BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【エラスムスは日本人も可能?】ヨーロッパの大学

エラスムス (ERASMUS) とは European Region Action Scheme for the Mobility of University Students の略でヨーロッパの学生の流動化・グローバル化を促進、そしてヨーロッパの教育の質を高めるために1987年からある「交換留学制度」のことである。初めて大学でこの単語を聞いた時、哲学者の「エラスムス」のことを言ってると思って友達と全く会話が噛み合ってなかった。やっぱりこの偉人の名前になるように頭文字をとったらしい。

 

…それは置いといて、このエラスムスという制度だが、2014年から ErasmusErasmus+ (エラスムスプラス) の2種類になった。後者は2014年〜2020年を対象とした教育・インターン・ボランティア・スポーツのための新しいEUプログラム。どちらも参加期間中は給付金が受けれる他、できるだけ生徒の経済的負担がない工夫が施されている。果たして、EU国籍を持ってない私たち日本人はこのプログラムに参加できるのだろうか?参加するためにどのような手順を踏めばいいのだろうか?

f:id:kaedetaniyoshi:20181016202214j:plain

結論から言うと「参加可能」。ヨーロッパのどこかの大学に正規入学 (日本から交換留学で来てない人 → EU圏内で有効な学生ビザで滞在している人) していることを前提に話を進めて行く。今、既に「EUで勉強してる=留学」なのに更に違う国に留学するチャンスがあるのはEUの大学生の特権!

【好きな国の好きな大学に行けるか】
それぞれの大学には提携校が存在する。例えばドイツの大学からバルセロナの大学に留学したい!って思った人は自分の大学のHPからスペインにある提携校を確認する必要がある。好きな国に行けるかどうかは選考次第。

【どうやったら応募できるか】
大学のHPか留学・インターナショナルオフィスに行って情報をもらう。大学によって規定は違うが、基本的に応募する時に1年生以上でなければならない。ちなみにバルセロナ大学 (スペイン) は3年生以上、カラブリア大学 (南イタリア) は2年生以上。

【応募の際に必要なことは?】
応募に必要なのは良い成績。全てのテストの成績が最低でも6割取れてないとだめ。成績証明書以外の書類はパスポートのコピーや申請書などだから集めるのに苦労しない。例えば〇〇大学に留学したい!と思ったらまず大学のHPからエラスムスの募集人数 (定員) をチェック。定員が20なら、自分の大学からその大学へは20人まで行ける。応募が完了すると応募者が何人いて自分の成績は何番目にいいかを知れる。成績順にとっていくんだけど、たとえ応募者が50人の31番目だったとしてもまだ望みはある。思っている以上にたくさんの人がキャンセルをするから。現にこの前、カラブリア大学からスペインのアビラ大学に応募した友達2人は定員20人、応募者63人で35番と49番だった。けど両方エラスムスで留学できることになった。とりあえず応募してみるけど、卒論・卒業を考えた時、留学が必要じゃないな〜と思ったり、ただ都合が悪くなったり…。辞退する人が毎回多いらしい。応募の時には留学したい国の言語がB1以上必要になる。

【ビザ関係は問題ない?】
イタリアの大学からスペインの大学はビザの特別な申請なしでそのまま留学いけるらしい。でも、スペインの大学からドイツ現地で学生ビザの申請をしなければいけないらしい。行く国によるのか、自分が今滞在してる国によるのかわからない。これに関しては大学のオフィスで直接確認するのが確実!