BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【マドリッド】スペイン大学受験対策アカデミア2校目の提携が決定!

マドリッド州の大学進学を目指される方へ。

f:id:kaedetaniyoshi:20200206162825j:plain

2020年1月28日、マドリッドにあるスペイン大学入試対策アカデミアとも提携を組めることになりました。

バルセロナよりもはるかに「受験対策コース」を設けている語学学校やアカデミアが多い中、なぜこの学校を選んだのか、学校とコース詳細、実際に訪問した感想、おすすめのコースの取り方について、今日は書いていきます。

【この学校を選んだ経緯】
実は「マドリッドの受験対策アカデミアとも提携を組もうかな」と、最初に思ったのは【2020年1月16日】スペインの大学情報を見て下さっている方へ。を書いた日よりも3ヶ月も前の、2019年10月でした。アンバサダーを務めているアカデミアGUIUは、自分の母校ということもあり、自信を持っておすすめ出来るのですが「通った経験がない学校を勧める」となると非常に難しく、私が決めた条件を全てをクリアする学校があればコラボをしようと考えていました。

✅ 学校の歴史と規模
➡︎ 最低20年の歴史が欲しい。学校の規模も重要。教室の数、自習室やWi-Fiの有無。

✅ 立地の良さ
➡︎ 絶対に街の中心部。

✅ 教員数
➡︎ 各教科に1人以上の先生がいることが絶対条件。数教科を1人の先生が担当している学校はまず選ばない。秘書がいれば尚良い。

✅ SNSのクオリティー
➡︎ 今の時代、情報発信のSNSがしっかりしていない学校はイメージがあまり良くない。SNSの質は、デジタル教材の質や生徒と学校のコネクションの良さと比例する。

✅ 秘書や担当者の対応
➡︎ 生徒のふりをして実際に問い合わせメールを書き、やり取りをしてみる。

✅ 公認の学校であること
➡︎ UNEDと直接的な関係を持っていない学校は無い。語学学校についている付属の受験対策はついていないことが多い。

✅ 教材と授業の雰囲気
➡︎ プリントを配るだけではなく、きちんとオリジナルの教材を持っていること。

✅ 合格率
➡︎ 合格させれていないのでは話にならない。

✅ 自分と合うか
➡︎ 共に協力して生徒さんをサポートしていくわけなので、会った時の直観も一応、評価対象だった。

✅ 生徒さんが多国籍
➡︎ 出身にばらつきがある方が良い。

何十という学校 (語学学校の受験対策コースも含む) を対象に探しました。しかし、パーフェクトは見つかりませんでした。唯一、90%を満たしていたのは、Luis Vives (ルイスビベス) というアカデミア。

「やっぱりないな。」と断念。

2ヶ月後、アカデミアGUIUのマネージャーと今年度の入試について話す機会がありました。そこで「もう一度探してみよう。」と思い、再び数日かけてサーチ。ちょうどマドリッドの大学へ進学を希望されている生徒さんからの問い合わせも増えていたので、更に力を入れて。

そうすると、やはり最後にたどり着くのは Luis Vives (ルイスビベス) でした。「…言ってみるか。」一通の長文メールを書きました。

・生徒のふりをして問い合わせをした理由
・自分の経歴とこれから貢献出来ること
・現在している仕事内容
・このブログとのコラボについて

締めは「もしこの話に興味を持っていただけたのなら今月末、マドリッドへ出向けます。」とし、送信。

すると即答で『ぜひ、お願いします。何日に来れますか?』という旨の良い返事をもらいました。すぐに日を決め、約10日後に訪問。ミーティングを経て、全ての条件をクリアしていたので、その場で決定し、今日に至ります。

f:id:kaedetaniyoshi:20200206053955j:plain

【アカデミアについて】
名前: Centro de Estudios Luis Vives
通称: C.E. Luis Vives
住所: Arenal 18, 1º izqda
立地: 街の中心ソル広場から徒歩2分
歴史: 20年
HP: https://luis-vives.es/
Instagram: @luisvivesmadrid
Facebook: madridluisvives
教員の顔写真&学歴一覧: コチラ

f:id:kaedetaniyoshi:20200206034630j:plain

【実際に訪問した感想】
「何より立地が最高」「歴史を感じる建物が良い」「ルイスビベスのドアを開けると中はリフォームされてて新しい」「明るい雰囲気」

f:id:kaedetaniyoshi:20200206034843j:plainf:id:kaedetaniyoshi:20200206060518j:plain

【受験対策コースの種類】
エクステンシブコース (約9ヶ月)
・9月始まり
・1日2-3時間の授業
・4週間250ユーロ (約3万1000円)
・コース合計金額2000ユーロ (約24万8000円)
・入学金や登録料は不要

インテンシブコース (約4ヶ月)
・1月始まり
・1日4-6時間の授業
・4週間300ユーロ (約3万7200円)
・コース合計金額1200ユーロ (約14万8800円)
・入学金や登録料は不要

サマーコース (約3ヶ月)
・6月始まり
・1日4-6時間の授業
・4週間300ユーロ (約3万7200円)
・コース合計金額750ユーロ (約9万3000円)
・入学金や登録料は不要
・これは二次試験用のコースになります。

全コースに共通すること
① 学費のお支払いは、月々でも一括でもOK。
② 上記の学費に加えて各教科25ユーロかかる。 (教材費、オンライン授業費、毎月行うシュミレーション模試代)
③ 申し込み時に、全員デポジット750ユーロ (出願日に返金される) のお支払いをお願いします。➡︎ 予め全期間分の学費を入金いただかなくても、ビザ申請やNIE更新に必要な入学許可書・授業登録書を発行可能です。

f:id:kaedetaniyoshi:20200206053945j:plain
【語学コース詳細】
語学学校のHP: https://spanishluisvives.com/ 
セルバンテス協会認定校です。

f:id:kaedetaniyoshi:20200206060858j:plain

コースは大きく分けて3種類。

① 一般スペイン語コース
② 入試+スペイン語コース
③ プライベートレッスン

おすすめは①です。この一般スペイン語コースの中に、更に7種類あり…。スペイン語をゼロから始められる方、B1レベルに届いていない方はぜひインテンシブコース20を受講ください。

f:id:kaedetaniyoshi:20200206061046j:plain

インテンシブ20の学費
4週間あたり565ユーロ (約7万円)

 

【おすすめなコースの取り方】
* 受験対策は9月始まりのエクステンシブコースを受講ください。

スペイン語をゼロから始める方
高校3年生の方は卒業した月、もしくは翌月 (4月) 中にスペインへ渡り、インテンシブコース20を8月いっぱい (計5-6ヶ月) 取る ➡︎ 9月から対策コースを始めましょう。

スペイン語がA2レベルの方
受験対策開始日までにB1.3レベル以上を目指していただきたいので、インテンシブ20を3-4ヶ月受講ください。基礎を確実に抑えておきましょう。

スペイン語がB1.3-B2レベルの方
語学コースは取らず、エクステンシブコースのみで大丈夫です。もし授業を受けていく中で、語力が不十分だと感じられるのであれば、科目の授業と並行してスペイン語のコースをお取りください。

f:id:kaedetaniyoshi:20200206054102j:plain

【学費の差について】
バルセロナのアカデミアGUIUの8ヶ月集中コースの学費が、4200ユーロ (約52万円) であるのに対し、マドリッドのルイスビベスは、8ヶ月強で2000ユーロ (約24万8000円) です。

1日の授業時間
GUIU: 4-5時間
Luis Vives: 2-3時間

この開きは、1日あたりの授業時間数と履修する科目数の違い、出願書類準備〜入試当日のサービスの違い、ビザの申請&更新手続きサポートの有無、市役所で住民登録をする時のヘルプの有無、別の州への出願も可能という点などから生じています。詳しくは、次の記事で。

【お申し込み方法】
お名前 (フルネーム)、年齢、在学中または既卒の高校名を添え、barcelonandoo@gmail.com までメールをお願いします。お問い合わせもこちらへ。

スペイン留学 記事一覧

スペインの大学情報 記事一覧

おすすめ記事: