BARCELONANDO :)

1995年生まれ。ヨーロッパ生活5年目。バルセロナ・イタリア・ヨーロッパ・言語学・哲学に関する記事。

【帰国費用と生活費編】スペインとイタリアの生活比較

 

ヨーロッパだけでなく、海外に移住する時に悩むことの1つに「都会にするか田舎にするか」があるのではないだろうか。どちらが語学を集中して学べるか、滞在費が抑えれるか、物価が〜とか。生活費はもちろん、日本に帰国する際の飛行機の値段も気になるだろう。そこで今回はスペインの大都会「バルセロナ」とイタリアの田舎「南イタリア」に住んでみて感じたメリット・デメリットをシェアしたいと思う。

f:id:kaedetaniyoshi:20180919003416j:plain

【生活費】
生活費は大きくわけて2つ。

① 家賃: バルセロナ>南イタリア
② 食費: バルセロナ=南イタリア

家賃はどこの国もそうだけど、都会がそりゃ高い。バルセロナで1人暮らしは最低でも600ユーロいる。それに光熱費が加算される。南イタリア (カラブリア州) だと1人暮らしは最低300ユーロ。バルセロナの半分。光熱費も安い。バルセロナは毎年電気代が半端なく上がってる。電気会社の1番偉い社長が元 partido popular (国民党) のトップで訳ありで自分だけが莫大な利益を得て大金持ちになってるらしい。市民たちはそうやってブーブー怒ってる現状。

食費に関して言えば、これはバルセロナも南イタリアも値段が変わらない (スーパーの話)。外食は都会が高い。バルセロナと南イタリア、都会と田舎なのになんでスーパーの商品の値段が変わらないのか。私はてっきり、田舎だと食費や安いと思ってた。でも実際、イタリアの田舎のスーパーには地元で取れた綺麗な野菜や新鮮な卵が並んでいて、チェーン店の品物と比べると質は相当高いけど、値段は安くない。パスタの値段はスペインのほぼ半額。野菜・肉・魚は同じくらい。

 

【日本への航空券】
バルセロナー大阪 の往復は平均€600〜880
南イタリアー大阪 の往復は平均€700〜900

バルセロナから東京だとフルトハンザかKLMかAIRFRANCEがここ最近では安い。大阪ならKLMAIRFRANCEに限る。私が1番好きな航空会社はKLM!次はAIRFRANCE。値段もそうだけど、飛行機の広さ、サービス、機内食、乗り換え地での待ち時間の長さの面から見ても満足度が高い。今までにヨーロッパと日本間で使ったことあるのは、ターキッシュ、エミレーツ、スイス航空、フィンエアー、ブリティッシュ、アリタリアなど。2014年まではアリタリアが大好きだったけど関空への便がなくなってから最近値段が上がってる。カタールとターキッシュは安いんだけどちょっと怖い。あと夜便が多いから私は好まない。エミレーツも大手だけど…また乗ろうとは思わない。アムステルダム (オランダ) や パリ (フランス)、フランクフルト (ドイツ) で乗り換えする方が安心な勝手なイメージ。バルセロナー大阪はバーゲンチケットがあれば550ユーロで往復買えることもある!大都会の方が飛行機の値段は安い。便数もあるし。田舎だと大きな空港に行くまでに1ステップいるから面倒。しかも最寄りの小さい空港も家から遠いという…。バルセロナなら家から空港まで直通のバスで25分だったのに!と都会の良さもしみじみ。

f:id:kaedetaniyoshi:20180919003517j:plain

【公共交通機関の値段】
公共交通機関の値段はそんなに大差ない。南イタリアはメトロがないから。ナポリにしかないから、普段はバスか電車を使う。ナポリのメトロとバルセロナのメトロを比較すると、チケット (乗車券) のお金はバルセロナの方が少し安い。1回乗車にかかる値段は…

ナポリ: 1.10ユーロ
ローマ: 1.50ユーロ
バルセロナ: 1ユーロ (10回回数券なら)

空港から市内バスの比較をすると…

ナポリ空港から市内: ALIBUS
片道5ユーロで往復券がないから1回ずつ買う。

ローマの中央駅 (テルミニ駅) とフィウミチーノ空港間: TAMBUSというバスがあって片道7ユーロ、往復9ユーロ。

バルセロナ空港から市内: AEROBUS
片道5.90ユーロ、往復10.20ユーロ。

 

【まとめ】
家賃が安ければ交通費がかかるし、家賃が高ければ食費や交通費は低いから田舎に住んでも都会に住んでもかかる費用はとんとん。だから自分の気に入った街に住むのが1番!