BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 インスタもラインもIDは kaeminkk です!

【目移りする可愛さ】バルセロナにある昔ながらのキャンドル屋さん

今日紹介するのはバルセロナで1番おすすめのキャンドル屋さん Cereria Subirà (セレリーア・スビラ)。風格からわかる通り、1761年創業の歴史あるお店だ。※セレリーアはカタルーニャ語でキャンドル専門店を意味する。

f:id:kaedetaniyoshi:20190323185546j:plain

中に入ると…

f:id:kaedetaniyoshi:20190323191156j:plain

この通り、目移りするほど色鮮やかで可愛いキャンドルたちがズラリと並んでいて、1つ1つ見ていきたくなる。あ、中には触ってはいけない表示がついているものもあるので注意!

f:id:kaedetaniyoshi:20190323192437j:plain

瓶に入った良い香りのするアロマタイプからお祈り用まで様々で、その季節に合わせた新商品 (イースター、春、夏、秋、クリスマスなど) も置かれているため、いつ行っても楽しい!それぞれの商品には基本的に小さなタグがついている。「7'50」とあれば、それは7ユーロ50セント (約960円) のこと。

f:id:kaedetaniyoshi:20190323192501j:plain

こういうお店でみんなが気になるのは「値段」「梱包」だろう。値段に関して言えば、ろうそく自体が雑貨やその他のお土産ものに比べると高いから高く感じるが、、、下の写真の貝殻の形のは5ユーロ (約640円)、魚は9.75ユーロ (約1248円)、タツノオトシゴは8ユーロ (約1024円)。小さめの花のキャンドルは平均4ユーロ〜5.50ユーロ。形が凝ってないものはその分、重いし、ロウの割合が高いので値段も高め。

 

梱包は、日本に持って帰る時に壊れないようにしっかりめにしてくれる。箱や硬い何かではなく、紙とかプチプチとか。この前、日本から遊びに来た友達がここでタツノオトシゴとヨットの形のを購入し、無事に持って帰れたよう。(念のためにスーツケースじゃなく手荷物で!)

f:id:kaedetaniyoshi:20190323193544j:plain

カテドラルの真裏にあり、歩いてアクセスがしやすいというのもおすすめポイント!カタルーニャ広場からもランブラス通りからも徒歩8分!住所: Baixada de la Llibreteria 7

f:id:kaedetaniyoshi:20190323190807j:plain

最寄りメトロ駅は Jaume I (L4: 黄色)。駅から徒歩30秒くらいだから迷うことはないと思うけど、目印は HOTEL SUIZO (スイスホテル)。そのホテルの正面入り口の右にある通り。ちなみにこのキャンドル屋さんの右には、私がいつもお香を買いに行くインドっぽい雰囲気のお店がある。

f:id:kaedetaniyoshi:20190323191701j:plain

<営業時間>
月曜-木曜: 9時半〜13時半&16時〜20時
金曜: 9時半〜20時
土曜: 10時〜20時
日曜: 定休日
⚠️ 金曜日以外の平日はお昼休みがある

Cereria Subirà (セレリーア・スビラ) のインスタ (@cereriasubira) も興味がある人はぜひチェック!

おすすめ記事: