BARCELONANDO :)

1995年香川生まれ岡山育ち。現在ヨーロッパ生活6年目。スペインとイタリアの大学生活・旅行・言語学 (5ヶ国語)・哲学・バルセロナおすすめ情報など、幅広いジャンルの記事を執筆中。2019年6月より、バルセロナにある大学入試専門のアカデミアGUIUのアンバサダーに就任。スペインへの留学・大学進学に興味がある方は、お気軽にご相談ください 😊🇪🇸 barcelonandoo@gmail.com

【スペインの大学に行きたい】学部・大学の決め方と出願について

「スペインの大学に行きたい」という目標をさらに具体化するには?

① 行きたい街を決めよう
② 学びたい専門を決めよう
 (文系か理系か決定→学部の候補を3つほど)
③ 自分の学部の偏差値を知ろう
 (大学は出願まで決まってなくても問題なし)
④ 学部に問い合わせて試験の有無をチェック
⑤ 試験がないならスペイン語の勉強だけ
  試験があるなら専門的な対策を始めよう
⑥ スペインの長期ビザについて調べよう
語学学校アカデミアの計画を立てよう
⑧ 試験がいる場合は偏差値を見て、受講する科目を決定、その時に fase general と fase específica の計算を!

f:id:kaedetaniyoshi:20190208001522j:plain

【大学選び編】
2019年2月7日現在、スペインには現在52の国公立大学、32の私立大学が存在する。どうやってその中から自分に合った大学を選んだらいいか。まずは次の2パターンのうち、どちらを重視するか;

・住みたい街から選ぶ
・学部・あるいは大学から選ぶ

私は個人的に「」から選んだ方が良いと思う。その理由は、
・スペインの田舎に住みたい!って場合を除いて、8割の学部はどこの街にもある。
・入学後に大学や学部を変えるのは、街を変更するよりも簡単。
・いくら大学が良くても街を好きになれないと4年以上住むのにキツイ。
・街 (州) が決まらないことには試験対策が十分にできない。(州によって試験日も内容も少し異なるから。)

【街選び編】
街を選ぶときに考えた方がいいのは、

・都会か田舎か
・日本人留学生が多い街でも構わないか
・物価は重視するのか

日本人留学生が多い街はやっぱりマラガとサラマンカ。多い理由は、日本の大学と提携を結んでいる学校が多いこと、物価が安いこと、留学生受け入れに慣れていることだろう。首都マドリッドや大都市バルセロナにも日本から交換留学で来ている生徒はいるが、彼らは「交換留学生」。もし、正規入学した場合、会うことはまずない。(言語系の学部なら同じ授業になる可能性がゼロではない。) 現に、バルセロナ大学の哲学部があるキャンパス、メインの建物でも日本人留学生を見たことはまだ一度もない。

【学部選び編】
スペインの共通入学試験 (以下seleとする) を受験するにあたって学部は1つに絞った方がいいのか?という質問をたまにもらうが、2つは候補を持っておいた方がいい。というのも、受験をして自分の点数がわかったら次は「出願」となるのだが、出願は一つの大学の一学部にするのではないからだ。

・第一希望〜第八希望まで書ける。

(例)
第一希望: バルセロナ大学哲学部
第二希望: バルセロナ自治大学社会学部
第三希望: バルセロナ大学心理学部
第四希望: バルセロナ大学文学部
...
と、学部と大学が混ざっても構わない。

この時、
・第八希望まで書かなくても良い
・偏差値の順に書かなくて良い
・一つの大学の学部ばかりを書いても良い

【バルセロナの大学に行きたい人へ】
やっぱりバルセロナ大学 (Universitat de Barcelona)を、文系理系問わずおすすめする。社会学・人類学・言語系 (翻訳・アジア研究など) を学びたいなら、バルセロナ自治大学 (UAB: 通称アウトノマ) が良い。理工学部系ならポンペウファブラ大学。

 

【私が志望校を決めるまで】
「バルセロナ大学の哲学部を第一志望にする」と決めたのは出願の日の何日か前。入試対策を始めた頃 (受験の日の8ヶ月前) にわかってたことは、
・バルセロナの大学の文系の学部
・バルセロナ大学か自治大学がいい
・興味がある学部は、心理学部、人類学部、社会学部、哲学部の4つ
…こんな感じで案外ぼんやりとしたイメージしか抱いていなかった。ちなみに試験を受けたのが6月1日で、その月の26日に点数開示 → 出願だった。

出願について詳しく書いた記事があると思ってたのに、なかったのでここで少し触れておく。

【スペインの大学出願】
・出願はオンラインでする。家のパソコンからも出来るし、教育省の中にあるパソコンを使ってしてもいい。ページは自分の州によって異なる。
・この記事の最初に書いたように、第一希望〜第八希望まで書ける。この希望は一度提出したあとも一定の期間ないであれば変更可能。
・オモロガシオンはこの時に間に合わなくても問題ない。最悪、入学後に大学に提出すれば良い。
・合格通知を受け取るまでは大学でする手続きは一切ない。全てUNEDとのやりとり。
・出願と入試は年に2回 (6月と9月に) ある。が、9月は6月の「余り」だから定員がない可能性もある。

f:id:kaedetaniyoshi:20190207235921j:plain

実際に私が、出願をした時のページがこちら。

第一希望: バルセロナ大学哲学部
第二希望: バルセロナ大学現代言語文学部
第三希望: ポンペウファブラ大学人類学部
第四希望: バルセロナ大学言語学部

で提出した。カタルーニャ州の大学に行くとしても、ここまではスペイン語で出来る。授業登録あたりからはカタルーニャ語と出会い始める…。

【なぜ名前をころころ変えるのか…】
スペインの大学入試はほぼ毎年名前を変えてると言っても過言ではない (笑) しかも去年、2018年には fase general (必須科目) と fase específica (選択科目) の呼び名まで変わってしまった。入試が無くなると言われもう数年が経つ。このまま無くなることはないだろう。

fase general → fase obligatoria
fase específica → fase voluntaria

スペインの大学情報 記事一覧

スペイン語 記事一覧

おすすめ記事: