BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【2015年秋入学】スペインの大学に入るまでの全プロセス

ヨーロッパの大学に入るためには、スペインの大学に正規入学するには、何から始めたらいいか。どんな書類が必要か。今日は、私が日本の高校を卒業してバルセロナ大学に入るまでに踏んだプロセス (書類・学校・準備・手続きなど) に焦点をあててみる。

f:id:kaedetaniyoshi:20181101193803j:plain

【高校を卒業するまでにしたこと】
2013年秋頃: 語学学校の申し込みと支払い
2013年12月18日: 長期学生ビザの申請 (東京)
2014年02月07日: 航空券購入

【卒業〜スペインに渡るまで】
2014年3月01日: 高校卒業
(岡山県立城東高校国際教養学部)
2014年3月05日: ビザの受け取り (東京)
2014年3月22日: 単身でバルセロナへ移住

ちなみに高校は『進学校』だったけど「〇〇大学に行きたい!」と思ったことがなかった。ただスペインか南米で「スペイン語が学びたい!」という思いだけがあった。

・日本の大学に行ってもみんなバイトと遊びばっかりで勉強を本気でしない (勉強を第一としてない、楽しみながら学んでない)
・最後の1年は就活に時間と労力を使ってる
・4年も通って最後B1やB2レベルで終わり
・学費が無駄に高いだけ
・語学や異文化は絶対に国内で学べない、世界が広がらない

というマイナスなイメージだった。一生懸命勉強する人たちがたくさんいる空間に行きたい、と思っていた。高校の先生からは『もーーしも日本の大学に行くという選択肢しかないなら行きたいと思う大学をとりあえず進路希望調査・模試には書きなさい』と言われ「関西外大のスペイン語学科」「拓殖大学のスペイン語学科」と書いた。スペイン語を日本の大学で学ぶならこのどっちかだと思っていたから。

f:id:kaedetaniyoshi:20181101193819j:plain

【スペインに渡って】(2014年)
3月24日: IH (語学学校)スタート
→ 高校の夏休みに通ってみてすごく良かったインターナショナルハウスバルセロナ (この学校についての記事はココから) でA2レベルから始まった。トータル10ヶ月通って10ヶ月後はB2修了証をもらった。

3月27日: 警察署へ行ってNIEの申請
→ 語学学校に通うという計画しかなかった。この時点ではまだ大学やアカデミアに通う気はゼロ。考えたこともなかった。

4月30日: Euroaula (ジローナ大学付属の観光・ホテル専門学校) のオープンスクールに申し込み

5月06日: スペイン国立大学いいなと思い始める

5月20日: 高校に卒業証明書と成績証明書を発行してもらう
→ ここからは日本にいる母の協力が相当必要。日本語からスペイン語に訳すよりは英語からの方が簡単だから英語で証明書を取った。

6月28日: Euroaula のオープンスクール
→ ここにしよう!とはならなかった。

7月7日: 日本で書類の準備してもらう
① スペイン語翻訳証明
高校は証明書を日本語か英語で発行してくれるけどスペイン語はまずない。...翻訳家の人に頼むしかないのか、めっちゃ高いじゃん。と思いきや!自分で翻訳書類を作成して、それをスペイン大使館にチェック (無料) してもらってもいいらしい!翻訳が正しければ認印を押してもらえ、プロが行った翻訳と同等になる。だから母に証明書2枚の写メを送ってもらって、それをバルセロナで翻訳。出来たら語学学校の先生に確認してもらって、エクセルが得意な友達に協力してもらって...見事、完璧な翻訳済み書類が完成!これを母が印刷→大使館に郵送。

f:id:kaedetaniyoshi:20181101193813j:plain
  ② アポスティーユ証明 (公印)
→ 公立高校を卒業してる人は手続きが簡単!卒業証明と成績証明にハンコをもらうだけ!

7月12日: オモロガシオン (日本の高校卒業資格をスペインで認めてもらう手続き) に向けて書類の準備をスタート

9月01日: SELE対策のアカデミアを探し始める

9月28日: 1人暮らしスタート
→ 夏までホームステイ、そのあとピソが見つかるまでの短期間はIHのシェアピソ (アビニョ通り) にいた。idealista で見つけた不動産屋の女性とやりとりをして自分に合うピソを見つけた。ペトリチョル通りに住めることに。

10月1日: 語学学校休学、アカデミア開始
→ アカデミア時代 (雰囲気・履修科目・学費など) が気になる人は別記事があるのでココをクリック!

f:id:kaedetaniyoshi:20181101193847j:plain

【スペインに渡って】(2015年)
2月13日: 初めてのNIEの更新

2月17日: SELE(入試)予想問題模試

3月25日: SELE申し込み

5月14日: 試験の日程が決定して詳細が届く

6月01日: SELE1日目 (試験は3日あった)

6月08日: 語学学校再開

6月26日: オンラインで点数発表
→ 入学手続きまでの記事は以下のリンクから。
-【SELECTIVIDADの試験結果と問題発生】
-【PAUに合格後、UNED本社に郵送する書類】
-【バルセロナにある大学の "偏差値" と印象】 

7月01日: 大学のpreinscripción (仮登録)開始
→ 各州の教育省に行って、仮登録をする。ここで第一志望〜第五志望まで大学名とコースを入れる。第一志望はUBの哲学部、第二志望はUBの心理学部、一応…第三はUABの人類学。第一か二に行けるのはわかってたからあとは何も書かなかった。

7月10日: バルセロナ大学哲学部合格
→ 後日マトリクラ(登録)をしに大学へ行った。
【スペインの大学のマトリクラと学費】

 … 完。

バルセロナに着いた当初、大学に行く気はサラサラなかった。とりあえず「スペイン語が話せるようになる」という目標だけを持ってきた。大学行こうかな〜。試験受けるか〜。と思い始めたのはバルセロナに着いて2,3ヶ月経った時。…それからちょうど1年後には受験をするという急に方向転換した時期だったけど、すごくいい選択と経験をしたと思う。

すでに「スペインの大学に行きたいなー」って思いがある人は上の流れを参考に、試験日から逆算して計画を!頑張ればSELEも手続きもどうにかなる!