BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【スペインのアカデミアの学費・雰囲気】大学受験コースの例

 

スペインの大学入試を受けるためにバルセロナにある GUIU (ギウ) というアカデミアに通った。10月頭〜翌年5月末まで 大学受験対策コース8ヵ月を受講した。試験当日の6月1日も先生たちは試験会場まで応援しにきてくれたし、大学入る一歩手前の出願手続きまで面倒をよく見てくれた良い学校だった。GUIU1892年からあるアカデミア。最初に質問に行った時から雰囲気がとても気に入った。バルセロナの中心部にある4つの学校に直接質問をしに行った。ここが4つ目の学校だった。それぞれで具体的なクラスの内容、どんな対策ができるのか、どこからどこまで手伝ってくれるのか等を聞いた。予想よりお金、授業時間や手伝ってくれる内容、先生の数、教えてもらえる科目数に開きがあった。

f:id:kaedetaniyoshi:20181010011403j:plain

GUIU はちゃんと生徒の情報を管理してくれるサラっていう名前の秘書がいた。サラは毎日きれいな服を着てる。”THE 秘書のお姉さん” って感じの雰囲気。あとの学校は「この人先生?事務員さん?だれ?」みたいなラフな格好をした人が説明してくれた。他の学校と違ってここはアカデミアのパンフレットがある。グッズもある。最初は「こんなの作るお金があるってことは学費無駄に高そうー」と思ったけど、受験対策の説明を聞いてみると完璧だった。で、授業料は他とそーんなに変わらない。だったらきっちりしてる歴史あるここにしようと決めた。立地もすごくいい。カサバトリョから徒歩2分。

f:id:kaedetaniyoshi:20181010014744j:plain

めちゃくちゃ大人しくて賢いゴールデンレトリバーが1匹いて和やかな廊下。

f:id:kaedetaniyoshi:20181010014617j:plain

午前コース (9h〜14h) と午後コース (17h〜22h) があって、私は午前だった。文系と理系に分かれてて、その中に更に2グループあった。この細かいグループは入学してすぐあるテストの点数によって分かれる。

f:id:kaedetaniyoshi:20181010022051j:plain

クラスがある日ない日、何時からなのか、時間変更はあるのか、全て前もってメールでサラが連絡してくれた。だから時間を無駄にしたことはない。先生たちも授業が始まる2,3分前には教室にきて、その日の授業の準備をしていた。(普通スペインは結構時間や予定にルーズで日本みたいにきっちり予定通りにいかないことが多い。) この国は授業に遅れてきても「遅れてすみません」と言う必要がない。毎朝何人か遅れてくるけどそのままスーッと席に着く。でもこのアカデミアは『遅れてきた人は受験にも遅れます。遅れる癖をつけていてはいけません。遅刻した人はクラスを受けれません。』と時間に厳しかった。このメリハリ、良かった。

 

私が通ってた時の生徒の国籍6割が南米 (メキシコ・パラグアイ・チリ・ベネズエラ・アルゼンチン・ペルー・コロンビア・エクアドル・ホンジュラス・パナマ)、1.5割ロシア・カザフスタン、1割スペイン人、0.5割アジア、0.5割その他のヨーロッパの国、0.5割パキスタン・アフリカ

f:id:kaedetaniyoshi:20181010011609j:plain

受験科目数によって授業料が違う。私は必須科目3つと選択科目1つ合計4科目受けた。人によって受験科目の数は違う。4科目が1番少ない (最低4科目受けないといけない)。大体の人は5〜6科目受ける。広く浅く勉強するか、狭く深く勉強して高得点を狙うかは自分次第ということ。私が申し込み時に一括で払ったお金は『登録料200ユーロ+科目の授業料3760ユーロ=大体53万4600円』だった。教材費こみ。(文学史をする人は本は別で買わないといけない。8〜10冊で合計1万円くらい。) あと受験までに必要だったお金は受験料 (登録料19ユーロ+初回受験者131ユーロ=150ユーロ) だけかな。オモロガシオンはもう自分で教育省に行って申請してたからアカデミアに何もしてもらわなかったけど、それもここでしてもらえたらしい。

f:id:kaedetaniyoshi:20181010014514j:plain

8ヵ月で最低55万円かかるアカデミア。このお金の何倍もの価値が得られた時間だった。知識は勿論、友達も自信も。スペインの大学受験に関する記事に興味がある人は下のリンクから!