BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【バルセロナでおすすめ海鮮料理】タパスレストラン

今日紹介するのはテニス仲間のスペイン人、ダニー (超美食家) がおすすめするタパスのレストラン海鮮が好きな人は絶対行ったほうがいい。カサバトリョから歩いて3分、カタルーニャ広場からも徒歩7分。

f:id:kaedetaniyoshi:20181011002005j:plain

レストランの名前は VINITUS (ビニトゥス) で住所は Carrer de Consell de Cent 333。ここでは海鮮メインの地中海料理・スペイン料理が味わえる。

 

1人平均15ユーロ〜25ユーロ。ピンチョス・タパス・メインディッシュを多く頼めば1人で30ユーロ行くこともある。お酒を飲む人はもう少し高くなる。サングリアワイン10.60ユーロ、カバのサングリアは13.60ユーロで、ビール1杯3.10ユーロ。コーラやファンタは2.85ユーロ、コーヒーは1.85ユーロ。
公式HP: https://vinitusbarcelona.net/

f:id:kaedetaniyoshi:20181010223126j:plain

夏場や週末の夜は混みやすい。並びたくない人は、混む時間帯 (昼14時前後と夜21時半〜22時半) を避けて行くか、予約しておくべき。

f:id:kaedetaniyoshi:20181011002021j:plain

魚がだめな人は肉のピンチョスを食べたり、野菜のグリル、海鮮じゃないパエリアが食べれる。カタルーニャ人がメインディッシュを待つ間に頼んでみんなでシェアする定番は パタータス ブラーバス (patatas bravas) という料理。ローストポテトにブラバソース (トマトとパプリカとちょっとチリが入った美味しいカタルーニャ発祥のソース) をかけたもの。

f:id:kaedetaniyoshi:20181011002024j:plain

個人的にはここはピンチョスよりタパスが好き。ピンチョスはカテドラルの横にあるビルバオっていうレストランのほうが美味しい。↓ の記事の中の3番目のレストラン。
【バルセロナの若者が好むレストラン】

f:id:kaedetaniyoshi:20181011002030j:plain

学生にとっては安くないレストランだから、たま〜〜に行く感じ。ガイドブックにも載ってるそうで、日本人のお客さんもいるお店。