BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【時間を有効活用】空港着からゲート前まで15分で行ける方法

「国際線は2時間前までに空港に着いておかなければならない / 案外待ち時間が長い!」というイメージがある。が、慣れてくると空港着〜ゲートまで15分で行けてしまう。だからバルセロナにいる時は家を飛行機が出る2時間前に出ても十分間に合う。今日は旅行慣れしてきた人向けに、空港での待ち時間を一気に削減できる方法を紹介!

f:id:kaedetaniyoshi:20181020024527j:plain

荷物を出来るだけコンパクトにして、身軽に旅行しよう!と、私はいつも7泊以下なら機内に持ち込めるサイズいっぱいのボストンバックを1つ、2,3泊の時はリュック1つで旅行する。荷物を最小限にするメリットは何と言っても移動が楽チン。しかも航空券は最安値のを買うことが出来る。どれくらい安いかと言うと…

f:id:kaedetaniyoshi:20181020024528j:plain

例えばバルセロナからヴェネチアまでの片道、手荷物1つならたった79.99ユーロでチケットが購入出来る。スーツケース1つ預けれる航空券は110.99ユーロ31ユーロ (約4100円) も違う!手荷物1つで旅行して、その浮いたお金でまた別の旅行を計画するのもアリ!

f:id:kaedetaniyoshi:20181020024530j:plain
スーツケースを預ける場合は絶対にカウンターへ行かなければならない。予めオンラインチェックインをしておいたとしても、よっぽど空いてる時間帯以外、10分は列を作って順番を待つ。混んでる朝は30分以上並ぶ時も。 

でも!実は!

手荷物1つならカウンターへ行く必要がない。航空券はオンラインチェックインでGETすることが出来るから、空港に到着したらそのまま手荷物コントロールへ行けばいいだけ。

f:id:kaedetaniyoshi:20181020021059j:plain

前までは印刷した航空券を集めるのが好きで、絶対にもらってたんだけど最近はペーパーレスへの取り組み+時間短縮のため、携帯でQRコードを出すようにした。上の写真が実際に送られてくるモバイル搭乗券というもの。手荷物コントロールに入る前に1回機械にこれをかざす。あとは飛行機に乗り込む前に1回グランドスタッフに提示するのみだから空港に着いて誰とも会話することもパスポートを提示することもなく、ゲート前まで行けてしまう (EU内)。日本を出国の際は自動化ゲート登録をしておけば超スムーズ!いつも1分で出国審査を通過できる!自動化ゲートとは有人のパスポートコントロールではなく自分で顔と指紋認識で出入国審査が出来てしまう画期的なシステム!

f:id:kaedetaniyoshi:20181020184749j:plain

手荷物のみでEU圏内を旅行する時、1時間半〜2時間前に空港に着いても時間を持て余すことが多い。なぜなら確実なゲートの番号が出るのは出発時刻の30〜40分前だからだ。関空はヨーロッパの空港に比べていつも早い段階でゲート番号が決まってるから動きやすいんだけど。

f:id:kaedetaniyoshi:20181020024553j:plain

預け荷物がある人は1時間半前に空港にいれば大丈夫。ヨーロッパ内旅行の時もそれくらいでok!どーしても余裕を持ちたいという場合は2時間。

f:id:kaedetaniyoshi:20181020024556j:plain

…というわけで、

空港での時間を削減したい人は、

手荷物1つのチケットを買う
予めオンラインチェックインをする
搭乗券を②で受け取る
④ 当日は空港に着いたらチェックインカウンターを通ることなく、直接手荷物コントロールへ行く
⑤ 搭乗券にあるゲートのアルファベットへ移動
⑥ 出発30〜40分前にスクリーンで最終ゲート番号をチェック

 

手荷物だけ旅行のもう1つの大きなメリットは、旅行先の空港に着いたあとスーツケースが出てくるのを待たなくて良い点!旅行の日の時間を有効活用したい人におすすめ!