BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活8年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【電子辞書の重要性】スペイン語を自分のものに出来る最高のアイテム

これは、ひたすら電子辞書の魅力について語る記事。留学をされる方々、特にスペインの大学入試を予定している生徒さんに届いてほしい『電子辞書の購入』の大切さ。

私が以下のような記事を余裕で100本以上書いてこれている理由、スペイン語をここまで自分のものに出来た理由。その元を辿っていくと、1年目の『電子辞書×現地の語学学校生活』に行き着く。

f:id:kaedetaniyoshi:20210304040607j:plain

企業案件でも宣伝でもない。本当に買って持って来てほしい…。

f:id:kaedetaniyoshi:20210304012104j:plain

【なぜ辞書選びが大切か】
一言で答えるなら「言語だから」。勘違いをして覚えてしまうことに対して不安を抱いてほしい。本来の意味を重視した語釈や使い方を知ってほしい。自分の伝えたい気持ちにぴったり合った言葉選びをしてほしい。無料のグーグル翻訳や辞書アプリは、その低価格に見合った知識しか身につかない。辞書だけには、お金をかけてほしい。

『自分が理解しているスペイン語』で専門分野を学んだり、仕事をしたり、好きな人と話をしたり、感謝の気持ちを伝えたり、怒ったり、泣いたり、自己を表現しながら生きていく。

"The limits of my language mean the limits of my world."

「私の言語の限界が私の世界の限界。」

"Los límites del lenguaje son los límites de mi mundo."

【電子辞書を使うべき人】
・言語が好きな人
・スペイン語を自分のものにしたい人
・現代の単語と文語を区別したい人
・高い語彙力を目指したい人
・通訳者/翻訳者になりたい人
・美しい言葉選びをしたい人

【どれほど役立つかと言うと…】
例として、アクセントが付いていない "como" の意味を引いてみる。私が言語を学ぶ際に最も重要視するのは、日本語訳ではなく、言葉のカテゴリーと、他の単語と組み合わせて用いることで生まれる小さなニュアンスである。この "como" は主に[様態]を表す「〜のように」として使われるが、直後に estar/ser が来ると[継続]のニュアンスが言葉に含まれる。現在分詞を用いると、また別の意味になる。

f:id:kaedetaniyoshi:20210304030126j:plain

今はあまり使われていない意味や、文学史あるいは古い文書を読んでいる時に出くわす[古語]や[文語]もカバーしている。ここも電子辞書の好きな部分。

更に下にスクロール ⬇︎

f:id:kaedetaniyoshi:20210304031001j:plain

たったひとつの単語を引くだけで、ここまで豊富な情報が得られる。スペイン語を学ぶ上で、電子辞書を持っている人と、持っていない人の差は、間違いなく大きく開く。…この魅力を知らない人が多すぎるのが勿体無い。

幾度となくブログに書いてきているが、スペイン語は、イタリア語や英語と比較できないほど非常に細かな意味合いが存在する深い言語である。

続いて…

アクセント付きの "cómo" を引く。こちらは副詞。英語の意味、最もよく使われる意味、スペインでの意味 (≪西≫の記号がある箇所)、親しい相手や目下の相手に対して使う時の意味、冠詞の "el" を付けて名詞化した場合の意味、怒りを表す意味など…。書ききれない。¿por qué? との違いも「奇異感がより強い」というしっくりくる表現で説明されている。

f:id:kaedetaniyoshi:20210304030024j:plain

私が各単語の細かな意味合いまでも理解している理由が、何となく分かるだろう。この辞書のおかげである。何千回と引いた。(万単位の可能性も有。) 何十本もエボルタの電池を交換した。語学学校でも、現地の受験対策学校でも、大学に入ってからも、辞書を片手に勉強し続けた。

 

複数形にすることで変わる意味も、一緒に用いるべき前置詞も、完璧に頭に入っている。発音も聞ける。各単語に用例も書かれてあるから、ネイティブらしい言い回しも一緒に覚えれる。

f:id:kaedetaniyoshi:20210304030025j:plain

歴史用語も、宗教用語も、類語も。

f:id:kaedetaniyoshi:20210304032044j:plain

言語学用語も。

f:id:kaedetaniyoshi:20210306073210j:plain

"burlarse" と "reírse"、どちらにも「バカにして笑う」という意味がある。用例と、それぞれの他の意味を見ると、この2つの動詞は類語だが、イコールではないことがハッキリ分かる。このように勉強してきた。過去分詞にはアクセントが付くから注意、現在分詞形はイレギュラー、対義語…押さえるべきポイントが全て一画面にまとまっている。

f:id:kaedetaniyoshi:20210304032511j:plain

2018年以降、この辞書を毎日使っているのは、弟。(可愛いお気に入りのシールを貼っていたのに、気づけば剥がされていた。)

【購入を考える人向けリンク】
カシオの辞書に入れるだけのカード。⬇︎ 収録されている4種類のスペイン語コンテンツのうち、特に最高なのは、和西辞典改訂版35000語 (白水社) と、西和中辞典80000語 (小学館)。スペインだけでなく、中南米やアメリカで用いられるスペイン語も12000語収録されている。

カシオ CASIO 電子辞書用追加コンテンツ 「西和中辞典[第2版]/現代スペイン語辞典[改訂版]/和西辞典[改訂版]」 XS-HA05MC【データカード版】[XSHA05MC]

価格:8,835円
(2021/3/4 02:46時点)

 私が持っている辞書 (XD-D7500) の最新モデルはこれ ⬇︎

f:id:kaedetaniyoshi:20210304025231j:plain

スペイン語モデルの本体は生産がストップされているため、ネットで買うのは難しい現状。近くの電気屋さんに余っていればラッキー。無ければ、英語対応の辞書に挿してスペイン語辞書を追加する小さなカードを買うと良い。

【CASIOが大好きになった日】
最後に、懐かしいエピソードを少し書き残しておく。

あれは19歳の秋。2014年9月9日の出来事だった。

スペインに来て5ヶ月が経過した頃、電子辞書が壊れてしまった。毎日学校だけでなく、私生活の中でもフル活用していた。命綱のような存在だった。しかし、バルセロナで修理は出来ない。代わりを購入することも不可能だった。

f:id:kaedetaniyoshi:20210304023626j:plain

辞書なし生活は、1日でもキツかったが、…約3週間耐えた。10月末に一時帰国の予定があったから、その日までどうにか頑張ろうと…。

一時帰国と言えど、たった10日間の滞在。関空に到着後すぐ修理に出せるように『カシオ修理センター』とコンタクトを取っていた。

…限界がきた。

「もう2週間も辞書なし生活は無理だ…」

その当時の心情が今もネット上に残っている。

(...) こっちにきて半年になり辞書の回数は減っていましたが、クラスが上がり、新聞記事や文学を読む授業が多くなりました。その矢先に辞書が故障して今とても困っています。今月2週目からもう1つの学校も始まる予定です…。今日も授業で困り果てて帰宅でした。。。

相当困っていたのをよく覚えている。

バルセロナにいる『電子辞書が不要になった人』から中古で購入するか、日本に帰る日までの2週間で良いから『貸してくれる人』を某掲示板で探した。

すると、予想外の展開に。

 

掲示板のコメント欄ではなく、直接私のアドレスに一通のメールが届いた。

バルセロナに在住している〇〇と申します。

カシオの方 (以下、Dさん) からの連絡だった。

よろしければ、ご帰国中の修理が終わるまでの間、私が管理しております製品を貸し出しでお使い下さい。カシオ電子辞書をご愛顧う頂き有難うございます。

本来、貸し出しサービス自体存在しない。

(...) 投稿を見て、あまりにもお困りのご様子でしたので、思い付きました。

すぐ返信を書き、翌日取りに行かせていただいた。…なんと無償で、綺麗な綺麗な辞書を特別に貸してくださった。帰宅後、何時間も辞書を引きながら難しい記事を読み進めた。プレゼントでもらった本 (文語が連続する文学作品) も、ようやく続きを読めるようになった。

帰国と言っても、スペイン語を話し続ける滞在だっため、京都、奈良、大阪、三重でも、辞書を握りしめて街を歩いた。感謝してもしきれないほど、助かった。

f:id:kaedetaniyoshi:20210304024334j:plain

「Dさんのように広い心を持った、機転を利かせられる人が世界で活躍するんだ」と思った。

『高校を卒業後、単身でスペインに渡って来たばかりであること、スペイン人と肩を並べて現地の入試を受け、大学進学を目指すこと』をバルセロナで高く評価してくださった数少ない日本人の大人 (2人) のうちの1人が、Dさんだった。

19歳が足を踏み入れてはいけないくらいハイレベルな空間や、素晴らしいお仕事をされている方々とお話をさせていただける場へもご招待を…。本当に良くしていただいた…。

バルセロナ半年目にして得たこの思いがけない貴重な出会いを、カシオの製品を見る度に思い出す。

f:id:kaedetaniyoshi:20210304022601j:plain

お元気かな。まだバルセロナにいらっしゃるのかな。

私の簡略プロフィール

バルセロナ生活 記事一覧

つぶやき 記事一覧

スペイン語 記事一覧

効率よく学ぶスペイン語 記事一覧

おすすめ記事: