BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活8年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【PCR陽性】弟がスペインでコロナにかかってしまった話

2021年7月9日(金)
濃厚接触者である可能性が非常に高かった弟がバルセロナでPCR検査を受けた。結果は【陽性】だった。面と向かってまた弟と言葉を交わせたのは、…それから18日後だった。

f:id:kaedetaniyoshi:20210903142248j:plain

【ホテル生活開始】
「陽性だった」というチャットを受け取ってすぐにバルセロナにある陽性者専用のホテルを探した。しかし、ヒットしなかった。スペインで身近にコロナの陽性になった人を知らなかったため (弟のシェアメイトが感染した話をずいぶん前に聞いたのが最も身近な例だった)、自宅療養が一般的なのかも分からなかった。

『陽性』…だから?

だから何をすべきなのか分からなかった。

とりあえず、弟を隔離する必要があるため、日本にいる母と電話で相談し、私が急遽ホテル生活を開始し、住んでいるピソを丸々弟1人に譲ることに。

陽性を伏せてホテルに泊まらせることも出来たが、受付、清掃に入ってくださる方、エレベーターの使用、他の宿泊客へ移してしまう可能性がゼロではないから、自宅を選択。

大急ぎで自分が一定期間住むホテルを探した。

バケーションシーズンということもあり、いきなり「今日」から泊まれる良いホテルがなく、時間だけが流れるように過ぎていった。弟がすぐ近くまで帰ってきていると連絡が入った。【陽性】という結果を受けたからなのか、本当に調子が悪くなってきたのか、「頭がクラクラするから早くして」とメッセージが続いた。

もう15分だけ外にいて。を、何度か繰り返し、ホテルを押さえ、ダッシュで荷物をまとめ、家を出た。淹れたてのコーヒーも、夜ご飯用に買っておいた食材たちも、洗濯物もそのままで。

【持って家を出た荷物】
旅行のような数泊ではなく、1-2週間は家に戻らない前提で。

・シャンプーとリンス (ボトル丸ごと)
・ドライヤー
・着替え (10着分)
・パソコンと充電機器
・タオル (2-3枚)
・洗面で使うもの一式
・仕事で使うもの一式
・パスポート (ホテルのチェックイン用)
・NIE (ホテルのチェックイン用)
・筆記用具
・スリッパ
・ビニール袋
・エコバッグ

【私も検査へ…】
オンラインで予約&支払いを済ませ…グエル公園の近くにあるクリニックへ行った。結果は陰性だった。

f:id:kaedetaniyoshi:20210903044437j:plain

【外食生活スタート】
普段は、自炊が基本の生活を送っている。が、ホテルにいる間は料理が出来ないので来る日も来る日もレストランで食事をすることになった。1回だけピザを注文した。栄養バランスの偏りは感じなかったが、外食を2週間以上続けていると、太った。

f:id:kaedetaniyoshi:20210903034140j:plain

韓国料理、スペイン料理、イタリア料理、カレー、お寿司、中華、カレー、韓国料理、タパス…。またカレー。

f:id:kaedetaniyoshi:20210903034141j:plainf:id:kaedetaniyoshi:20210903034617j:plain

【弟の容態】
幸運にも重症化することなく、インフルエンザに近い症状 (38度以上の発熱、頭痛、ひどい倦怠感、咳) だった。それでも体調が悪そうで、熱が出始めてからは…アクエリアスしか飲めない日も少し続いた。ハンバーガーが食べたい日は、ハンバーガーを買って届け…。スイカが食べたいと言われたらスイカを求めて八百屋さんへ…。いつもは自分で買いに行かせるけど、コロナ中は特別に。家のドアの前まで届けてあげた。

f:id:kaedetaniyoshi:20210903043558j:plain

最初は咳が出ていなかった弟も徐々に咳き込むようになり、3回目のPCR検査で陰性が出た後も2週間ほど空咳が残っていた。

【薬局で買ったもの】
コロナの療養期間中、薬局で購入した商品は2つ。

① 体温計 (4ユーロ)
② 鎮痛解熱剤アセトアミノフェン

f:id:kaedetaniyoshi:20210903043010j:plain

この薬を飲み、熱が下がったよう。陽性当初は日本から持って来ていたパブロンを飲んでいた。

【陽性が陰性に変わるまで…】
3回目のPCR検査を受け、やっと陰性が出た連絡を受けたのは、7月26日。陽性が出た日から18日目のこと。

 

【かかったホテル代の合計】
私の長い長いホテル生活にもついに終止符を打つ日が来た。

2021年7月9日(金)〜2021年7月27日(火)、18泊の宿泊費を計算すると、約19万4464円。そして、これに…観光税が毎泊かかった。観光で泊まる時と同様に。1泊につき2.04ユーロ (約264円)。だからプラス、約4752円。合計20万円。高いけど、日頃泊まることのないバルセロナのホテルに泊まれ、少しバケーション気分を味わえた上、非常に快適だったから良い。

f:id:kaedetaniyoshi:20210903025632j:plain

【私が泊まった4つのホテル】
1ヵ所目は、ランブラス通りから徒歩10分、パラレル駅の近くにある3つ星の、Hotel Best Auto Hogar (ホテル・ベストオート・オガール)。

f:id:kaedetaniyoshi:20210903032713j:plainf:id:kaedetaniyoshi:20210903030659j:plain

2ヵ所目は、グラシア通りから徒歩10分、タラゴナ駅の近くにある4つ星の、Sercotel Amister Art Hotel Barcelona (セルコテル・アミステル・アートホテル・バルセロナ)。隣の部屋から1日中、咳き込む声が聞こえた。もしかすると陽性者の方が無申告のまま隔離場所として使っているのかな、と思った。

f:id:kaedetaniyoshi:20210903032410j:plainf:id:kaedetaniyoshi:20210903032409j:plainf:id:kaedetaniyoshi:20210903030756j:plain

3ヵ所目は、カタルーニャ広場から徒歩10分、バルセロナ大学から徒歩2-3分の位置にある、3つ星ホテル、Acta Splendid (アクタ・スプレンディド)。ここは唯一、お部屋の広さが想像と異なっていたため、延泊したいと思えなかった。木漏れ日が窓から入ってくるところは好きだった。

f:id:kaedetaniyoshi:20210903033050j:plainf:id:kaedetaniyoshi:20210903030613j:plain

最後に泊まったホテルは、100点。カタルーニャ広場から徒歩1-2分、ランブラス通りの真横にある、4つ星ホテル、Hotel Serhs Rivoli Rambla (ホテル・セルス・リボリ・ランブラス)。ここは旅行で来る家族にも友達にもおすすめしたい。そして、また泊まりたい。

f:id:kaedetaniyoshi:20210903033258j:plainf:id:kaedetaniyoshi:20210903030519j:plain

つぶやき 記事一覧

バルセロナ生活 記事一覧

スペイン語 記事一覧

おすすめ記事: