BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活7年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【スペイン国立大学】バルセロナにある大学の偏差値と印象

多くの大学が inscripción の時点で「PAU 最低ラインの 5.000 必要」としてる。つまり、SELE (日本でいうセンター入試) で5点以上とれればどこかの大学には入れるということ。下のリストはバルセロナにある芸術・人文系学部のもの。これを見ると各大学の学部の偏差値が大体分かる。バルセロナには国公立大が9校、私立大が15校ほどある。一応、"賢い"大学ランキングは存在するが、日本ほど生徒が意識し合ってない。

f:id:kaedetaniyoshi:20180603224418j:plain

バルセロナで大きい (有名な) 国公立大学は4校、

 


Universitat de Autónoma de Barcelona (UAB)
Universitat de Barcelona (UB)
Universitat de Politécnica de Catalunya (UPC)
Universitat Pompeu Fabra (UPF)

市内でもスペイン国内でもトップは UB (Universitat de Barcelona) で、2018年現在の最新データでもダントツの1位。2位は Universidad Complutense de Madrid で、3位は Universidad de Valencia。このランキングが気になる方は下の記事を。

バルセロナ大学の授業のレベルと質の高さが自分にとっての 普通 (基準) だった。が、別の大学で勉強をして初めてUBの凄さに気づけた。

バイトしようかとか遊びに行こうかとか思う隙間もないほど勉強三昧の日々で、朝から晩まで土日も勉強。それでも単位を取るのが大変。

カタルーニャ語でほとんどの授業を受けなければならない「哲学部」が特に難しいのかもしれない。スペイン語がC1-C2レベルであっても、単位取得は決して容易ではない。カタルーニャ語で授業内容を理解し、休み時間はギリシア語やドイツ語の本を何十冊と読む日々。

…スペインやEUの企業に就職したい人にとって「バルセロナ大学卒」という肩書きは絶対大きな武器になるだろうなってくらいのエリート校。f:id:kaedetaniyoshi:20180704193325j:plain上に挙げたバルセロナにある代表的な大学、UAB・UB・UPC・UPF について少し余談。私が4年、現地で学生生活をしてる中で抱いたイメージだけど、もし新しく出会った子が、各大学の名前を言ったらどんな印象を抱くか。

「UABで勉強してるよ」
→ " 家がバルセロナの中心地にないのかな?遠くの大学行ってるんだなー。人類学か社会学でも学びたいのかな、アジア研究とか日本に興味あるとかかな? (UBにはない学部に通いたかったのかなと思う) 緑が多い環境で落ち着いて勉強できてそう。でも日本人留学生多そう。 "

「UBの学生だよ」
→ " 賢そう。"

「僕はUPCで学んでる」
→ "建築かコンピューター工学でも勉強してるのかな?それかエンジニアとか?まあ理系だな!男子多そう。"

「UPFに通ってるよ」
→ "理系の学部かな。バイオテクノロジーとか?男子多そう。" 

バルセロナ生活 記事一覧 

バルセロナのおすすめ情報 記事一覧

スペインの大学情報 記事一覧

おすすめ記事: