大学でもあり続けています。 (公式HPの一部を翻訳)

【教育方針】
スペインの大学のホームページには日本の大学のような教育方針・教育理念・基本方針が載っていない。現にイメージがないし、久しぶりに今日読み漁っても見当たらなかった。よーく見かける「三つの方針」「三つの基本精神」「三つのポリシー」「〇〇な人材育成」は日本独特のものなのだろう。

その代わり、生徒なら誰でも知っている合言葉みたいなフレーズは存在する。

"Sóc UB (ソック・ウーベー)"

直訳すると「私は(僕は)バルセロナ大学」で、意味は「自分はバルセロナ大学のかけがえのない一部、一員」

【大学紹介】
キャンパスは街中に散らばっていて、バルセロナ自体がキャンパスのよう。観光客が多く行き交う、街の中心、カタルーニャ広場のすぐ隣には569年の歴史を誇るメイン校舎があり、そこから徒歩2分の所に哲学・歴史・考古学部のキャンパスがある。日本から遊びに来た友達や先輩を連れて行くと100%「ここで勉強してんの?なにこの大学やばいじゃん!ホンマに羨ましすぎる!」と言う。下の写真は、廊下と普段歩く通学路。

f:id:kaedetaniyoshi:20190518005127j:plain

その他のキャンパスは中心地から少し離れた、落ち着いたエリアに立ち並ぶが、メトロか電車で10分〜20分でアクセスできる距離。バルセロナ自治大学はもーっと遠い。

f:id:kaedetaniyoshi:20190517232324j:plain

・UB (バルセロナ大学) は16の学部、8の大学機関、そして文化・コミュニケーション・文化普及に貢献するいくつかのセンターを構える。そのトータル面積は50万㎡超え。EsportsUB はバルセロナ市内の大学のスポーツ施設の中で最大規模で、まさに文武両道の学生生活を送りたい人に最適な環境!

・6の機関が出している「世界大学ランキング」のうち、3つの機関 (Academic Ranking of World Universities, Best Global Universities, Center for World University Rankings) はバルセロナ大学スペインで1番レベルが高いと評価している。その他3つの機関はスペインで2位としている。2018年にはTHE (The Times Higher Education) から「世界でレベルの高い250の大学」に選ばれた。スペインには学部別のランキングも有。

・2009年に教育省から Campus de Excelencia Internacional  (国際的な卓越性を有する大学) の認定を受けている他、Barcelona Knowledge Campus (BKC) というプロジェクト、El Health Universitat de Barcelona Campus (高い学力を維持しながら生徒が健康的な活動できるように率先して支援する機関) を立ち上げている。BKCは、学生が住みやすい環境・街づくりに取り組む活動も行っている、いわば生徒会のプロジェクト。例えば、自転車置き場を増やしたり、付近のお役立ち情報&道案内の地図を町中に設置したり、横断歩道を増やしたり。

f:id:kaedetaniyoshi:20190517233739j:plain

【生徒】全生徒6万2995人のうち、
4万2377人: 学位コース
5662人: マスターコース
4714人: トレーニング中の研究者
9147人: 大学院生と専門家育成コース
*外国人 (131の国籍) は1万1524人: 交換留学プログラムを使っている生徒が過半数を占める

【教授と職員】
教授と研究員: 5696人
職員: 2288人

更に詳しい男女の数、生徒内訳、学部別人数&新入生の数などはデジタル学校紹介パンフレット(スペイン語) を参照のこと。

f:id:kaedetaniyoshi:20190518000325j:plain

学長の挨拶から始まる上のパンフにはコースの数、図書館にある本の数、文理の割合など様々なデータが載っている。ちなみにこれは入学1日目に配られる冊子と同じ。

 

【学部の種類と各サイト】
Facultad de Bellas Artes:  directorio | web
Facultad de Biblioteconomía y Documentacióndirectorio | web
- Facultad de Biologíadirectorio | web
Facultad de Ciencias de la Tierradirectorio | web
Facultad de Derechodirectorio | web
Facultad de Economía y Empresadirectorio | web
Facultad de Educacióndirectorio web
Facultad de Farmacia y Ciencias de la Alimentacióndirectorio | web
Facultad de Filologíadirectorio | web
- Facultad de Filosofíadirectorio | web
Facultad de Físicadirectorio | web
Facultad de Geografía e Historiadirectorio | web
Facultad de Matemáticas e Informáticadirectorio | web
Facultad de Medicina y Ciencias de la Saluddirectorio | web:
     - Medicina:  web
     - Enfermería: web
     - Odontología: web
Facultad de Psicologíadirectorio | web
Facultad de Químicadirectorio | web
Escuela de Doctoradodirectorio

【単位情報】
バルセロナ大学はヨーロッパ共通単位ECTSを使用しており、卒業するには240ECTS必要。その単位の内訳はどの学部も大体が、

・基礎科目単位60
・必須科目102
・選択科目27
・プラクティカ (実践) 45
・卒論6

で、1教科6単位。

【学校紹介ビデオ】

私が1年次に受けたベゴーニャ先生 ↓ カタルーニャ語が聞きたい人はこちらを。

スペイン語で行われるクラスは普段こんな感じ ↓ (教授の話し方・スピード・内容)

【学校 (周辺の) 環境】
・全キャンパスの真っ正面 (あるいは徒歩3分以内の場所) にメトロの駅がある
・校舎は清潔感があって綺麗で、エレベーターがついている、階ごとに受付がある、教授の数が多いから部屋数も多い
・11のキャンパスのうち、8は観光客もたくさんいる街のメインに位置するため、常に活気があるにぎやかな雰囲気
・中心部のキャンパスは自然 (緑) のエリアに欠けるが、周りになんでもあって便利
・大学の敷地内は高速Wi-Fi有
・図書館の環境が最高 (開館時間が長い+土日祝日も開いている、各キャンパスに1つはある、大きくて広い、静かで集中できる、学生しか入れない、本の数と種類が充実している、自由に使えるPCの台数が多い)
・教科書を購入するコピステリーア (印刷屋さん) も各キャンパスに有
・食堂の影が薄く、利用者があまりいない理由は周りにはバル、カフェテリア、レストラン、ショップが立ち並んでいるから
・バリアフリーがしっかりしている
・駐車場は無い

【キャンパスの特徴】
サッカーのスタジアム、カンプノウがあるエリア (中心地からメトロで15分) のキャンパスは現代的なデザインで、緑に囲まれているのが特徴。 法学・経営学・美術学部と理系の学部 (生物学・薬学・化学など) はココで勉強している。

f:id:kaedetaniyoshi:20190518043852j:plain

この記事に何度も登場する「歴史的キャンパス (メイン校舎)」に入ってる学部は、文献学・地理・数学と情報学・薬剤学など。休み時間はみんな中庭やおしゃれな廊下に出て太陽を浴びながらおしゃべりを楽しむ。

f:id:kaedetaniyoshi:20190518045838j:plain

【この大学の魅力: 生徒目線】
① 大学主催の大規模なイベントが多い。アディダスとコラボしたマラソン大会、スペインを代表するビールの銘柄エストレージャとコラボした音楽祭、哲学部主催の「バルセロナ哲学週間」、名高い音楽家が集うクリスマスのコンサート、映画祭、女性の権力回復の日 (全員が紫のTシャツで登校するユニークな日)、大規模学生デモなど多岐にわたるイベントが年間を通して行われる。

f:id:kaedetaniyoshi:20190518001643j:plain

② カルペタのデザインがずば抜け。スペインの大学生が持っているカルペタ (書類やノートを挟むバインダー) は、学校、年次ごとにデザインが異なるのだが、バルセロナ大学のは他校の生徒から羨ましがられるほどセンスが良い。

f:id:kaedetaniyoshi:20190518002935j:plain

他の大学のデザインはシンプル。UPC (ポンペウファブラ大学)とUAB (バルセロナ自治大学) のはこんな感じ ↓

f:id:kaedetaniyoshi:20190518003307j:plain

 

③ SNSが発達がすごい。学部・学位・入学年度別、各図書館のフェイスブックページはもちろん、ツイッターやインスタグラム、ユーチューブチャンネルがある。その数なんと100以上!しかも全部ちゃんと生徒によって更新されている。だから休校や急な授業のキャンセルがあってもすぐに情報を得られる。

f:id:kaedetaniyoshi:20190518003934j:plain

哲学部 ↓

f:id:kaedetaniyoshi:20190518004209j:plain

教育学部 ↓

f:id:kaedetaniyoshi:20190518004218j:plain

これを見てもらえばわかる通り多くの生徒から愛されている大学で「学部ごと」はもちろん「入学年度別」の仲間意識がすごい。

④ 教育のレベルと質。なぜ学生のレベルが高いのか、

・入試の難易度が高い
・単位を取るのが大変

・1年間に取れる単位数に制限がある
・大学なのに宿題がある
・PCを操れる生徒が多い
・1,2年次は選択科目がない
→ 2年間はじっくり広範囲の基礎知識を養う
・教授の数が多い
→ 1科目につき3,4グループはある (3,4人の教授がいる) ため先生を自由に選べる、1人1人に学習相談を定期的にする担当教員がいる
・単位取得のための評価は1回テストではない
→ 半期の間に最低2回のプレゼン、数度のレポート提出、2回の筆記テストなど。
・テスト週間が存在しない
→ テストに向けて勉強しましょう!という時間はない。日頃から復習をきちんとし、理解しておく必要がある。
・午前のコースと午後のコースにわかれている
→ 8時半〜14時のコースと15時半〜21時のコースがある。午前やった内容と同じことが午後のコースでも行われる。生徒は好きな方を選べるが、それぞれに定員があるため、学力順に選ぶ権利が与えられる。コース分けのおかげで「あ〜2時間空きがある」ということがなく、時間を有効的に使える。

f:id:kaedetaniyoshi:20190518004932j:plain

学部ごとにもしっかりとしたカリキュラムが組まれている。哲学部の授業は全てパワーポイントを用いながら行われる。(手元には教科書とパソコンかアイパッド。) 

・執筆活動、研究経験、数々の賞を受賞している教授が多いため、授業中に自らの考察、意見、論文もしっかりシェアしてくれる。毎時間為になる。

・スペイン国外でも活躍する教授も多数=ヨーロッパ内外の繋がりが深い → 1年に数回「授業交換」として各国の教授が授業をしに来てくれる!昨年度、哲学部へはドイツ、フランス、イタリア、アイルランド、メキシコ、アルゼンチンから。

⑤ キャンパスの中に発掘中の遺跡。哲学・歴史・考古学部がメイン校舎に入っていないワケは…近くに現在も発掘中の重要遺跡があり、そこに現代的キャンパスを作ることになったから。まあ、確かに数学部がその遺跡の横で学ぶよりしっくりくる。…毎日掘ってる作業が見れる特権 (笑)

f:id:kaedetaniyoshi:20190518013606j:plain

⑥ 文武両道!

f:id:kaedetaniyoshi:20190518022053j:plain

⑦ グッズがすごい。↓ こちらはバルセロナ大学のショップで購入可能な公式グッズたち。案外、観光客の人たちから人気みたい。生徒は年始に非売品グッズ (手帳とノート) がもらえる。

f:id:kaedetaniyoshi:20190518034240j:plain

想像の2倍の文量になってしまった。

大学のHPはコチラから

↓ イタリアのカラブリア大学の様子・システム・情報は下の記事に有!

おすすめ記事: