BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【創業168年】バルセロナのドライフルーツ専門店

バルセロナのピカソ美術館から徒歩2分のところ (ボルン地区) に、1851年創業のドライフルーツの専門店がある。168年にも渡って市民から愛されているそのお店は CASA GISPERT (カサ・ジスペルト)。内装は、お店ができた当時のまま変わっていない。

f:id:kaedetaniyoshi:20190609083048j:plain

一歩中に入ると、バルセロナの歴史を感じる古い木製の床、棚、壁。

f:id:kaedetaniyoshi:20190609185420j:plain

ドライフルーツやナッツの入れ物も木で出来ていて、どこか暖かい、独特の雰囲気がある。

 

住所: Carrer dels Sombrerers 23
最寄りメトロ: L4 Jaume I (徒歩4分)
インスタ: @casagispert
公式HP: ココをクリック
営業時間: 月〜土の10時〜14時&16時〜20時
*11月17日〜12月24日の火〜土はお昼休みがなく、10時〜20時までずっと開いてる。

【ドライフルーツの買い方】
自分で取る量り売りではなく、お店の人が入れてくれるシステム。従業員さんたちは英語も話せるからスペイン語が出来なくても安心。指をさして「これが少し欲しい」と言えば、小さな紙袋に入れてくれる。

スペイン語:
Hola. (オラ=こんにちは)
Quiero comprar esto. (キエロコンプラールエスト=これが買いたいです)
Un poco. (ウンポコ=少し)
200g. (ドスシエントス・グラーモス)
Un poco más. (ウンポコマス=もうちょっと欲しい)
Un poco menos. (ウンポコメノス=ちょっと減らして)
Está bien. (エスタビエン=それでOKです)
Ya está. (ジャエスタ=買い物は以上で)
Esto también. (エストタンビエン=これもお願い)
Por favor. (ポルファボール=お願いします)
Gracias. (グラシアス=ありがとう)
Yo también quiero esto. (ジョータンビエン・キエロエスト=私もこれが欲しい)
Sí. (シー=はい)、No. (ノー=いいえ)

f:id:kaedetaniyoshi:20190609185839j:plain

紙袋に入れたフルーツを秤に乗せるとシールが出てきて、それをお姉さんが袋に貼って「じゃあこれをそこのレジに持って行って」と。レジが奥にあるのでそこでお支払い。

f:id:kaedetaniyoshi:20190609081602j:plain

昨日はマンゴーとキウイを買った!

マンゴーは100gあたり3ユーロ
キウイは105gあたり1.7ユーロ

合計4.79ユーロ (約622円) だった。

f:id:kaedetaniyoshi:20190609190716j:plain

可愛いデザインの、しっかりした分厚い紙袋だからこのままお土産としてあげることもできる!その上にはたくさん便やプラスチック容器に入ったものもある!

f:id:kaedetaniyoshi:20190609191212j:plain

ここはナッツやアーモンドが特に有名!だけど、ドライトマト、唐辛子、シナモンなどの乾燥調味料も品揃えが豊富で、地元の料理愛好家たちがよく買いに来るらしい。

 

【アクセス】
ピカソ美術館から徒歩2分。サンタマリアダルマル教会の真横にある。

f:id:kaedetaniyoshi:20190609073616j:plain

 教会の正面に立ったら、その左の道へ。

f:id:kaedetaniyoshi:20190609192107j:plain

バルセロナのおすすめ情報 記事一覧

おすすめ記事: