BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【スペイン大学進学希望】高3のうちにしておくといい3つのこと。

スペインの大学を希望する日本人の高校生の数はごく僅か。

「卒業後はすぐスペインへ行く」

と決めたものの、高3になれば…

みんなセンターを受けるモードに突入、
進学しない子は就職先に面接へ…、
推薦合格が決まったという声、
また配られる進路希望調査に三者面談。

と、どこか周りに遅れてるような気がして焦りが出てくるもの。なんせ、相談や質問ができる友達、先輩、先生はいないし、ネットに情報があまりない。

そんな中、嬉しいことに私のこのブログがきっかけとなり「スペインの大学へ行きたいです」とチャットをしてきてくれる子の数がこの1年で増えた。

現在は、9人

そのうち現役高校生は7人。

交換留学、大学院留学、ワーホリを希望する人たちを含めるともう数人いるが「大学正規留学を希望する高校生」はやっぱりトクベツで。過去の自分を見ているようで、とても応援したくなる。

f:id:kaedetaniyoshi:20190502202416j:plain

高3のうちにしておくといい3つのこと 

【① 普段の勉強を頑張る】
スペインの大学共通入試は昨年度から内容が変更され、外国人用のテストができた。出題範囲はこれまでより狭まり、難易度がやや下がった。(必要な読解力は上がった。) しかし、変わっていないことが1つだけある。

それは、

高校の成績が点数に反映される割合

高校の成績: 60%
PCEの試験: 40%

このパーセンテージを見てわかるように『高校の成績って大切』で、入学試験より最終点数に響いてくる。だから高校3年を通して良い成績を取っておいた方があとからラクになってくる。最低でも半分以上の科目で50〜60%の点数をとっておくべき。80%以上とれている科目が多ければ多いほど◎!

ちなみにスペインの国公立大学は高校の成績と入試の点を合わせた点数が最後に出て、それが5.0以上ならどこかには入ることが出来る。7.0以上取れていれば学部の選択肢が増える。理系希望なら7.5以上を。

 

【② スペインの大学出願の流れを頭に】
高校を卒業し、スペインの大学に出願までの期間、多くの人は語学学校やアカデミアに通う。ゼロから語力をつける子もいれば、ある程度話せるから試験対策コースに通いたいという子もいる。どちらの場合にせよ、いずれ準備しなければならない大切な書類が2つある。

・高校の卒業証明書
・高校の成績証明書

卒業証明書は全員、卒業式の日にもらうが成績証明は事前に頼んでおかなければならない。

f:id:kaedetaniyoshi:20190502181010j:plain

卒業証明書は、家に置いておく用 (日本語) と、もう一部 (出願用) が必要。英語で発行可能な高校なら、出願用は日本語より英語が良い。なぜなら、公式の翻訳者さんにお願いしてスペイン語訳をしてもらう際 (法廷翻訳)、日本語からスペイン語より、英語からスペイン語の方が安いから。

流れは、先生に2つの書類を準備を頼む → 法廷翻訳者さんを探して依頼する → 外務省のHPからアポスティーユ申請をする → スペインでオモロガシオンをする

見たことがない単語がいくつかあるはず ↓

法廷翻訳者: オフィシャルの資格をもった翻訳者さん

アポスティーユ: 外務省が「この書類は公文です」とみとめる証明 (ハンコ) のこと

オモロガシオン (Homologación): 学位認定の手続き=日本で得た学位をスペインで認めてもらうこと 

 

アポスティーユは、直接外務省に出向かなくても郵送で申請と受け取りができる。ここまでの手続きは自分が日本にいなくても、家族に頼んで代行人として申請してもらえる。私はスペインにいたので、オンラインで出来ることは全部し、受け取りと郵送は、母にお願いした。そして書類が揃ったらスペインへ郵送してもらった。オモロガシオンの手続きは、書類にアポスティーユをつけてもらったあと、スペインで自分の受ける大学の州の (最寄りの) 教育省へ赴き、行わなければならない。

こんな手続きをこれからしていくんだな〜と知っておけば後からあたふたしなくて済む。 

【③ 日本の運転免許証取得】〜高3の夏〜
私の高校はスーパーグローバルハイスクールに指定されていると言うわりに「スペインの大学」に対しての応援、サポートがゼロで、先生たちの理解が乏しかった。他の高校にはもう教習に通ってる友達が何人もいたのに「うちは進学校だから高3で教習を許可するとPTAが」と納得がいかない理由で止められた。「例外はある」と言いつつも、海外留学はそれに当てはまらないらしい。「じゃあどんなケースが例外なんですか?」と聞くと『山奥に住んでるからバイク通学をどうしても認めて欲しいというような時だ』とあっさり。(アルバイトが許可されている高校だとすんなりとらせてくれる傾向にある。)

でも、高3の夏休みを逃したら本当に今後取る機会がないと確信し、結果的には取った。そもそも国の法律では18歳になっていればOKだし、教習で「高校」について聞かれることは一切ない。

1,2年の留学じゃなく、スペインの大学に正規入学しようと考えている人は、渡西までに運転免許を取得しておく方が私はいいと思う。

冷静に考えて、スペインに行ってから、休暇で日本に戻ったとしても、自動車学校に通う時間なんてない。運良く年に1,2度、帰国できたとしても2ヶ月以上いるのは非常に難しい。…となると、5,6年後に大学を卒業して日本に本帰国した時に免許取得…25歳を過ぎている。本帰国するとも限らないし、25まで運転できないのはキツい。

センター入試を受けない私たちは高3の夏休みに余裕がある。そこがチャンス。

夏休み開始と同時に自動車学校をはじめ、短期集中コースで1ヶ月後に免許を取得した。初めて行った日からちょうど1ヶ月後に運転免許センターで試験を受けた。

免許取得は18歳の誕生日を迎えないと認められないが、教習所自体は早めに通うことが可能で、普通車は18歳の2ヶ月前から入校可能

私は4月生まれで高3の夏には18歳だった。

9月に誕生日の人は7月から教習に通える。

10月の人は8月から。

もし夏が年齢的に無理なら、
ビザ申請をする冬休みあたりに。 

f:id:kaedetaniyoshi:20190502181405j:plain

案の定、19歳〜24歳の間あった「一時帰国」の中で、教習に通えたかもしれない帰国はゼロ。…あの時、免許を取ってて本当に良かった。

 

【スペイン語の学習について】
周りがセンターの過去問を解く時間、私はずっとスペイン語をしていたのに。。。スペインに着いた時、びっくりするくらい頭に残ってなかった。逆に、スペイン1日目に聞いて、辞書を引いた単語は全て一度で覚えられ、今でも頭に残っている。

日本で頑張る10時間はスペインで過ごす1時間

スペイン語は行ってどうにかなる!どうにかする!くらいの心構えでいて良い。余裕があればテレビでスペイン語や、キクタンや、文法書を見る程度で。

【高3で選択する科目】
英語が好きだったから英語系の授業は全部とっていた。あとは数学、ドイツ語、国語、情報、体育、現社など。そして歴史は「スペインに行くんだから、海外行くんだから、世界史だろう!」と世界史を選択。

でも今、高校生に戻れるなら絶対に日本史を受ける。

…と言うのも、実際に海外生活・留学 (文系) をする中で世界史の知識が役立った場面は…全く思いつかない。スペイン以外の友達との会話でも全然ない。逆に、日本史の知識の方が必要な機会が多く、自分でたくさん勉強した。…選択科目は偏り過ぎない方が後々良し。

バルセロナ・スペインの大学情報 記事一覧

おすすめ記事: