BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【2018年ラストチュロス】ある日曜日の朝ごはん (スペイン)

大好きなチューレリーア (Xurreria: カタルーニャ語でチュロス屋さん) に行って朝ごはんを食べるある朝の流れと、スペイン語での注文の仕方を前回よりバリエーションを増やして書いてみる。

この記事の続編。詳しい行き方は ↑ リンクから!

f:id:kaedetaniyoshi:20190103061045j:plain

バルセロナで1番おすすめのチュロス屋さん、Xurreria Laietana (チューレリーア・ライエターナ) の営業時間は、

月曜〜金曜: 朝7時〜昼1時と午後4時半〜夜8時半
日曜と祝日: 朝8時〜昼13時半
定休日: 土曜日

地元民は日本人より遅めの朝ごはんをとる。だから少し混むのが朝8時半〜9時。日曜だと9時〜9時半くらい。

f:id:kaedetaniyoshi:20190103172234j:plain

まず入ったら、"¡Hola! (オラ)" とか "Buenos días. (ブエノスディアス: おはようございます)" と挨拶しよう。席が空いてればすぐに座れる。この時「何名様ですか?」って感じで、2人以上なら 2? (ドス?) とか 3? (トレス?) と聞かれる。

f:id:kaedetaniyoshi:20190103173112j:plain

混んでても、みんなサッと食べるから10分もしないうちに座れる。

f:id:kaedetaniyoshi:20190103173242j:plain

席に着く前にカウンターで注文をする。

CHOCOLATE con CHURROS: 3.60ユーロ
 チョコレートとチュロス (持ち帰り)
 → チョコラテ コン チュロス パラジェバール
  持ち帰りは para llevar (パラジェバール) と言う
CHOCOLATE con CHURROS: 3.30ユーロ
 チョコレートとチュロス (店内で食べる)
 → チョコラテ コン チュロス
Café con leche y croissant: 2.55ユーロ
 カフェラテとクロワッサンのセット
 → カフェ コン レチェ イー クロイサンッ
Café con leche y churros: 2.95ユーロ
 カフェラテとチュロスのセット
 → カフェ コン レチェ イー チュロス
ZUMO DE NARANJA NATURAL: 2ユーロ
 搾りたてオレンジジュース
 → スーモ デ ナランハ ナトゥラル
Café solo: 1.10ユーロ
 エスプレッソ (ミルクなし)
 → カフェ ソロ
Café cortado: 1.20ユーロ
 コーヒー75%にミルク25%
 → カフェ コルタード
VASO DE LECHE: 1.20ユーロ
 コップ1杯の牛乳
 → バソ デ レチェ
100g CHURROS: 1.30ユーロ
 チュロス100g
 → シエングラーモス デ チュロス
100g PORRAS: 1.30ユーロ
 ポラス100g (太いチュロス) おすすめ!
 → シエングラーモス デ チュロス

チュロスやポラスを注文したら、絶対に "¿con azúcal o sin azúcal?" と聞かれる。砂糖は上にかける?ってことだから、砂糖かけてほしい人は con (コン) と、いらない人は sin (シン) と言おう。これは英語の with と without にあたる単語たち。

そして待つこと1,2分…

f:id:kaedetaniyoshi:20190103060920j:plain

チョコレートは2人で1つをシェアするのがちょうどいい。それでも少し余るから追加でチュロスを注文。そんな時は、

指を1にして "Perdone! (ペルドーネ!)" と店員さんに話しかけて、"otro plato de churros por favor! (オトロ プラート デ チュロス ポルファボール!)" と言えばおっけー!日本語では「もう1皿チュロスお願いします!」という意味。

するとすぐに出来立てを持って来てくれる。

 

食べ終わったら、お会計。

カウンターに近づいて、

"La cuenta por favor! (ラ・クエンタ・ポルファボール)" と。
「お会計お願いします!」

すると紙に書いて計算してくれ…

"6.85, por favor." 「6.85ユーロになります。」
(セイス コン オチェンターイシンコ ポルファボール)

という風に言われるので払って終わり。

f:id:kaedetaniyoshi:20190103180008j:plain

私がこの日に頼んだのは、

・チョコレートとチュロス
・ポラス (太いチュロス)
・追加でもう1皿チュロス
・カフェラテ

で、6.85ユーロ (約897円) だった。大人2人でこれは安い。

f:id:kaedetaniyoshi:20190103180330j:plain

最近は観光客も増えてきて、英語が少し話せる従業員さんも増えた。だからスペイン語じゃなくても大丈夫なはず。

バルセロナのおすすめ情報 記事一覧

バルセロナのグルメ 記事一覧

おすすめ記事: