BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活7年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【個人的な見解付き】2020年スペイン大学ランキングTOP10

これまでのランキング記事 (2018年版2019年版) よりも、更に見やすい2020年最新版を。f:id:kaedetaniyoshi:20200103062923j:plain

第1位: Universitat de Barcelona
バルセロナ大学 (UB)

・世界ランキング165位
・国立大学
・生徒数: 4万5494人
・教員&スタッフ数: 3905人 
・就職ランキング: 80位 ↓

第2位: Universitat Autònoma de Barcelona
バルセロナ自治大学 (UAB)

・世界ランキング188位
・国立大学
・生徒数: 3万0837人
・就職ランキング: -

第3位: Universidad Autónoma de Madrid
マドリッド自治大学 (UAM)

・世界ランキング192位
・国立大学
・生徒数: 2万8741人
・教員&スタッフ数: 2869人 
・就職ランキング: 141-150位 ↑

第4位: Universidad Complutense de Madrid
マドリッド・コンプルテンセ大学 (UCM)

・世界ランキング192位
・国立大学
・生徒数: 6万0471人
・就職ランキング: 94位 ↓

第5位: Universidad de Navarra
ナバーラ大学 (UNAV)

・世界ランキング245位
・私立大学
・生徒数: 1万0800人
・就職ランキング: -

【1位-5位の大学について】
毎年、TOP5にランクインしているお馴染みの大学たち。2019年版ランキングで1位を獲得していたマドリッド自治大学が3位へ、UBとUABが上位をキープし、5位に私立のナバーラ大学、という順位になっている。

 

第6位: Universitat Pompeu Fabra
ポンペウファブラ大学 (UPF)

・世界ランキング285位
・国立大学
・生徒数: 1万1812人
・教員&スタッフ数: 784人 
・就職ランキング: 201-250位 ↑

第7位: Universidad Carlos III de Madrid
マドリッド・カルロス三世大学 (UC3M)

・世界ランキング298位
・国立大学
・生徒数: 1万8653人
・就職ランキング: -

第8位: Universitat Politècnica de Catalunya
カタルーニャ工科大学 (UPC)

・世界ランキング300位
・国立大学
・生徒数: 2万2510人
・教員&スタッフ数: 2412人 
・就職ランキング: -

第9位: IE University
イーエー大学
・世界ランキング245位
・私立大学
・生徒数: 5337人
・就職ランキング: -

第10位: Universidad Politècnica de València
バレンシア工科大学 (UPV)

・世界ランキング336位
・国立大学
・生徒数: 1万8437人
・教員&スタッフ数: 2562人 
・就職ランキング: 201-250位 →

【6位-10位の大学について】
去年まで、TOP10にランクインしていた国立のサラゴサ大学が今年は11位に。そして、これまでに名前を見たことがなかった「IE University」というインターナショナルとダブル学位を売りにしている私立大学が登場。残りの4校は、例年通り。

 

【TOP10外の大学について】
スペイン留学や、スペイン交換留学でよく耳にする大学 Universidad de Granada (グラナダ大学)Universidad de Salamanca (サラマンカ大学)。グラナダもサラマンカも、治安が良いことから、日本人の間でも割とポピュラーな留学都市である。

f:id:kaedetaniyoshi:20200103063438j:plain

サラマンカ大学は、スペイン最古という歴史を誇る。オックスブリッジ、パリ大学、ボローニャ大学などと並ぶ「中世大学 (12〜13世紀にヨーロッパで設立された大学)」で、「知識を欲する者はサラマンカへ行け」と言われていたらしい。しかし、

サラマンカ大学
2019年: 国内17位、世界591-600位
2020年: 国内17位、世界601-650位

なかなかTOP10に入らない。

私はその理由が「入試スタイル」と「学部間の学力均衡」にあると考える。トップ10の大学と異なる2つの特徴。

入試スタイル ➡︎ 他の国公立大学の学位コースと同じように、全生徒、全学部に大学共通入試を受けささない限り、ランクが上がることはないだろう。

学部の均衡 ➡︎ TOP10の大学は、どの学部も学力と教育の質が高く、学部間に均衡が見られるが、TOP10に入っていない大学 (特に一度も入ったことがない国公立大学) には、それがない。例えば、サラマンカ大学が、国内ランキング17位をキープ出来ている理由は、ある1つのコースのレベルが飛び抜けて高いから。

 今回は、サラマンカ大学を例に挙げたが、もちろん他にもある。付属の語学学校に一定期間通えば (お金を払えば) 入れる公立の大学だってある。

【スペインの大学選び】
教育の質の高さを求めるなら、やはりバルセロナかマドリッドをおすすめする。現在の学力は、あまり関係ない。大切なのは、これから努力が出来るかどうか。8ヶ月の受験対策コースを頑張るだけで、レベルが高い大学への切符を手に出来る。それがあれば、有名な教授陣&高い志を持つ仲間と共に、4-5年間毎日、学ぶ価値を感じられる。「レベルが高い」は、肩書きだけではない。中身が全然違う。スペイン語で何かを学ぶというだけでも十分すごいが、勉学と知識においてはもっと貪欲に。どうせ同じ時間、大学に通うなら、上を目指そう。

スペインの大学情報 記事一覧

バルセロナ生活 記事一覧

つぶやき 記事一覧

おすすめ記事: