BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペイン大学共通入試・スペインとイタリアの大学生活・EU旅行・文化の違い・言語学・哲学・5ヶ国語・バルセロナの歴史・おすすめレストラン・穴場など日々幅広いジャンルの記事を執筆中。

【地元民が行くレストラン】バルセロナ

バルセロナには観光客向けレストランや世界各国のレストランがあり、様々な料理が味わえるが、せっかくバルセロナに来たのだからここでしか食べれない料理が食べたい!と思う人も多いはず。そこでオススメするのが地元民が行く昔ながらのレストラン TASCA I VINS (お店のHPはコチラから!)。ここはスペイン料理、カタルーニャ伝統料理が安く美味しく食べられる。

f:id:kaedetaniyoshi:20180810183559j:plain

現在、バルセロナには3店舗あり、私がしょっちゅう行くのはカサバトリョの近く、ディプタシオ (diptació) 通りにあるところ。

 

特にオススメなのは何と言ってもお昼のメニュー!10ユーロ以下でファーストプレートセカンドプレートデザートパンそして飲み物 (ワインかビールかお水) が味わえるというもの。ランチメニューはスペイン語でメヌー デル ディア (MENÚ DEL DíA) という。カタルーニャ語で書かれていてその後ろにはスペイン語があり、これは観光客向けのメニューではないし日替わりなため、英語は用意されていない。

・9.95ユーロのメニュー (ノーマル)
10.45ユーロメニュー (食後のコーヒー付)

の2種類がポピュラー。スペイン語で「こちらをお願いします。」は『エスト(これを) ポルファボール (お願いします)』だけどスペイン語が喋れるのかと思われて質問されたら困る!という人は無難にカタコト英語で「this one please.」と言う方がいいかもしれない。お店の人も英語がペラペラじゃないからゆっくり短文で答えてくれるはず。(下の写真は2018年1月現在のものだから今後少し値上がりする可能性アリ)

f:id:kaedetaniyoshi:20180810183651j:plain

バルセロナで有名なランブラス通りやその周辺にあるお店は多くがスペイン人が経営してない感じで、パエリアはパエリアでも冷凍のを提供して10ユーロ以上というところも少なくない。が、ここでは本物のパエリアが食べられる。メニューは毎日日替わりで、入り口を入って左手にその日のメニューがわかりやすく並べられている。だからスペイン語やカタルーニャ語がわからなくても番号を覚えておけばok!上の段から1つ、下の段から1つ選ぶようになっている。この日、私はトルティージャとサラダとポテトのこのプレートをファーストとして選んだ。友人はパスタをチョイス。

f:id:kaedetaniyoshi:20180810183802j:plain

そしてセカンドプレートはパエリアを。

f:id:kaedetaniyoshi:20180810183744j:plain

この日はなかったが、ここはガスパッチョもすごく美味しい。ガスパッチョとはアンダルシア地方の冷製スープ。(レストランのFBにたくさん料理の写真があるので参考までに: FBページの写真一覧)

f:id:kaedetaniyoshi:20180810183727j:plain

パエリアも野菜のものであったり、うさぎの肉のであったり、イカスミだったり、海鮮だったり、、、その日その日で違うので毎日行っても飽きることなく楽しめる。

f:id:kaedetaniyoshi:20180810183712j:plain

ファーストプレートとメインを食べ終えるとデザートは何にするかウエイターの人が聞きに来てくれる。昼のピークすぎに行って売り切れでない限りあるのが、クレマ カタラナ (カタルーニャ伝統プリン: 下の写真)、自家製ケーキヨーグルト日替わりフルーツ手作りレモネードシャーベットトゥロン味アイスのチョコレートがけなど。

f:id:kaedetaniyoshi:20180810183822j:plain

このレストランへのアクセス: カサバトリョから歩いて8分 (600m)、カタルーニャ広場から歩いて12分という距離。ランブラス通やパッセージデグラシア通りなどの大きな通りに比べてわかりにくい場所にあるので、事前に場所を調べて置くか、グーグルの位置情報を使いながら行けば迷うことはない。

f:id:kaedetaniyoshi:20180810183826j:plain

Tasca i Vins, Carrer de la Diputació, 304, 08009 Barcelona, España が住所。美味しいスペイン料理 + バルセロナで安いランチを食べたい時はここ!

2018年夏、残念ながらこのディプタシオ通りのお店は一時閉鎖中 😢

行ってみたい人はサグラダファミリアから徒歩8分の場所にある別の店舗へ!住所は Carrer de la Indústria, 118, Barcelona で、サグラダファミリアからサンパウ病院へ向かう途中にある。 

f:id:kaedetaniyoshi:20180925193704p:plain

2019年1月15日に更新情報:
このサグラダファミリア店も入り口を入ったらすぐに今日のメニューのサンプルが置いてあるから実際に目で見て選べる!
・日替わりメニュー: 9.95ユーロ (ファーストプレート・セカンドプレート・1ドリンク (水かワインかビール)・デザート) 超お得!
日替わりメニューと食後のお茶: 10.45ユーロ (ファーストプレート・セカンドプレート・1ドリンク・デザート+食後の紅茶かコーヒー付)!
このメニューはこの記事の前半にも書いたが、スペイン語で el menú diario (エル・メヌーディアリオ) または el menú del día (エル・メヌーデルディア) と言う。観光客だと思われて英語のメニュー渡されたらこの単語を言おう!
・スターメニュー (Menú Estrella): 13.45ユーロ (ファーストプレート・セカンドプレート・1ドリンク・デザート) だけど、日替わりメニューよりも選べるプレートが豪華で選択肢が多い。飲み物も!

f:id:kaedetaniyoshi:20190115212730j:plain

冬頃 (12月〜3月下旬) にバルセロナを訪れたなら、絶対にこのレストランで食べてほしい一品がある。それはカタルーニャ名物カルソッツ (Calçots)!炭火で焼いた柔らかい白ネギを最高に美味しいソースで食べるというシンプルな料理!下の記事の③で紹介してるので気になる人は ↓ を!

冬季限定カルソッツメニュー (Menú de calçots) は、カルソッツ (15本のネギ) + 選べるセカンドプレート + デザートと飲み物と食後のコーヒーのセットでたった19.95ユーロ!2人以上でシェアしたい場合、このメニュー1つともう一品、パエリアとかを頼んだらちょうどいい。

f:id:kaedetaniyoshi:20190120201337j:plain

この記事を最初に書いてから1年経ったので…
2019年最新情報を ↓ 更新しました。

2019年3月〜5月にバルセロナに来る人には人間の塔を見れるチャンスが!

その他のおすすめ: