BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【観光客は知らない】サクラダファミリア特別招待と無料開放日

実は1年に2,3回、サグラダファミリアに「無料招待」されるチャンスがある。特別招待だからもちろん一般客は1人もいない状態。普段は、聖堂内に観光客がたくさんいるが、招待客だけ!となるとサグラダファミリア独特の聖なる静けさに包み込まれる。ラッキーなことに2016年と2017年で3回もそのチケットをGETした。↓ これが2017年4月の招待イベントの当選メンバー!「…でもなんで?」「どうやって?」「いつ?」…今日はそのマル秘情報を大公開!

f:id:kaedetaniyoshi:20180810181911j:plain

<なぜか>
バルセロナには大きなイベントが2つある。それはサンジョルディの日 (4月23日) とメルセー祭 (9月22-24日) である。その時に、多くの有名観光スポット (普段は入場が有料の場所) では無料開放というイベントを行う。この無料開放日 (公開日) はスペイン語で JORNADAS DE PUERTAS ABIERTAS と呼ばれる。スペイン広場のところにある国立カタルーニャ美術館 (MNAC) やサンパウ病院、迷路のオルタ公園、その他国立美術館などは当日そこへ行けば無料で中に入れる。しかし、グエル公園グエル邸カサバトリョカサミラ、そしてサグラダファミリアは行きたい人が膨大な数いるから事前応募・もしくは当日の朝早い者勝ちで整理券を配るという方法をとっている。

f:id:kaedetaniyoshi:20180810181651j:plain

<サグラダファミリアへ応募>
自分から公式ホームページ応募する。いつでもできるわけじゃなくてそのイベントの1,2週間前に一定期間だけ応募受付時間がある。FBページでも応募ページへのリンクが載る。応募フォームに名前、年齢、国籍などを入れるだけ。後日、当選した人にのみメールで連絡がいく。当選メールにはパスワードが書かれて、それを普段チケットを買うページの特別コードっていう場所に入力したら…0ユーロチケットが発券完了!

f:id:kaedetaniyoshi:20180810181617j:plain

<サンジョルディの日とメルセー祭の時の招待の違い>
サンジョルディの日は「カップルや夫婦や男女ペア招待!」の感じが強い。だから当選者は誰かもう1人招待することが出来る。しかも当日、男性に非売品の本、女性の方にバラをくれる!この本がまた良いーー!

f:id:kaedetaniyoshi:20180810181945j:plain

入口で受け取って中に入る。当選してから時間帯が早い者勝ちで選べて、合計8グループ。それぞれにサグラダファミリア専門ガイドの女性がついてて、普段登れない上の方まで説明しながら案内してくれる。フリーな時間もあるから人が全然いないサグラダファミリア内部の写真もたくさん撮れる。ガイドの言語はカタルーニャ語。スペイン語の人もいたみたい。すごく親切な人だった。

f:id:kaedetaniyoshi:20180810181958j:plain

初めてここへ行った ↓

f:id:kaedetaniyoshi:20180810182003j:plain

サンジョルディの日はやっぱり楽しい。1,2日後にはFACEBOOKに特別招待っていう動画を載せてくれるから尚更いい思い出になる。

f:id:kaedetaniyoshi:20180810182013j:plain

その動画は下のリンクから!

<メルセー祭の時>
2016年のメルセー祭の招待はなんと2回も当選!9月24日と26日に行けて感動!中も特別使用だった。

f:id:kaedetaniyoshi:20180810181820j:plainf:id:kaedetaniyoshi:20180810181822j:plain

2016年は完成予定の2016年まであとちょうど10年!ってことでお祝いムードでもあった。

f:id:kaedetaniyoshi:20180810181837j:plain

毎回、当選者の名前がネットに開示されるんだけどほとんどがスペイン人。バルセロナ在住で「何かいつもと違うトクベツなイベントに参加してみたい!」「サプライズをしたい!」って人は是非1度応募してみては…!

 

関連記事: