BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【ガイドブックには載ってないスゴイ図書館トップ3】バルセロナ

① Biblioteca Arús
アルス公立図書館は1895年に労働者の教育を目的として創設された。今では現代社会運動を専門とする研究センターであり、労働運動やアナキズム、フリーメーソンに関する特別な文献が収容されている。哲学、宗教、社会科学、言語学、法律、生物学、医学、美術、音楽、文学、地理、歴史など幅広い分野の書籍が揃ってる。歴史を学びたい人にはたまらない図書館で特に、19世紀から20世紀の間にバルセロナで起こった社会運動の歴史を学ぶのに最適。規模は小さめで、中は本がないスペースがないほど…本でいっぱい。アルスさんがバルセロナにこの図書館を寄贈したからアルス図書館っていう。

f:id:kaedetaniyoshi:20181107185422j:plain

観光としてここに入るためには、3つの方法がある。1つ目はオーディオガイドをつけた訪問、2つ目はグループでの訪問、3つ目はプレミアム訪問 (カタルーニャ語を話せる必要がある)。1番対象者が多いであろう1つ目のオーディオガイドについて書くと… インターネットから予約と支払いができて、火曜の11時は英語で、12時からカタルーニャ語で13時からはスペイン語でガイドがつきますよとHPに書いてある。学生、障がいがある方、65歳以上の方なら8.10ユーロで、一般料金は9ユーロ。子供は7歳から12歳なら4,50ユーロ。7歳以下は無料ガイドとかいらなくてただ行くのはもちろん無料。
f:id:kaedetaniyoshi:20180622013645p:plain
カタルーニャ語かスペイン語がわかったら尚楽しめるけど、もしわからなくても雰囲気だけを楽しむ価値あり!ここの図書館のインスタは ↓
Cases Singulars (@casessingulars) 

ここは図書館っていうより博物館みたいな感じ。貴族が使ってた木製の椅子や家具がたくさんあるし、入り口には自由の女神のレプリカがあるし、床もおしゃれだし、イオニア柱もあるし…!ハリーポッターの舞台になっててもおかしくなさそうな場所。フリーメーソンについてのセミナーもたまに行われるし…独特な雰囲気。

f:id:kaedetaniyoshi:20181107185435j:plain

気になる場所は中心地からもアクセスしやすい、凱旋門のすぐ近く。開館時間は…月曜と水曜と金曜は9:30から15時までで、火曜と木曜は16時から21時まで

f:id:kaedetaniyoshi:20181107185449p:plain

② Ateneu Barcelonès

ここ、アテネウは何回も行ったことがある大好きな空間。真っ正面に住んでたから家から歩いて数秒だったし、雰囲気が好きだった。しかもゆっくりくつろげる中庭も、カフェテリアもある。勉強するスペースもあるから特におすすめ。カタルーニャ広場から数分で着く。ランブラスの横でもある。政治、哲学、歴史、視覚芸術、映画、テクノロジー、経済、演劇、言語、文学など、ここの図書館にも幅広い書籍がある。Wi-Fiも有。

f:id:kaedetaniyoshi:20181107185505j:plain

Canuda (カヌダ) 通りにあって、この図書館はマドリッド広場に面してるから、ここへ行くとローマ時代のお墓も無料で見ることができる。FBページは ↓
https://www.facebook.com/ateneubcn/

ここは「カタルーニャ」の色が濃い施設。

f:id:kaedetaniyoshi:20181107185626p:plain

ここは有料 (会員制) だから、バルセロナに住んでる人でここを気に入った人は会員登録をした方がいい。簡単にその場で登録できてすぐにカードがもらえる。60ユーロを会費として納めて、あとは月々のお金32.90ユーロが必要。(3ヶ月か半年か1年か選べる) 大学の図書館は無料だから、わざわざここで勉強するのは económico じゃないけどね。最初の60ユーロの時点で高く感じるけど、友達割引やカップル割引、夫婦割、学割、外国人移住者割引とかいっぱいあるから。実際はそれより少ない額を払う。

f:id:kaedetaniyoshi:20181107185508j:plain

サンジョルディの日とかカタルーニャの祝日の日には無料開放されることが多くて、その日を狙っていくのもオススメ。

③ Biblioteca de la Universidad Pompeu Fabra (通称: biblioteca de la UPF)

ポンペウファブラ図書館は世界的にすごく有名。この図書館目当てでUPFに行こうかと一瞬思ったほど美しい。世界の美しい図書館ランキングでいつも20〜23番に入ってる。ここは昔、貯水庫だったからこんなに高さをとれる、アーチがとても綺麗。国公立大学の図書館で学生や一般の人が勉強に使うエリアだから誰でも自由に入ることができる。

f:id:kaedetaniyoshi:20181107185529j:plain

カタルーニャ広場あたりからもちろん歩いていける距離だけど、30分ほど歩くからメトロやトラムに乗ってもok。メトロは黄色の線の Vila Olímpica 駅が最寄りになる。メトロ降りたら歩いて5分かからないくらい。

f:id:kaedetaniyoshi:20181107185537p:plain

ここの図書館への行き方 (大学の入り口から図書館の入り口、そしてこの綺麗な部分へのたどり着き方) は日本語で何人かの人がもう既にブログを書いてるから割愛。気になる人は「ポンペウファブラ図書館」ってワードを入れて検索してみてね。

f:id:kaedetaniyoshi:20181107185522j:plain

あまり知られてないけど行ってみる価値がすごくある図書館たちの紹介でした。

 

関連記事: