BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【イタリアのタブー】しない方が良い5つのこと

イタリアでしない方が良いこと、してしまうとイタリア人から変な目で見られる可能性がある「タブー」を、5つ紹介。

f:id:kaedetaniyoshi:20191222165435j:plain

【① ピザにケチャップやマヨネーズ】
ピザにケチャップやマヨネーズをかけるのはNG中のNG。実はパスタ、ラザニア、ミートソースなどを作る時にも、イタリア人はケチャップを使わない。必ず、ポモドーロと呼ばれる完熟トマトのソースと塩で味付けをする。

f:id:kaedetaniyoshi:20191223011532j:plain

【② スパゲッティを切る/割る】
スパゲッティを食べる時、ナイフやフォークの横で切ってはいけない。茹でる時に、鍋からはみ出るからと言って、半分に割ってはいけない。ダメと知っていながら「マンマには内緒だよ」と半分にして茹でる男の子も中にはいるが…。

f:id:kaedetaniyoshi:20191223011831j:plain

【③ 午後にカップチーノを飲む】
イタリアでカップチーノは、朝の飲み物。クロワッサンとセットの飲み物。昼ごはんの後や夕方に飲むイタリア人はまずいない。昼食後は、エスプレッソかマッキアート。私たちは水よりお茶を飲むからか、夜にコーヒーを一杯飲んでも普通に寝れる。が、イタリア人にとって夜のコーヒーは「アリエナイ」習慣。寝られなくなるよ?と本気で心配される。

f:id:kaedetaniyoshi:20191223010231j:plain

 

【④ おばあちゃんのご好意を断る】
イタリアのおばあちゃんも、日本のおばあちゃんと一緒で、会えばいつも「これ食べな!」「これも食べる?」「こっちも開けようか」と言ってくれる。日本では『さっき食べたところだから今はいいや、あとで。』と答えれるが、イタリアではおばあちゃんの言うことは『絶対』。家でも外食先でもその気遣いを "No, grazie." で断ってはいけない。ちょっと無理をしてでもみんな食べる。「バナナもいるかい?」『んー…1本もらっとこうかな』「クッキーもこれあんた好きなやつでしょう」『2枚ほどもらおうかな』

f:id:kaedetaniyoshi:20191223010922j:plain

【⑤ ピザをフォークとナイフで食べる】
イタリアのレストランでピザを注文すると、下の写真のサイズ (結構大きい1枚が1人前) が出てくる。もちろん、三角形に切るのは手元にあるナイフとフォークだが、食べるのは「素手」!小さく一口サイズに切ってフォークで食べるのはNGとまではいかないものの、良い目では見られない。

f:id:kaedetaniyoshi:20191223005903j:plain

あとは、他の国と同じようなタブーが存在する。例えば「政治やマフィアに関する話題は避けるべき」「鼻をかまずにすする」「チップは料金に含まれているから払わなくて良い」「プレゼントをもらってその場で開けないのはNG」「スパゲッティをすすって食べるのは行儀が悪い」「給料は聞くべきでない」とか。

【おまけ】
イタリア人は、個人的なお金 (かかった旅費、払っている家賃、給料) について聞く時、相手が親しい相手であってもきちんと最初に断りを入れる。「ごめん、答えにくかったら良いんだけど、ニューヨーク旅行ってどれくらい払った?ホテルと航空券で1人だいたい…」「こんなこと聞くのは失礼かもしれないけど、いくら家賃払ってるの?」「聞くもんじゃないけど、…どれくらいの収益があるの?ただ興味があって。」

イタリア生活 記事一覧

イタリアの大学生活 記事一覧

おすすめ記事: