BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【バルセロナで1番おすすめの語学学校】通った感想

バルセロナで1番オススメの語学学校は International House Barcelona (インターナショナル ハウス バルセロナ) で、私は2012年と2014年に2回通ったことがある。弟も1回通ったことがあって、今年の夏も通う予定。インターナショナルハウスは世界50ヶ国以上に約150校以上をもつ大きな学校。スペインにもバルセロナの他にマドリッド・コルドバ・サラゴサ・バレンシア・セビージャ・カディス・パルマ・マタローなどなど15ヶ所以上にある。だからスペインに語学留学を考えている人も参考に!おすすめポイントを4つ、実際に通った感想もふまえて書いてみる。

f:id:kaedetaniyoshi:20180809210622j:plain

① 先生の数、出身国
インターナショナルハウスにはスペイン人の先生 (大半) はもちろん、南米 (メキシコ、アルゼンチンなど) 出身の先生もいる。だから様々なアクセントでスペイン語を学ぶことができるし、先生によって教え方が違う。マニュアルはあるものの、1人1人がオリジナルの勉強方法を考えてくれている感じがとても伝わる。授業確認テスト兼、上のクラスへ上がるためのテストが何週間かに1度あるから先生が変わる可能性も高い。(確か2週間に1回だったような…) 今までにトータル9ヶ月ここに通ってスペイン語を何も知らない状態からB2.2レベルまで勉強した。授業を受けたことがある先生は10人ちょっといて、その中でも César っていうメキシコ人の男の先生の教え方はめちゃくちゃ良かった。この先生と出会えてなかったら半年でA1から中級までいってないだろうなーと思う。すごくフレンドリーな先生で、週末に山にクラスみんな6人でピクニックへ行ったり、海でそれぞれの国のご飯を作ってきてみんなで食べたり…。その他の先生のクラスも本当に楽しかった。

f:id:kaedetaniyoshi:20180809210626j:plain

生徒はヨーロッパ国籍の人が多い。アジア人は割と、短期じゃなくて長期でここに通ってる人が多い。だから最後の中級レベル、中上級レベルに上がった時には私と中国人2人と韓国人1人とあとヨーロッパ国籍の子が3,4人とかだった。日本人とクラスが一緒になったことは1回 (1人) しかない。日本人が少ないのも選んだ理由の1つ。いっぱいいたら絶対上達しないし。

② 授業料
今までに何回かインスタのDMでオススメの語学学校を聞かれたことがあった。授業料も聞かれたことがあったからその都度教えてあげたんだけど、先日メッセージを送ってくれた子は「Enforex っていう語学学校を考えているんですけど…」と言ってて彼女は半年で160万の授業料がインターナショナルハウスと比べてどうかと。めちゃくちゃEnforex は高い。だってIHは…半年で大体50万円

f:id:kaedetaniyoshi:20180809210637j:plain

インテンシブコース

- 毎週月曜〜金曜の9:30〜13:30の授業で
- 1日4時間=週に20時間
- クラスの生徒数は平均7人、最高10人
- A1レベルからC1, C2 まで全レベル
- 16歳以上

で、授業料は、


1週間 210ユーロ
2週間 420ユーロ
3週間〜6週間なら1週間あたり  200ユーロ
7週間〜12週間なら1週間あたり   190ユーロ
13週間〜23週間なら1週間あたり 175ユーロ
24週間〜41週間なら1週間あたり  160ユーロ
42週間以上なら1週間あたり    145ユーロ

例えば半年(24週間) 通いたいなら、
160ユーロ × 24 =3840ユーロ50万円

 

③ 日本人の事務員さんがいてくれる
これはすごく大きい。インターナショナルハウスバルセロナには佐藤アケミさんという日本人事務員の方が勤められている。高校の夏休み、初めて行った時から本当にお世話になった。いつもクラスのこと、ピソのこと、ホームステイ先の家族との関係など色々な面でサポートしてくださり、近くに日本語で相談できる相手がいるってだけで本当に心強かった。これは日本にいる家族にとってもそう。

f:id:kaedetaniyoshi:20180809210650j:plain

↑ パンフとHPの写真を撮影した日。

④ 放課後のアクティビティ
毎日放課後、夕方にアクティビティがある。強制じゃなくて行きたい人が行きたい日に参加できるもの。街の有名な場所はもちろん、あまり知られてないけど歴史があるスポットまで先生がスペイン語でガイドしながら歩いてくれる。予約不要で、毎日16時に受付の前集合だった。その内容は、スペインオリンピックの時に建てられたモニュメントを巡るツアーの日もあれば、ガウディの手がけた作品を巡り、海沿いの歴史を聞きながら歩く日、グエル公園やサグラダファミリアなど有名な場所にみんなで行く日もあれば、ランブラス付近の歴史的建造物を知る日、モデルニスモっていう芸術運動から作られた建物巡りとその歴史など。この活動では、クラスの枠を超えて様々な人と友達になれる。新しい場所を発見する楽しさを感じつつ、バルセロナの歴史の授業でもある時間は有意義なものだった。土日は電車を使っていくモンセラットやちょっと足を伸ばした活動があって、それは受付のところにあるその月の予定カレンダーで見ることができる。先生と友達と行くのは1人で行くより断然安心だし楽しいしスペイン語力をつけるのにも最高。

f:id:kaedetaniyoshi:20180809210643j:plain

こんな感じで楽しい時間を過ごしつつ、語力も確実に伸ばせた語学学校だったからみんなにオススメする。

 

関連記事: