BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【新鮮な刺身がお手頃価格で買える市場】バルセロナ中心地

「バルセロナで寿司や刺身を家で食べたい!でもどこに生で食べても大丈夫な新鮮な魚を売ってるの?」という人のためにおすすめの魚屋さんを紹介!そこは安価で美味しい魚が買える。もちろん生で食べても大丈夫。その魚屋さんの名前は Peix Fresc J Arrom という。カタルーニャ語の名前。

f:id:kaedetaniyoshi:20180321220152j:plain

この魚屋さんはバルセロナの中心地、カテドラルの横にある El Mercado de Santa Caterina (サンタカテリーナ市場) の中に入っている。屋根が特徴的なこの市場は、今や観光地の1つにもなっているボケリア市場と違って落ち着いてるし綺麗。魚屋の他にもパン屋や総菜屋、八百屋さんやハム、チーズなど様々なお店がある。奥の方に魚屋さんが3,4つあるんだけど、そのうちの1つがここ!目印はロゴや名前かな。営業時間火曜日と水曜日の7:30〜15:30木曜と金曜は7:30〜20:30土曜は07:30〜15:30。お昼の時間帯にいくのがおすすめ!土曜の12時とか。平日も13時前後がいいかも。

f:id:kaedetaniyoshi:20180321220230j:plain

 バルセロナで生活してると、色々なスーパーや魚屋さんで魚を見かける。でも魚屋さんの魚だったら安心!という訳でもなく、鮮度は本当に大切。この Peix Fresc J Arrom は日本料理レストランや寿司を扱うレストランの人が買う場所でもあるから安心。「刺身有ります」という日本語の張り紙も何気に貼ってある。私が寿司のネタにするために買ったことある魚はマグロ (atún: アトゥン) とサーモン (salmón: サルモン) で、マグロはサーモンより高い。サーモンは油がのっててすごく美味しいこともあっていつもサーモンの方を多く買う。f:id:kaedetaniyoshi:20180321221501j:plainグラムで注文してもいいんだけど何グラムが何人前なのかどれくらいなのかよくわからないからいつも「そのサーモンを一切れください」とか「そこのサーモンの半分をください」というふうに頼む。サーモンなら5ユーロほどで『2人がお腹いっぱいになる刺身』の量が買える。5,6人でちらし寿司パーティーをした時はサーモンとマグロを買って (サーモンはマグロの倍の量)、14ユーロくらいだった。とりあえずスーパーと値段はそんなに変わらないのに、というかむしろ少し安いのに新鮮で美味しい魚が買えるのはありがたい。それにレストランに行って食べるより断然安いからおすすめ。もちろんここで買った魚を刺身にして食べて1回もお腹を壊したことはない。

f:id:kaedetaniyoshi:20180321222943j:plain

混んでる時は番号札をとって待つ。上の写真で「47」とかかれてる画面があるけど、あそこに自分の番号が出たら、番!「サーモン一切れください」と言いたい時はスペイン語で『Un trozo de salmón, por favor (ウン トローソ デ サルモン ポル ファボール).』で良い。難しかったら「サーモンを少し買いたいんだ。」でもいい『Quiero comprar un poco de salmón (キエロ コンプラール ウン ポコ デ サルモン)』っていう。

f:id:kaedetaniyoshi:20180321223035j:plain

白ご飯を炊いて、サーモンをさばいて、醤油とわさびをのせたらあっという間に美味しい美味しいサーモン丼!バルセロナで刺身、寿司を作るならぜひ Peix Fresc J Arromで買ってみてください。

 

関連記事: